2014年05月05日

激走?! 7時間半。我が家のGW??

3A8A2799.jpg


今日は、こどもの日ですね。

そんな今朝、早朝のすごく大きくて長〜い揺れの地震に、その揺れ方が東日本大震災の時の感覚を思い出し、一瞬起き身構えてしまいましたが、そのあと2度寝…

というのも、昨日は日曜日ということで所属している剣道団体の稽古日。

今年のゴールデンウィークは、平日が飛び飛びに入っている感じで、いまいちカレンダーの並びが良くないし…

そんな、連休の合間の平日は、息子たちは学校の遠足もあり〜
先週も昨日も日曜日は剣道の稽古だし〜
明日は次男が剣道大会に出場しなきゃいけないし〜

ってことで、スケジュール的にもガッチリ連休感があるわけでもないし…
そして先立つものも…

ってことで、特にどこかに行楽に行く予定は立てずノープランだったのですが、星空好き、お出かけ好き、そして車の中で寝ることや車中泊などに何も抵抗を感じていない次男から☆空を見に出かけたいと猛烈なプッシュ。

しかも、こっちは剣道で目いっぱい疲れて、もう既におねむ状態だったのですが、行く気の無さそうな親を見て、こんちける (←秋田弁?) 始末…

なので、面倒なので、まあせめて☆だけでも見せてやろうと急遽、出発することとあいなりました。

3A8A2809.jpg


で、剣道から帰ってきて17時過ぎ、遊びに行っている長男を携帯で急遽帰還命令を出し、シャワー → 夕食を済ませ、19時頃家族全員で出発。

とりあえずコンビニでメガシャキを注入し、近場の厚木方面をめざし、その後宮ヶ瀬ダム方面へ進路をとるも、やっぱいまいち空が明るいため見える星の数もイマイチ。

なので、やっぱいつもの富士山方面?? ということで、結局単なる勢いだけで道志を抜け山中湖パノラマ台へ。

国道413号 (道志みち) は、富士山方面からの帰りの車や中央道の渋滞をかわして帰ろうとする車などで反対車線はものすごい数の車でしたが、逆行するこっちの車線はガラガラ。

スルスルっとパノラマ台へ。

まあ、昨日はちょっと雲が多かったけど、星の数はやっぱり多く見ることができました〜 (寒かったけど)

3A8A2837.jpg


その時点でまだ23時前後。
しばし星空を見せつつ、僕はとりあえずせっかくなので撮影。

で、まあ一通り満足したらしいので帰路につくことに。

自宅をめざし出発後すぐに子供たちは後部座席で爆睡… 
子供たちは運転もしなくていいし、いつでもどこでも寝れるんで、うらやましいですな。

来た道を戻るのもつまらないので、御殿場方面へ向かいつつ、途中須走5合目へ寄り道。

夜の山道を運転していると、ほぼ何かしらの動物に出くわすのですが、案の定シカと遭遇。
助手席のカミさんは、道端にいるキツネらしき動物も目撃したとか。

須走5合目は風も強く寒かったので車の中から星空を眺め下山。

その後、御殿場 → 箱根 → 国道1号 → 国道129号 → 国道246号と、オール下道で午前2時半前に帰宅。

そんなプチプチ家族旅行というか… まあドライブを約7時間半激走し床についたのでした…

で、床に入ってから2時間後に強い揺れの地震と…
まあ、大丈夫そうだったので、そのまま寝ちゃいましたが。

そんなGWなのでした〜 ←ウチではもうGWは終わったことになってる??(笑)

いやいや… お疲れ様でした〜

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村





posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 【星(☆)空】

2013年11月23日

アイソン彗星撮ったどwww!!

3A8A4361a.jpg

昨日は、あまりにもアイソン彗星を捉えることができず、なかば破れかぶれの乱れ撃ちした数カットに、偶然フレームインしていたわけですが… 今朝は昨日までの3日間の撮影での反省点を踏まえ、確実に画面に捉えようとリベンジ。

今朝は2時半起きして、子ども達は留守番。というか寝かせたまま自宅に放置?し、ヘールボップ彗星以来目にしていない彗星の到来で、アイソン彗星を一目見てみたいというカミさんを引き連れ撮影へと出発。

で、早起きして車で小田原方面の海岸線へと。

4時過ぎに、あらかじめ目星をつけていた撮影に到着。

撮影準備をしていると、アイソン彗星の位置を特定するための目印になるべき水星が海上から昇ってきたのですが、やはり肉眼ではアイソン水星は確認できず… (僕には見えませんでした)

カメラのファインダーでも、双眼鏡でもアイソン彗星は見えず…

…ということで、結局アイソン彗星がいるであろうと予想される位置へとカメラを向け、やたらめったらのシャッターを切ってのめくら撃ち(苦笑)

すると、画面にアイソン彗星がフレームイン!!

オ〜 イェーィ!!

↑ トップの写真は水平線から昇ってくるアイソン彗星で、左下の赤い点は海上に浮かんでいる? と思われるブイ?の類だと思います。

写真に写っている海上に浮かんでいると思われる赤く光るブイも、実際には目視できませんでしたし、画面が明るく水平線や遠くの雲まで写っていますが、実際の見た目はほぼ真っ暗闇です。

ISO8000という高感度撮影のため、ノイスが多い写真ですが、中央やや右上にアイソン彗星が尾を引いて写っています。

人間の目で見える世界は、例えば明暗差 (輝度差) の激しい逆光などの光線状態など、カメラ (写真) ではなかなか人間の目の見た目通りに再現できないことがよくありますが、逆にこのような暗闇では、人間の目で見えないような光りまでカメラ (写真) では捉えることができるのなんですね〜 スゴイですね〜!!

↓ 下の写真は、中央左やや下にアイソン彗星、画面右上に恒星が写っていますが、見た目ではどれも目視で確認できず真っ暗な状態なのですが、撮ってみると目に見えない星々が写っていたという写真です。

IMG_0173a.jpg

ということで、結局手探り状態で撮影し、望遠レンズを付けたカメラを感だけを頼りにカメラ (画面) を少しずつ振り (レンズを向ける角度を変え)、彗星を画面に入れるという何とも超アナログな?荒技で撮影しました。

だって、見えないんだも〜ん!(苦笑)

でも、捉えることができて良かった〜(笑)

どうやら、この3日間、懲りずに撮影を続けていた甲斐があるというもの。

アイソン彗星は、徐々に太陽に近付いていくため、日を追うごとに高度が下がっていきますが、今日は5時半前に徐々に明るくなっていく空に、かろうじて写っているかな? な感じになってしまい、僕の撮影は終了〜

3A8A4391a.jpg

上の写真は、そんな状態を風景的に捉えた写真です。

画面左上に光るのは水星。
右上の水星よりもやや低い位置に、何となく小さな点で写っているのがアイソン彗星です。

残念ながら、日の出が近くなり空が明るくなってしまったので、彗星の尾はほとんど写っていませんが。

とりあえず、僕個人的には11月のアイソン彗星の撮影は今日で終わり、アイソン彗星が近日点を折り返し12月に再び地球から見えるようになってから、また撮影にチャレンジしてみようかと。

そんな感じで、アイソン彗星撮ったどwww!! という報告でした。

お疲れさまでした〜

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村





posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 【星(☆)空】

2013年11月22日

アイソン・アタック!! 結局あきらめきれずに今日も懲りずに朝もはよから?!

3A8A4133-a.jpg

おととい昨日と早起きして話題のアイソン彗星の観測に出たのですが、詰まるところ結局2日とも写すことができず、昨日の時点では、もう11月の撮影はあきらめて、彗星が太陽を回り戻ってくる12月にしようと宣言したばかりですが…

昨日の今日で、舌の根も乾かぬうちに、今朝もアイソン彗星の撮影をアタック!!(笑)

まあ、詰まるところ… 結局のところ… あきらめきれなかったということでして… (苦笑)

いろいろ調べてみると、関東地方の都市部でも撮影している方がいらっしゃるので、僕の探し方や見る方角が悪いのか? それとも撮影方法が悪いのか? といったところじゃないかと。

天気予報では、今日明日は晴れそうですし、もう1回チャレンジ!! と、昨夜風呂に入りながら決断。

で、結論としては…
やっと、やっと、アイソン彗星 (だと思われる) を撮ることができました〜!! (泣)

まあ、実のところ正直確信が持てないので (多分) ということなのですが(苦笑)

トップの写真を解説すると…

3A8A4133-b.jpg

右端中央に緑色に輝く星が、アイソン彗星だと思われます。(多分…)

拡大すると…

3A8A4133-c.jpg

何となく、微妙に? というか、うすらぼんやり尾を引いている? 感じが??
あとアイソン彗星は、ちまたのウワサで緑色なのだとかっていうのとも適合するということで。

この2日の反省から、多分狙い所が間違っているのだろうと思いつつ、今朝もどうにここうにも発見できないし… 半ば破れかぶれのめくら打ちした中に写ってました〜!!

どうやら、やはり、狙っていたところがズレていたようで…

っていうのも星座表のスケール感と、ポイントになる星であるスピカと水星との距離感がつかめず、さらに空が明るく見えている星の数が少ないなどから、スピカを火星と思い込み、別の星をスピカだと思いこんでいたというのが、正直お恥ずかしい真相のようです…

で、今朝は撮影しようと目論んでいた場所が夜間閉鎖していることを知らず、行ってみるとゲートが閉まっていたため、急遽港の見える丘公園で撮影することに。

不本意ながら撮影場所の変更を余儀なくされ、正直いうと港湾の灯りが邪魔なので撮影場所から除外していた場所での撮影ということで、当然星も見えにくいし、レンズに不要な光のハレーションは起きるし、彗星は見つからないし… ということで、少々ヤケを起こして当初狙っていた場所の周囲を、カメラの向きを少しずつ変えながら撮影… と、それが功を奏したと。

まあ、ぶっちゃけ、天体や天文の専門家などから言わせると、もうちょっと天体の勉強してから撮影に望めや! ってことなのでしょうが(苦笑)

でも、とりあえず、3度目の正直? で、やっと撮影できたことで、過去2回の撮れなかった理由がわかったのと、いろいろコツをつかむことができたので、これに味をしめて明日もアタック! してみようかな?? とも。

今のところ明日も晴れそうですしね〜(笑)

ちなみに撮影データは、キヤノン EOS 5D MarkV EF70〜200F2.8L IS 1.4×エクステンダー ISO3200 露光2秒 絞りF4 の一発撮りです。

RAW現像はSILKYPIXでWBなどを補正し、フォトショップでレベル補正をしてます。

お疲れさまでした〜!!

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村





posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 【星(☆)空】

2013年08月20日

☆に願いを!! 家族で弾丸!? お盆休み激走!! 星空観測ツアー

3A8A9481.jpg

先日8月10日夜から11日朝にかけて、富士山方面に家族で弾丸的プチ星空 (流星) 観測ツアーに出かけましたが、お盆休みに仕事が入らなかったので、14日〜16日にかけて家族で星空 (流星) 観測ツアーに再び出かけました。

今回は、いつも行く富士山方面とは違うところで、とにかく星空が拝めそうなところに向かうということで、どこに向かうか目的地は決めず、あと星空見るので宿泊地や宿なども決めず、高速道路を使用しないオール下道 & 2泊とも家族で車中泊という超ケチケチな強行軍という設定で出発。

14日は午前中、まずは東京・町屋にある母の墓参りをしてから下道を乗り継ぎ国道17号へ。

実は、草津〜志賀高原へと抜ける渋峠が、期間中何となく天候も良さそうだし、星空も拝めそうな感じだな〜と、数日前から向ってみようかと思っていたのですが、途中スマホなどで天気予報などの情報を見ながら脈がありそうだと判断。

まあ星空までは、まだまだ時間があるし〜 ということで、草津方面に向かいながら、あっちへフラフラ… こっちへフラフラ… と、寄り道しながら、草津到着は日が暮れて空がとっぷりと暗くなってから。

せっかく草津まで来たものの、別に宿泊する予定も、温泉に入ろうということも考えなかったのですが、せめて子ども達に湯畑でも見せてあげようということで、ちゅっとだけ観光。

さすが、お盆休みということもあり、湯畑周辺にはたくさんの観光客でした。

で、まあ、湯畑をゆっくりとグルッと1周して目指すは、日本国道標高最高地点の渋峠へ。

渋峠に登ると、雲 (ガス) の中で真っ白。
そこで長野県側に様子を見に少しだけ下ってみることに。

長野県側に入り少し下ると、雲 (ガス) から抜け、月が見えました〜!

3A8A9424.jpg

月があると夜空も明るいので、もうじき西の空へ沈んでいく月でも撮影しながら待つか? と、撮影していると… 仕事の電話が?!

お盆期間中でもお仕事していらっしゃる業界の方がいらっしゃるんですね〜
お疲れさまです。

と、仕事の電話で長話をしていると、その間家族は流星をいくつか見たようで、すっかり満足してしまったご様子。

ただ、その場所は方角的には、あまりいい方角とはいえなかったので、いい方角が見える場所を探し少しだけ下ることに。

長野県側には、いくつか駐車できるスペースがあり、その中でもペルセウス座流星群の放射点の北東側の空が見えるところに車を停め星空 (流星) を撮影することに。

しかし、いくつか流星は見えるものの、タイミングやカメラを向ける方向などが合わず… あと、道の脇にある駐車スペースなので、お盆期間中のためか意外に車通りが多いため、なかなかうまく撮影できなかったのですが、1カットだけ流星が薄っすらと写っていました〜! (笑)

それが、下の写真。

3A8A9463.jpg

シグマ 15ミリ F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE で撮影したのですが、全景写真では流星がどこにあるかわからないので、かなり強引に拡大すると…

3A8A9463a.jpg

と、なんと確認できるくらいににか写っていませんが、まあ今回は撮影よりも家族に星空を見せる事を最優先にする旅なので、とりあえず満足かな? と。

その後、渋峠の雲が晴れていないかと思い、また峠を上っていってみると、雲が晴れて満天のきれいな星空でした。

この時点で、子ども達は後部座席で沈没 & 爆睡。

3A8A9484.jpg

ちょっとだけ撮影したのですが、深夜なのにお盆期間中ということで、やはり車通りが多く、あまりいいコンディションで撮影できない事と、少々寝不足 & すーっと車を運転して疲れている事などで、日付をまたいで0時過ぎに僕もおねむになったことから、ちょっと早めに切り上げることに。

志賀高原側に下り、「道の駅北信州やまのうち」 で車中泊することに。

下っていく道の途中で毎度夜の山道ではおなじみのシカを発見!

なんだか、キョトン顔でこっちを見ていたのですが、シカさん撮影用のカメラ (通称シカさんカメラ) を準備していなかったので、あわてて準備している間に、撮影できずに逃げられてしまいました(苦笑)

で、2日目15日は、野尻湖1周、ナウマンゾウ博物館見学 → 新潟・日本海へ出て上越市から糸魚川方面で海水浴約2時間 → 野沢温泉と回り野沢温泉で温泉に入り、テレビを見ていると、長野県全域に大雨洪水警報が?! 車中泊で雷雨だけは避けたいので、またスマホで情報戦を強いられることに…

ホントのこというと、実は少しずつ帰りながら、野辺山あたりで星空を見ようと思っていたのですが、天気予報ではどこも雨や曇り。

スマホでは豪雨のニュース… 諏訪湖の花火が中止… 交通機関が乱れ… などなど、あまりいいニュースが入ってこない…

で、昨日居た草津〜志賀高原の渋峠周辺がまだかろうじて良さそうということで、結局2日連チャンの渋峠に向かうことに。

渋峠に上ると、上空は微妙にうっすらとガスがかかってはいましたが、でも星は見えていたのでラッキー! (笑)

でも時折うっすらとガスっぽくなってしまい、あまりいいコンディションではなかったので、ほんのちょっと撮影しましたが、すぐに終了〜!(笑)

子ども達も爆睡!(笑) だったので、草津方面へ下り 「道の駅 六合」 で車中泊。

翌日16日は、軽井沢 → 佐久 → 野辺山で国立天文台野辺山電波観測所を見学 → 明野のヒマワリ畑 → 甲府 → 河口湖 → 山中湖 → 道志 → 厚木 → 帰宅 と、ザックリとこんなルートで無事に帰還しました〜

総走行距離約900キロくらいかな?

まあ、そんな感じの家族で弾丸!? お盆休み激走!! 星空観測ツアーは終わりました〜

☆に願いは通じるかな??

お疲れさまでした〜

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村





タグ:星空 流星 渋峠
posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 【星(☆)空】

2013年08月11日

☆に願いを!! 家族で弾丸!? 星空観測ツアー

3A8A7320.jpg

昨日 (今日もですが)、地元町内会の盆踊りがあり、その途中に次男が所属する小学校の特別和太鼓くらぶの演奏披露がありました。

あ、特別和太鼓くらぶの太鼓は、盆踊りの櫓の太鼓とは違いますよ。

盆踊りは今日もあり、今日もまた和太鼓演奏があるのですが…

西村家では毎年ペルセウス座流星群のこの時期になると星空 (流星) 観測に家族で出かけるのですが、夏休みの行事や剣道、その他諸々の都合の兼ね合いで、多分家族の中で一番忙しいであろう次男と家族全員の日程が合わず、どうしようかと悩んでいたのですが…

いろいろ考えてみると、当初14〜15日の夜かな? と考えていました。

でも、まあ、その日の天候もあるし、必ずしも行けば星空を拝める訳ではないのと、星空好きの次男の強い希望により、とりあえず昨日の夜も家族で星空弾丸ツアーを強行することに急遽決定。

なにせ、今日の夜も和太鼓があるので、睡眠時間 (子ども達は車の座席で寝ながら移動できるが、親の方は運転だの何だのあるので) を考え、明け方にはもどってこないとというタイムアタック!

で、和太鼓演奏が終わり、盆踊りが終わる前に、次男が着替えを済ませた直後、スタート!

とにかく夜空が街の灯りに邪魔されず星空がキレイに見えそうなとこ… となると、ウチの近くでは富士山周辺かな? というところ。といっても、近いわけではありませんが…

で、天気や何か調べずに、とりあえず行き当たりばったりで星空が見えればいいねくらいな感じで、国道246号から国道412号、国道413号の道志道を抜け山中湖へ。

高速道路は行ってみて見えませんでした〜なんてリスクもあるので、ひたすら下道〜(笑)

山中湖で夜空を見上げてみると… まあ、見えるっちゃ〜見える… (タモさん風?)

ちょっと薄っすらとガスっている空に星は見えなくはないのですが、ここまで来たからにはもっとキレイな星空が見たい! という欲がはたらき、とうちゃん過去の経験から頑張って見えそうなところをひねり出し、鳴沢方面へ。

鳴沢からちょっと上がっていく道があるのですが、そこのパーキングスペースに行くと、さっきまで霞んでいた空の上まで抜けることができ、満天の☆空!!

駐車スペースには車中泊の車が1台。

昨日は最高に暑かったのですが、そこはもう最高に心地よい涼しい気温。
もうこれはまさに避暑ですな! って感じで、ゆっくり撮影もできそうだ〜 (笑) と、思っていたら… 車好き? な、やんちゃそうな若者達が7〜8台で車をブイブイいわせながらご到着〜 (苦笑)

ああ… やはりお盆休みか… ガッカリ…

なんだか、騒がしくなったので、移動して星を観ながら帰路につくことに。

ペルセウス座流星群のピークは13日未明くらいということですが、まあ流星も見れたし、次男も星座観測ができたしいいかな〜 と。

ちなみに僕が観た流星の数は3。

参考までに? 僕が夜の山道を運転すると、必ずって言っていいほど動物 (主にシカ) に出くわすのですが、昨日も例外に漏れずシカと遭遇。

その数、対向車線に立っていて引きそうになったシカ1。
道端の茂みに居て顔だけ確認できたシカ4。
車に引かれて道路で亡くなっていたタヌキ1。

と、僕は流星よりも獣を観た数の方が多かったりして。

ほか、家族が流星を観た数は、カミさん4、次男7、長男は… ずっーと後部座席で寝ていやがったので0… でした。

帰りもなぜか道志抜けで無事に明け方5時過ぎ帰還。

お疲れさまでした〜 な、弾丸家族の星空ツアーの始末記でした〜 (笑)

写真は、シグマ 15ミリ F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE + キヤノン EOS 5D MarkV で撮影です。

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村





posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 【星(☆)空】

2012年08月22日

2012年オラの夏休み?! その1 〜ペルセウス座流星群の巻〜

IMG_4148.jpg

今年の西村家のお盆休みは、8月11日、12日と地域の盆踊りで、次男が所属する小学校の和太鼓クラブの演奏(※盆踊りのヤグラの上で叩く太鼓とは違う 太鼓の “演奏”です) が、2日連チャンであり (2012年08月12日 「次男、和太鼓デビュー!!」 をご参照下さい。)、その演奏が終わるのを待ってからの、お盆休みの家族でキャンプ! へと出発しました。

今回のお盆休みの計画は… っていうか、まあ毎度のことながら実は出発前のほぼ1週間前くらい前の直前にならないと、おおざっぱな行動計画を立てるという荒っぽいヤリ方なので、正直いって計画もへったくれも無いというのがウチのヤリ方だったりする訳ですが…

なにせ、いつ仕事が入ってくるかわからないような仕事なので、これまで早めに予約を入れて… なんて旅行をしたことがありませんし、ふだんの仕事や撮影、取材活動でも、いつも突然のスケジュールで、それに合わせて土壇場で行動予定を変更するといった現場判断が基本になるので、キッチリとスケジュールを決めて旅行するなんてことも、正直いって性に合わないといったところなので、いつでも予定のない計画になってしまう訳で。(笑)

ただ、お盆休みだし、どこも混雑することと、今回のキャンプはテントではなくバンガローに宿泊することにしたので、早めに安いバンガローを抑えておかなければ! ということで、僕にしては早めの行動で? 1週間前に空いているバンガローを探し、駆け込みで13日と14日の連泊で予約を入れただけなのが、唯一の計画なのですが。 (笑)

まあ、あまり行く場所を限定せずに本気で探そうと思えば、直前でも安くて連泊でも空いているところはあるものです! (←変な自信?!)

で、12日に次男の太鼓が終わった直後に車に乗って出発したのですが、その夜は車中泊とキメ込みペルセウス座流星群を見よう! ということにして、キャンプ地方面に向かいながらのらりくらりと出発。

この時点で、車を進めるルートや、どこで星を見るのか? どこで車中泊するのか? 全然決めておらず、空模様を見ながらということで、基本的に僕の勝手 (笑)

出発後しばらく国道246号を厚木方面へとのらりくらりと走り、コンビニで食料や飲み物、クーラーボックス用の板氷を調達。

さて、どうするか?

まあ、手っ取り早く、単純に、いつものように、つまるところ… 富士山方面? ってことで、厚木から東名高速で御殿場、そして山中湖へ出て三国峠の手前のパノラマ台へと向かってみることに。

出遅れたこともあってパノラマ台に到着したのは23時半過ぎ。

そして、お目当ての星空も満天!!
さらに流星もバンバン流れている!!

さすがに、ペルセウス座流星群のピークともあって、パノラマ台にはもう既にたくさんの流星を撮影するカメラマンやら、通りすがりの若者やらでいっぱい! で、狭い駐車場には車もいっぱい!! でしたが、ラッキーにも1台分のスペースが空いていたので駐車し、暗闇の中でカメラのセッティングを開始!!

とりあえず、子ども達に満天の星空を見せることができ、さらに流星群も見ることができたので、お盆休みのオヤジの使命としては、のっけから今回の旅行での目的は半分以上がクリアされたことになり、あとは、自分のための☆空撮影を楽しむだけ!! (笑) ってことで、かなり気分的には楽になり、流星を撮影することに。

今回の自分のテーマとしては、シグマの8ミリ F3.5 EX DG 円周魚眼と、15ミリ F2.8 EX DG 対角魚眼を使って流星を撮りたい! ということで挑んでみましたが、しかしまあカメラを向けているところに流星が確実に流れるわけでもなく、カメラのセッティングを変えていると流れたりして… なかなかタイミングは合わないもの… (笑)

なんとか、いい感じで撮れたかな? っていうのが、トップの写真です。

トップの写真は、キヤノン EOS Kiss X5 にシグマ 8ミリ F3.5 EX DG 円周魚眼 を装着し、対角魚眼風? に撮影。

なぜ対角魚眼風かというと… シグマ 8ミリ F3.5 EX DG 円周魚眼はフルサイズのカメラでは円周魚眼ですが、フルサイズよりもセンサーサイズの小さいAPS-Cサイズは周囲が切り取られ中央部だけが写りますが、四隅に微妙な円周魚眼のケラレが出てしまうため対角魚眼風ということになります。

で、写真のド真ん中あたりに運良く火球 (かきゅう / ひだま) クラスの流星が流れてくれました〜!!

まあ、他にも流星は写ってはいたのですが、画面の端だったり、暗かったり…

IMG_7528.jpg

IMG_7517.jpg

IMG_7532.jpg

IMG_7522.jpg

上の写真4点はキヤノン EOS 5D MarkUにシグマ 15ミリ F2.8 EX DG 対角魚眼で撮影しましたが、どこに流星が写っているかわかりますかね〜 (苦笑)

あ、携帯の画面では、わからないと思います。(笑)

写真はクリックすると拡大できまるので、PCやスマホなどでは拡大して見ることができるとは思いますが、ブログ用に画像を小さくしているので… 流星が写っているのわかりますかね〜 (笑)

探してみてくださいね〜 (笑)

今回は、納得がいく写真が撮れなかったので、まだまだこれからも引きつづき機会を狙って魚眼や対角魚眼を使用して撮影をしてみたいと思います。

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村 





posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 【星(☆)空】

2012年07月19日

梅雨明け初日! ☆空を探せ!!

IMG_3370.jpg

…ということで、実は微妙にこの4つくらい前の記事から丸々1日の話として連動していたりする訳ですが…

おととい、梅雨明けした空を眺めながら、どうしようか…? ずーっと悩んでいました。

というのも、まあこの1ヶ月くらい、☆空の撮影という課題を抱えていまして、天候とタイミングを見計らっては梅雨空で☆空を撮影するという、ちょっとまあ… かなりウルトラC技チックな事に挑んでおりまして…

まあ天気がいい、行く場所を選べば、梅雨空でも何とか☆を見ることはできるのですが、時間や経費的な問題もあるので、近場で何とか… 的な思いもあり… 結局何度も撮影に出かけているのですが、すぐに雲ってしまったり、水蒸気が多くスッキリと見えなかったり、あと夜の暗い時間は限られているため (当たり前ですが) 一回の撮影で撮影しようとしているカットを撮りきれずに、あれよあれよと〆切が…

しかも、この何回かの撮影で、どうしても満足できない理由も。

それは、晴れていても湿気を帯びた梅雨空と雲の影響などにより、ど〜うしても天の川がハッキリと写らない… 天の川が弱すぎて、それが天の川なのか? 雲なのか? 霞なのか? よくわからないことなんです…

そんなところに、待ちに待った梅雨明け!

で、日中の空を見ていると、カラッとした感じの晴天。
ただし、おとといは気温が高すぎるので、場所によっては夕立やゲリラ雷雨的な心配も無きにしもあらずといったところ。

実際、北関東方面では場所によりゲリラ雷雨があったのだとか。

まあつまり、冬場とは異なり夏場の空は梅雨明けしても季節的に夕方から夜にかけての雨の心配というのはつきまとうもので、行く場所をかなり悩まなくてはならないということで。

しかも、おとといは家族で野球観戦に行く予定も入っていたため、タイミングと行く場所、移動時間、あれやこれや… どうするか? 悩んでいました。

で、ナイター終了後、家族を車に乗せ自宅に帰る道すがら、助手席のカミさんに携帯で天気情報を確認させ、自宅に着く直前に、よし! 行こう! と、ようやく決断。

家族を自宅で下ろし、その足ですぐに撮影に向かったのでした。

まあ、出だしが遅かったため、撮影場所に着いたのが午前0時半ころ。
結果的に☆空が見えたので暗闇で準備し撮影スタートしたのですが、到着後1時間くらいでガスってきてしまい…

そこでまた、いろいろ悩み、富士山須走5合目に… と思ったら、夏場恒例のマイカー規制の看板が!?

IMG_0394.jpg

ちょっと焦っていたのと、疲れていたのが相まって、結果的に規制している期間を読み間違えてしまい… その時点ではその間違いに気が付かず、とりあえず違う場所を探すことに。

しかし、どこにいっても曇りと霧の中…

あきらめて帰ろうとした午前3時過ぎ、おとといは規制の対象外だったことが判明!?

げげっ!!

IMG_3373.jpg

で、慌てて車で上って行くと、すぐに霧を抜け☆空が!!
しまった… と思ったところで時すでに遅く、5合目駐車場に到着した時には、東の空が白んで来てしまいました。

富士山の登山者の灯りが連なっているのはキレイでしたが… でも、まあ結果的には駐車場に登山者の車がたくさんありすぎて、多分☆の撮影は困難だったとは思うのですが。

でも、まあいろいろな意味で、ちょっとガッカリ…

そんな夜明けを迎えてしまい、でもまあ… せっかく来たので、気持ちを切り替えて朝日を撮ってから帰ろうという結論に達したのでした…

何となくネタ的には、さり気な〜くつづく… ってことで。

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村





posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 【星(☆)空】

2012年07月12日

☆を追え!! (っていっても刑事ドラマではない) そんなことより、あれ? もしかして… なんか憑いちゃった?? のかな?!

IMG_0026.jpg
ここ数日、TwitterだのFacebookだので、夜中になるとお騒がせしておりまして…
申し訳ありません。

というのも、この梅雨時に☆を撮影しなければならず… なもので…

まあ、自称、24時間対応・屋内外全天候型カメラマンなものですから (プロなら当たり前なんですけど) いろいろな被写体を撮影しなければならないもので。(笑)

さて、先日の日曜日 (7月8日) は、午後剣道の稽古でした。
稽古が終わり午後5時。空を見上げると晴れている!

梅雨の中休みの晴れ間にしては、もしかしたら☆空が撮影できるかも?! 的な予感が!
…ということで自宅に帰りシャワーを浴び、夕飯を流し込み急遽撮影に出かけることに。

ホントは剣道の稽古後、シャワーを浴びてビールを飲み… 稽古で疲れたので、ぐだぐだだらだら過ごし… 深夜のF1でも見ますか〜 なんて、日曜日の夜を満喫したかったのですが、ビールが缶コーヒーに化け、挙げ句微妙に集中力が薄れているのを眠眠打破でドーピングしてのスクランブル発進になってしまいました。

帰宅後1時間でシャワーを浴び、夕飯を胃袋に詰め込み、インターネットで空の情報を調べ、星空を撮影するのに最適な場所を考えると、どうやら伊豆方面という感じ。

もうすでに☆を撮影するには移動時間も考えると出遅れていたので、できれば近場で撮影したいところですが、☆空を探して移動しなければいけないので、伊豆方面にしても、富士山方面にしても、とりあえず、どちらにも進路を取りやすい箱根を目指すことに。

箱根で浴衣姿でカランコロン歩いている人を横目に、「せっかく箱根に来たんだから温泉にでも入りたいな…」 なんて思いを尻目に夜の箱根七曲りを激走!

少しだけ箱根を徘徊しながら撮影場所を探したのですが、☆は見えたものの方角と雲行きが怪しかったので伊豆スカイライン方面へ。

その時点で22時を回っていたのですが、ようやく撮影場所見つけたら… 海から月の出。
まあ、それでも撮影しなければ! ということで撮影開始。

1人で真っ暗な中撮影するってのは、微妙に心細く寂しい… のと、正直いうと怖い… (実は臆病もの) など、不安だったりするもので。

撮影中、目の前にある背の高い草むらというか藪から、ガサッ… ガサッ…と何かが居る気配がし、肉食系や物の怪の類ではなく、できれば草食系でありますように… なんて祈ったりなんかして。

で、撮影中、月も高くなってしまい、さらに雲が出てしまったので帰宅することに。

朝5時前に帰宅し、ほとんど寝付けないまま仕事へ出発。
月曜日 (7月9日) も天気が良かったため、東京での仕事を終え、そのまま帰宅せずに☆の撮影に直行することに。

目指すは昨日 (というか未明まで) 撮影したいた場所なのですが、行ってみると… なんとそこはスゴイ風と押し寄せる雲… つまり雲の中…

そこでの撮影をあきらめ熱海へ下り、そのまま海沿いを星空を探して移動することに。
月曜日の月の出は22時過ぎ。
何とか月の出前には☆空を撮影したかったので、残り時間は2時間弱。

車を運転していても、☆空は見えるものの撮影できそうな場所がない…
ようやく東伊豆町あたりの道沿いの駐車スペースを発見し撮影開始。

この時点で月の出まで残り時間15分くらい。
IMG_2879.jpg
何とか撮れたかな? と思っていると海から真っ赤な月の出が!

月も撮影しておくかと、カメラの電源を入れると… カードエラーを起こしてしまい、そのメディアはウンともスンとも…

そこそこ古くなったメディアなので? なのか?? まだ前日の撮影分から今さっきまで撮影した分が、まさかの全て飛んでしまったのか?! 内心焦りながらもカードを替え月を撮影…

自宅に戻ってパソコンで見てみないとわからないという不安と、もし全部飛んでいたらこの2日間が全てパーになってしまう… など、諸々なことが頭をよぎり、微妙に凹み加減な心中で、もう少し撮影してから帰ることに。

で、最終的には石廊崎まで行ってしまったのですが、その途中なにげに頭を掻くと、髪の毛の中の皮膚が腫れてる? しかも結構大きいことに気づき、気になって頭中を触ってみると至る所に各10箇所くらいヤブ蚊に刺されたような大きな腫れがある?!

首にも1箇所、耳の後ろも1箇所…

頭の髪の毛の中を刺されるなんて初めてだし、しかも10箇所近くも? なんて…
相当凹みながら、帰宅。

帰宅後すぐにメディアを調べてみると、前日何か気配を感じながら撮影した部分のデータ、つまり一連の中の途中のデータだけJPEGもRAWデータも両方壊れてしまっている怪現象を目の当たりにし、ちょっと愕然と。

まあ全部が飛んだ訳ではなく、98カット中の途中19カットだけが壊れてしまっていたので、微妙にホッとしつつも、やはり何か? が?? 憑いていたのか???

まさか今も憑いているのか? なんて不安になってしまったりして。

残念ながら、一応山伏ではあるのですが、霊感などの類は皆無なもので、見えたりとか、気配を感じたりとか、体が重いとか… などの、いわゆる霊感機能は僕には搭載されていないので、実際のトコどうなのかは定かではありませんが… っていうか、科学的な根拠のないものは基本的に信じないもので。

まあ、全部ぶっ飛ばなかっただけでも、ある意味 “ついている” のかも知れませんが…

ただ… トップにある写真は別のカメラで撮影した、その時の写真なのですが、実は空の一部に黒い陰? が写っていまして、その時間に撮影した数カットだけ、しかもそれぞれ違う場所にその黒い陰? が写っている怪現象も写ってまして… って、何となく夏の夜にはピッタリな雰囲気になってきましたが。

でも、まあ、センサーやレンズについたホコリだと信じたいところなのですが…
実はいろいろ考えても原因がわからなかったりするのですが…
なんだろう??

やっぱ、“ついている” ? ってことなんでしょうか。

で、微妙に昨日も晴れたので、宮ヶ瀬方面まで行ってみたのですが、撮影場所のいい場所が見つからず、ただ徘徊するだけで、しまいには曇ってきてしまい、☆を撮ることはできず…

とりあえずロケハンと称して車で徘徊中、シカ3頭やイタチ? 系などの野生動物と、住宅地でネコ数匹に出くわしましたが、撮影する前にことごとく逃げられてしまい、結局ネコ1匹しか撮ることができず…
IMG_2903.jpg
でもまあ、撮影したネコはすぐに逃げずに、じっとキョトン顔をして僕を見ていたので、そのかわいらしさに免じて許してやろうかと。 (←なんかエラそう)

そんな感じでおとといの火曜日 (7月10日) は撮影できないまま、ただの走り屋 & 徘徊行為だけで早めに帰宅。

何となく昼夜逆転の生活で時差ボケ? の中を過ごす数日間なのでありました。

また、梅雨空に戻りそうなので、しばらく☆の撮影はお預けだな〜
もうちょっと、撮りたいんだけど…

できれば、この1週間くらいでもう1度撮ることができたら、月などの影響も少なく完璧なんだけどな〜 晴れてくれないかな〜 と。
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村





posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 【星(☆)空】

2012年06月28日

夜の富士山麓でシカを引きそうに?! 夜間勤務的星空撮影の始末記

IMG_5107.jpg
おととい、梅雨の中休みで晴れ間がみえたので、このまま晴れていてくれれば星空が撮れるかも? と急遽その日の午後に思い立ち、撮影に出かけることに。

というのも、都内某所より星空の撮影という発注があり、納期はしばらく先ではあるのですが、引き受けてしまったものの、そもそもこの梅雨空ではいつ撮れるかわからないですし、晴れていても他の仕事や予定などの都合によりナイスタイミングで自分が動けるのかわからないことや、自然相手しかも夜雲が無く晴れていないといけないという、さらに予報もあてにならなければ、予定も立てられないという状況で気が焦るばかり…

まあ、夜限定での撮影で、いつ撮れるのか? いつ晴れるのか? 自分のタイミングが合うのか? などの天候の都合もありますが、実は撮影する項目が多いため、それを暗闇の中で全てを1人でこなすのは多分一晩では無理だと僕個人的に判断。

ならば、何回かに分けて撮影しなければならないのですが… 天候が… タイミングが… と、また元の話しにもどってしまう始末。

で、諸々の予定が見えないお仕事を引き受けてしまったというのもあるのですが、とりあえず一昨日晴れたことから、まず状況確認や撮影条件的確認のロケハンというのもあるし、悶々とした思いから居ても立ってもいられず、一か八か? というか、破れかぶれ? というのか、星空が撮れたらラッキー! 的な、単なる思いつきだけで撮影に行くことを決定。

で、夕方5時過ぎに準備を整え、まずは富士山須走5合目を目指しひとり自宅を出発。
7時頃に御殿場インターを下り、途中コンビニで食料を調達し、目的地へと目指ました。

夜、僕が車を運転していると、必ずっ! と言っていいほど野生動物が車の前に出現するのですが、そのため望遠ズーム + ストロボを装備した通称 “シカさんカメラ” を傍らに用意し山道へと。

暗くなった山道に入ってすぐに案の定というのか、野ネズミ系? な小動物が僕の車の数メートル先を右から左へとチョコマカと素早く駆け去り横断。

夜に僕が車で山道を走ると動物に遭遇する確率が、またポイントup!

しばらく行くと道路脇の林に数頭のシカがいるのを目撃しましたが、残念ながら警戒心が強く逃げられてしまったため撮ることはできず…

何となくシカを撮りに来たのか? 星を撮りに来たのか? 途中微妙に我を忘れつつな感じでしたが、のらりくらりと5合目に到着。

夜空を見上げると、富士山よりも高い上空に薄っすらとベールのような雲 & 半月でしたが煌々と明るい月が。(トップの写真)

しばらくすると月は富士山の陰に隠れる位置にあったので、雲が晴れてくれるのを祈りつつ、撮影しながら待つことに。
IMG_5132.jpg

IMG_5137.jpg
まあ、雲があっても面白い雰囲気の写真が撮れたので個人的にはOKなのですが、しかし残念ながら今回ご依頼いただいているお仕事の内容的にはNG…

しかも雲が厚くなってきている…

まあ、正直いうと天候的には半分期待していなかったところも無きにしもあらずだったので、ロケハンついでに場所を移動することに。

で、一度下りて山中湖方面へ向かい三国峠へ。
IMG_5165.jpg
三国峠でも空は薄っすらと雲…
まあ、それはそれで面白い感じで撮れたのですが、お仕事的にはやはりこれもダメな感じ。

やはり、しばらく撮影したのですが、いつまで経っても雲は晴れそうにないし…
この時点で日付が機能に変わり午前1時過ぎ。

日の出までは、まだ時間があるので、もう一度須走5合目まで行くか… と、悪あがきをしてみようか… と。

山中湖畔へ下り、御殿場方面へちょっと登ると籠坂峠なのですが、その時、反対側の車線にシカが2頭?! 

げっ!! 思わず急ブレーキ!!!!!

こっちの車線にいたら、危うく車とシカが相撲をとるところでした…

しかも道の脇に他にもシカさんが2〜3頭いるし…

動揺しながらカメラを構えようとしたら、草むらに入っていってしまいました。

まあ、引かなくて良かったな〜 と思いながらも動揺がおさまらないまま再度須走5合目に。

やはり雲は晴れず… というか、さっきよりも雲があるし…
でも、来たからにはと、数カットだけシャッターを切ってみたりして、あきらめが悪いというか、往生際が悪いというか…

午前3時頃、何となく東の空が明るくなってくる頃、ようやくあきらめて家路につくことに。

こんな朝っぱらっていうのに、どんだけ〜 な感じの大型トラックの数に圧倒されつつ、朝焼けの東名高速を大量の長距離トラックとバスに囲まれながらワイルドな感じ? で爆走?!

我が家の近くにある横浜青葉インターの手間で真っ赤でスゴく大きな日の出が正面方向にチラ見できましたが高速なので車を停めて撮ることはできず…
IMG_5186.jpg
なので上の写真は、インターを下りてから自宅の近所で単純にブログ用に朝日を撮影しましたが… ちょっと陽が登りすぎたので、もはや明るすぎる朝日になってしまいましたが、夕日と共に出発し朝日と共に帰宅した星空夜勤撮影? 夜通しのロケハン?? な半日が終わったのでした…

あ、おととい1人でヒマなのと、微妙な淋しさなども手伝い、僕にしては珍しくTwitterやFacebookなどへガンガン書き込みしてしましたが、応援や励まし、いろいろなメッセージをいただいた皆さま、ありがとうございました〜!

いろいろ真夜中にお騒がせしました〜

また、星空撮影に行くことになると思うので、その時また1人でバタバタとTwitterでツイート (Facebookは連携機能) で、勝手に騒いでいるかも知れませんが、また懲りずによろしくお願いします。(笑)

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村





posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 22:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 【星(☆)空】

2010年08月21日

ちょっとだけだけど夏休み 〜流星編〜

IMG_7095-01-150px.jpg
というわけで、前の記事 「出発編」 からの続きです。

何とか14日夕方 (19時) に家族を引き連れ出発!
その夜は流星観測し、そのまま車中泊という強行軍な計画からスタート。

台風通過後の影響もあり、出発時の横浜はどんよりとした曇り空。
天気予報でも関東周辺や山梨、静岡などでも星空はあまり期待できない感じの予報でしたが、次第に天気が上がってくる感じだったので、あまり期待はできないなかでも、ほんの少しでも可能性のありそうな場所というか願いを込めて、おおざっぱに2ヶ所ほど予想。

その2ヶ所とは、1ヶ所は伊豆方面。もう1ヶ所は富士山周辺と箱根を境にして逆方向なので、とりあえず一路伊豆方面に向かうことにしてみました。

箱根新道を登って行くと徐々に霧がたちこめ、登り切ったところで霧はかなり濃くなり、ほとんど見えない状態。

さらに、伊豆方面の道に入ると…  ほぼ視界ゼロという感じにまで霧が濃くなり、伊豆方面に向かうのを途中で断念し、富士山方面に向かうことにしました。

濃い霧の中、箱根を右往左往し、富士山の麓の鳴沢村に到着したのは14日の23時ころ。

お目当ての場所に行ってみると…   うっすらと霧…
道路にある駐車スペースに車を停めて目の前を見ると、鹿?!
ということで、前の記事の鹿の写真を撮ることができたのでした。

で、まあ鹿の写真は撮ることがですが、お目当ての星は見えず…  ということで、今度は富士山麓を右往左往。

半ばあきらめ加減で、翌日の宿泊地である西湖に場所を確認がてら行ってみると星空が広がっていました!

駐車スペースに車を停めて、いざ撮影すると、なかなか方角とタイミングが合わず、撮影したほとんどのカットが流星は写っていなかったのですが、運良く撮流ことができたのが  ↑ 上の写真 (TOPに掲載した写真) です。

↑ 上の写真もクリックすると拡大表示できるのですが、一応流星の位置を確認用の写真と流星の部分をトリミングして拡大した写真をつくってみました。それが ↓ 下の写真です。

IMG_7095-01-150px-a.jpg

IMG_7095-01-150px-b.jpg

多分、間違いなく流星だと思うのですが…

ちなみに撮影データは、キヤノンEOS 5D MarkU EF17〜35ミリF2.8L シャッター速度30秒 絞りF2.8 ISO4000 AWB RAW です。
RAW現像ソフトは、SILKYPIX PRO。
露出 (写真の明るさ) とWB、コントラストなどを調整し現像しました。

掲載した写真は、さらにフォトショップでレベル補正しています。

空を見上げていると、飛行機や人工衛星なども多く飛んでいたのですが、このカットはレリーズを使用し連写している中の1コマで、前後のカットに軌跡が写っていないことや、軌跡の前後の明るさがグラデーションになっていることで流星だと判断しました。
(この判断については、2009年10月20日 「星に願いを! 〜オリオン座流星群〜」 の記事をご参照下さい。)

他にも軌跡が写っているカットはあったのですが、その前後のカットがなかったり、かなり暗く写っていたりしていたので自信を持って流星だといえないカットが数カットありました。

それが ↓ 下の写真。

IMG_7103-01-150px.jpg

IMG_7103-01-150px-a.jpg

IMG_7103-01-b.jpg

かなり暗く写っているのと、前後カットがなかったので、もしかしたら人工衛星とかが写っているのかもしれませんが…

他にも…

IMG_7104-01-150px.jpg

IMG_7104-01-150px-a.jpg

IMG_7104-01-150px-b.jpg








このカットも前後カットが無く、しかも画面端に写っているので、正直いって流星が写っているという自信はないのですが…

まあ自信が無い分だけ画像を小さくけいさいしていますが、PCでご覧いただいている方は、画像をクリックすると拡大表示ができます。

と、まあ、こんな感じで午前4時くらいまで家族で流星観測に興じたのでした〜

つづく…
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村
posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 【星(☆)空】

2009年10月21日

星を見ながら考えたこと

IMG_9011.jpg
カメラを三脚にセットし、いつものように水平や垂直を気にしながら撮影をはじめ、撮影中に上空180度の星空をぐるりと見渡しながらいろんなこと考えました。

この先は宇宙なんだなぁ〜 と。

今見ているあの星の瞬きは何千光年、何億光年もの歳月をかけて地球に到達している光。
そして地球から1歩? 宇宙に出ると、宇宙は360度展開しているわけだし、重力も無い訳で…  上下やどこが正面かわからない世界なんだな〜 と。

それを考えたら、ふだん撮影で意識している水平や垂直って、地球上に重力があり、地面に立つことで存在するものの見方、価値観? で、宇宙に出たらある意味っていうか、全然関係が無くなるんだろうな〜 と。

だって、地球は球体なので、多分、宇宙に出たら、地球のどこが正面か、どこが上下かなんて関係なくなるんだろうな〜 と。

今見ている星だって、地球から見ているから、地球の上下があったり、地球から見えている部分が正面扱いされているだけで、宇宙規模でいったら、そんなの関係が無くなるんだろ〜な〜 

…なんて、考えてました。     寒かったけど…

そんなこと考えていると、僕の持っている広角レンズでは、この壮大な宇宙が入りきらないので、魚眼レンズが欲しくなってしまったり、逆に天体望遠鏡が欲しくなってしまったりと、なんか写真にかこつけた物欲が…

いやいや、いかんいかん…     まあ、そんな感じだったのですが。

写真は、富士山と星の軌跡を北極星入りで。
北の空、北極星を中心に星が円を描き、西の空を境に弧を描く星の軌跡が逆になるのが、おもしろいかな〜 と。

あと、広角を使ったことで富士山が歪んで傾いてる感じや、天の川も写っているので、結構気に入っている写真です。

キヤノン EOS 40D、EF-S 10〜22ミリ F3.5〜4.5、ISO200、絞りF3.5、約17分露光、(長秒時・高感度、両ノイズリダクション「しない」に設定)
RAW現像:SILKYPIX Developer Studio Pro にて+0.5EV、超硬調、高感度ノイズ除去優先 仕上げ。
にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
にほんブログ村
posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 【星(☆)空】

富士山と天の川

IMG_2837.jpg
ちょっと、最近にはないペースで怒濤の更新ラッシュという感じになってしまい恐縮です。

この1ヶ月くらい、あまり更新ができなかったので、その分とばかりに記事を増産してますが…

とりあえず、タイトル通り 「富士山と天の川」 です。

この前の記事で掲載している写真の反対側を見ると富士山が見えるのですが、22時ころだと富士山の山頂の上に天の川があります。

写真は、キヤノン EOS 5D MarkU、EF 17〜35ミリ F2.8L、ISO4000、シャッター速度30秒、絞りF2.8、マニュアルモード、(長秒時・高感度、両ノイズリダクション「しない」に設定)
RAW現像:SILKYPIX Developer Studio Pro にて、-0.7EV、超硬調、高感度ノイズ除去優先 仕上げ。

IMG_0312.jpgで、調子にのって縦位置でも!

こっちの写真は、22時半ころに撮影。

キヤノン EOS 40D、EF 17〜35ミリ F2.8L、ISO1600、シャッター速度30秒、絞りF2.8、(長秒時・高感度、両ノイズリダクション「しない」に設定)
RAW現像:SILKYPIX Developer Studio Pro にて+0.5EV、超硬調、高感度ノイズ除去優先 仕上げ。

※写真は、ブログ掲載用に解像度をリサイズし圧縮率を高くしてあります。
にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
にほんブログ村

posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 【星(☆)空】

星空と夜景

IMG_2826.jpg
さて、土曜日 (17日) 、日曜日 (18日) と、オリオン座流星群を撮影しに、富士山須走5合目に行ったのですが、いよいよその後半、日曜日 (18日) のお話。

日曜日 (18日) は、横浜でもよく晴れ、雲のない気持ちがいい秋晴れでした。
子ども達も 「今日も行く?」 と、期待してます。
まあ、これまで土日のETC割引の恩恵に、ほとんどあやかっていなかったので、ちょっくら、まあ行っときますか!  ってなお気楽な感じで、子ども連れで19時過ぎに出発!!

山道では、いつものように鹿さんがお出迎え、っていうか、今日はなんか、いつもよりもいっぱい鹿がいる感じ。

5合目に到着すると… 
雲もなく、風もあまりなく、逆に天気が良すぎいて、麓の夜景がきれいに見えすぎ!
昨日は風が強かったので寒かったのですが、今日は放射冷却で昨日よりも身に染みる寒さ。

昨日は、眼下の雲が夜景にフタをしてくれたので、星が明るくたくさん見えたのですが、今日は夜景の明るさの影響で夜空が明るく、せっかくの星空が昨日よりも映えない感じ。

うーん…  星の撮影で考えると…  光害?!

星だけの撮影だけで考えると、気持ち的にはちょっとなえるところですが、まあ、星と夜景を同時に収めるめることも、なかなかできないので、気持ちを切り換えて流星というよりも、「星空 + 夜景」 と、「富士山 + 星」、それに 「天の川」 をテーマに撮影することに。
星と夜景では明るさの差がありすぎるので、露出のバランスが難しいところですが、まあ試してみようかな? と。

いろいろ撮影した中の1カットに、山道を登ってきた車のヘットライトが偶然レンズに入り、そのハレーションで光を感じるかっこいい感じの写真が撮れました!

これもアリ! な感じの写真なので満足してます!!

データは、キヤノン EOS 5D MarkU、EF 17〜35ミリ F2.8L、ISO4000、シャッター速度10秒、絞りF2.8、マニュアルモード、(長秒時・高感度、両ノイズリダクション「しない」に設定)
RAW現像:SILKYPIX Developer Studio Pro にて、高感度ノイズ除去優先 仕上げ。

広角で30秒露光でも星は動いているので、微妙に軌跡が写ってしまうのですが、高感度で絞りを開放にして10秒くらいで撮影すると、星は、ほぼ点で写るようです。
あっ広角(17ミリで撮影)だからですよ!  レンズが望遠になればなるほど拡大されて写るので、10秒でも微妙に動いて写るはずです。

結局…  カメラを向けていない方角ではいくつか流星を見たのですが、カメラを向けていたオリオン座の方向の写真には1カットも流星を収めることはできず、早めの? 23時ころに撮影を終え家路についたのでした。
にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
にほんブログ村
posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 【星(☆)空】

およそ20年ぶりに 〜富士山と星空〜

IMG_9000.jpg
ネタ的には、前の記事からの流れです。

土曜日(17日)、オリオン座流星群を撮影しに、富士山須走5合目に行ったときのこと。オリオン座は、21時すぎに東の空から登ってくるのですが、キヤノン EOS 5D MarkU を東の空に向けてセット。

で、撮影できたのが、前の記事の写真なのですが、真後ろを向くと富士山が満天の星空の中にぼんやり見えます。

そんな富士山を見ながら、およそ20年前のある日、友達と “ノリ” で富士山行こうぜ! ということになり友達の車で夜中に、この須走5合目にきたことを思い出しました。

たしか、写真学校を卒業して、社会に出てすぐ。朝日新聞の出版写真部委託カメラマン1年生のころの話。僕と写真学校時代の友達2人の3人で。

まあ、写真学校時代の友達なので、5合目に到着すると、みんなカメラを持って何も言わずに、それぞれ自分の好きなように、自分の興味のままにカメラを向けて撮影するのはいつものこと。

その時、僕は、富士山と星空を撮影したのですが、1時間くらい? ん… 2時間くらい? だったかな?? 露光し、富士山と星の軌跡を撮影した記憶が…   たしか…   明け方まで居たと思ったので、2〜3カットくらいしか撮れなかったかと。もちろんフィルムでの撮影。

で、また機会があったら、もっとちゃんと撮りたいなぁ〜 とは思っていたのですが、なかなか夜に富士山まで来ることもないし、来ても天気がいいわけでもないし、写真を撮影するのに時間がかかるし、なんて、まあ、これまであまりチャンスがなかったのです。

でも、その、昔の記憶が強烈で、心の片隅で 「富士山と星」 は、また絶対に撮りたい写真の1つでした。

で、まあ、ひょんなことから、およそ20年ぶりに願いが叶うとは思ってもいなかったのですが、EOS 5D MarkU で流星を撮りつつ、EOS 40D を真逆の方向の富士山に向けて撮影。

しかし…  徐々に富士山から吹き下ろす風が強くなり…
腰のあたりまで伸ばした三脚が風で倒されてしまいました…
しかも…  2回も。。。  やれやれ…  というか、風を甘くみてた僕の失敗。

ちなみに、下の写真は三脚が倒れた時のカット。
IMG_8997.jpg
慌てて、駆け寄ったときのライトしか写ってなんいですが…

EOS 5D MarkU で撮影する流星をメインで考えていたので、実はEOS 40D で撮影するのは、おまけ程度かな? と、予備で持っていった軽い三脚に付けたのが、そもそもの間違い。そのEOS 40D と 装着していたEF-S 10〜22ミリは、おととい CPS (キヤノンのプロサービス) に入院したのでした。。。

写真は、その、40D で。  2回倒れたあとのカットです。
掲載サイズはリサイズしてあるので、わかりにくいのですが、リサイズ前の元の写真を見ると、風でブレているのがわかるのと、倒れた衝撃でレンズやカメラの精度が出ていないためか? 何となく、富士山がちょっと不鮮明なのですが、周囲に雲をまとった富士山の雰囲気が、なんとなく気に入る写真が撮れたので。ちなみに、中央やや右に写っている、縦に明るい帯は天の川です。

まあ…  正直…  なんとなく… 複雑な気持ちなんですが…

キヤノン EOS 40D、EF-S10〜22 F3.5〜4.5、ISO100、絞りF3.5、約47分露光(長秒時・高感度、両ノイズリダクション「しない」に設定)
RAW現像:SILKYPIX Developer Studio Pro にて-0.8EV、超硬調、高感度ノイズ除去優先 仕上げ。

三脚は、重くてガッチリしたものを使いましょうね…
にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
にほんブログ村
posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 【星(☆)空】

2009年10月20日

星に願いを! 〜オリオン座流星群〜

IMG_2642-1-2500px.jpg
先日の土曜日 (17日)、日曜日 (18日)の夜、オリオン座流星群を撮影しに富士山須走5合目に行って来ました。

土曜日は、横浜では雲が多い天気だったのですが、まあ土日のETC割引を使って行こう! ということになりまして、家族で流星観測へ。

国道から須走5合目に向かう山道に入り、ちょっと行くと車の前に鹿がキョトン顔でお出迎え。

いやいや…  どうもどうも!
前にもブログの記事で書きましたが、僕が車で山道を走ると、動物と遭遇する確率が結構高いのですが…  今回もいきなりですか!

まあ、動物ネタは、また別の記事にするとして…  とりあえずこの記事では動物ネタを省いきますね。

ちょっと登ると霧の中へ突入。
しばらく濃い霧の中を走り、5合目が近くなると霧の中を抜け到着。
五合目に着くと…  正面の星に星は見えるものの、今度は富士山から吹き下ろす風に乗り、雨がパラパラ…

雨でカメラをセットできないのと、子ども達がトイレをしたいのと、食べ物を調達するのも含めて、山道を下り麓のコンビニに行くことに。

再度5合目に到着すると雨は止み、眼下には雲海が。
ちょうど、その雲が街の夜景の明るさにフタをしてくれる形で、見上げると満天の星空が!

カメラをセットして撮影開始!
いくつか、流星を見ましたが…  1カットだけ写真に撮ることができました! それが、上の写真。
IMG_2642-2.jpg
で、写真をよく見ると2つの光の軌跡が!!

ん?  パソコンで拡大してみると…

いちばん上の写真と同じ写真ですが、番号を付けてみました。
写真をクリックすると、写真が拡大表示されます。
IMG_2642-1-1.jpg@は、どうやら…   飛行機のようです…

撮影は、キヤノン EOS 5D MarkUで。
カメラを三脚に固定し、ISO1600 絞りF2.8で30秒露光。
リモートスイッチを押しっぱなしで連写したのですが、前後カットに@は軌跡が動いて写っていたので、飛行機だとわかりました。

うーん 残念…

IMG_2642-1-2.jpgでも…  画面中央に写っているAは!

前後カットには写っていなかったのと、@とは軌跡の色が違い、また@では軌跡が一定の明るさで写っているのですが、Aは中央が明るく、両端が薄くなっているので、これは、もう、間違いなく流星だろう!! と。

でも…  残念ながら、このカットしか写っていませんでした〜

やっぱり、流星を撮るのは、なかなか難しいですね〜

まあ、でも、夏のペルセウス座流星群から続いている、星空探し、流星探しが、ひとつの形になったのでうれしいです!!

で、うれしさのあまり、調子にのって、このブログのカテゴリーも 「星(☆)空」 を増やし、星空関連の記事を分けてみました〜

ところで…  皆さんは、流れ星に何をお願いしますか?

まあ、とりあえず、ネタ的には…  毎度おなじみの展開ですが…  
次へ…  つ・づ・く  って感じで。
にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
にほんブログ村
posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 【星(☆)空】

2009年08月18日

さらに!! 星空を探して

IMG_5277.jpg
結局、昨日のブログ記事を書き込んだあと、夜空が明るすぎて見える星の数や星の明るさに納得がいかず、またまた、夜な夜な、暗くて満点の星空を見ることができるポイント探しに出かけてしまいました。

一昨年、伊豆で見た “あの星空” (7月8日「天の川」の記事の写真) を見てしまうと、自宅周辺で見る夜空は問題外だとしても、ヤビツ峠や厚木・七沢で見た夜空も星は見えても夜空が明るく、見える星の数が少ない…

ヤビツ峠や厚木・七沢にしても、自宅周辺からすると結構山奥という印象なのですが、近くに街があるので、その街灯や看板などの街の灯り、いわゆる 「光害」 で星が見えにくい訳なのですが…

それでも、普通なら星が見える! という感覚なのですが、でも…  “あの星空” と比べてしまうと、どうしても単純に星空的にも、また星空の写真的にも僕の中で納得がいかない…

で、まあ、昨日は20時頃に自宅から見上げた夜空には雲があったのですが、自分の気持ちの中で暗い夜空を探す 「ロケハン」 と称し、より暗い夜空を探しに出発。

このところ、数日の星空探しには、家族共々引き連れての夜な夜な行脚なので、付き合わされている家族(特に子ども達)は、ある意味いい迷惑。  すまん!

でも、まあ、夏休みだし、満天の星空を見せてあげたいし、流れ星だって見せてあげたいという勝手な親心で付き合わせてちゃっても、まあいいか〜  なんて…  ←勝手な親の言い分ですね…

本音的には、 “満足のいく星空を自宅から近いところで撮影ができるポイント探し” に、かなり意地になっているというところなのですが…

で、昨日は足柄峠に 「ロケハン」 のつもりで向かいました。
途中、雲があるので、星が見えるという期待を捨て、とにかく暗い夜空の“ロケハン”ということを気持ちの中で唱え続けたのですが…

峠に着くと、星が見える…   でも、やっぱり明るい…
「ロケハン」 なのに、なぜかカメラなんか出しちゃったりしてセットし始めちゃったりして…
でも、セットしている途中から雲が出始め、星が見えなくなってしまい、ちょっとガッカリ…

でも、まあ、足柄峠も近くに御殿場の街があるので、やっぱり空は明るいということがわかり、気持ちの中では 「ロケハン」 の意味はあったのですが…
なんか、もう、ここまで来たら、もう富士山行くか! (←オイオイ!!) と、
自分勝手な意地と勢いだけで須走口に向かってました。
IMG_5276.jpg
須走口は先日お盆期間ということもあり、マイカー規制で入ることはできなかったのですが、もう規制解除になっているので、とにかく五合目に! と、車を走らせると… 途中、道端で4頭の鹿に遭遇。  まあ、夜中の山道を走っていると、よく出くわすのですが。

その鹿たちにキョトン顔で見送られ須走5合目まで登っていくと、5合目直前から路上駐車の車が…  いっぱい!

嫌な予感を感じつつ5合目駐車場まで行くと…  警備員から 「駐車場は満車なので路上に駐車して下さい!!  急なカーブのところには駐車しないでください!!」 とのこと…
ひえ〜!!  いったい、今どんだけの人が富士山にいるんだろ〜!?

まあ、気を取り直して、ちょっと下ったところに路肩が広くなっているところを発見し、車を停め空を見上げると満天の星空!!!

おお〜! これ!! これ!!!

残念ながら、道路っ端からなので、周りの木々で空の見える範囲は狭いものの、この数日の間に見た夜空の暗さや見える星の数ではピカイチ!

「ロケハン」 のつもりが、思わず 「ロケ」 に心のギアチェンをし、撮影を開始!!

車の中で寝ていた子ども達をたたき起こして、満天の星空と流れ星を見せてあげることができました〜

お疲れさまでした〜
にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
にほんブログ村
posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 15:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 【星(☆)空】

2009年08月17日

もっと! 星空を探しに

IMG_5271.jpg
3日前、この前の記事を書き込んだあと、もっと星空を見たくなって、どうしても気持ちのおさまりがつかず、星空を探しに行くことにしました。

この数日、ブログの更新ができなかったのは、星空をさがして、闇雲に出歩いていたからで…

3日前も車で走りながら空を見上げ、雲行きを見ながら、街の灯りが影響しない(光害がない)山奥? を目指し、とろあえず自宅を出発し奥多摩・檜原村方面へ。

しかし雲が厚いし、夜暗くなりそうなところは、山々や森の木々に囲まれ空が狭い…

遠く山の向こうには、雲のない明るい空が見えるのですが、真上はどんよりと重い雲…

奥多摩・檜原村から上野原、大月、勝沼と、とにかく一般道で、とにかくひたすら走り続けるも、真上の重い雲は変わらず、結局富士山方面へ向かうことに…

ここは一発、富士山5合目か? と思ったのですが、どの登り口もお盆休みのマイカー規制…   おお… すごい、富士山に人が大集結してます。

富士山周辺は霧の中、マイカー規制でこれ以上は登ることができず…  星空を求めてさんざん走り回ったものの、その日は300qあてもなく走り回ったあげく自宅に引き返すことに。

IMG_1470.jpg翌日、自治会の盆踊りがあり、夕空を見上げてると、真上はほとんど雲がない青空。

今日は期待できるかも!と思いつつ、盆踊りの最中も行くか行かないか… ずーっと悩んだ末、いてもたってもいられず、盆踊りが終わり21時過ぎ、いても立ってもいられず、ヤビツ峠に出発。

しかし、家を出る頃には薄い雲が広がりはじめていたのですが、場所が変われば雲も薄くなるのでは? と、とにかく望みをかけて車を走らせることに。

でも…
どこまで行っても雲が晴れず…
というか、だんだん雲が厚くなってきているみたい…  結局、星空は見えず…  残念…

IMG_5273.jpgそして、昨日、もうこうなったら意地とばかりと、夜・21時すぎ厚木・七沢方面へ。

街から近いとともあり、ちょっと夜空が明るかったのですが、何とか星空を見ることができました。

撮影していると、雲が出てきてしまったので、ほんのちょっとだけでしたが、でも撮影することができたので、この数日意地になってしまった星空探しも一応の満足?? という感じです。

まあ、自宅から星空がきれいに見えるところまでは遠いし、その場所に行ってみないと雲があるか無いかもわからないし、移動している時間にも空の状況は変わってしまうし…  星を撮影するのは大変だな、と。。。
にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
にほんブログ村
posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 【星(☆)空】

2009年08月14日

星空を探しに

IMG_5267.jpg
おとといの夜、昨日の夜と連チャンで星空探しに行ってきました。

8月はペルセウス座流星群で、流れ星がたくさん見ることができる時期。

先月記事にした7月8日「天の川」で掲載した写真は、一昨年のキャンプで撮影した写真なのですが、深夜になって空が晴れ、流れ星もバンバン流れたのですが…  そのころ子ども達は夢の中。  なので、まだ流れ星を見たことがないということで…

まあ、今年の夏は、家族をどこにも連れて行ってあげることができないし、せめて流れ星でもと、星空を探しに夜な夜な出かけたのでした。

といっても、自宅周辺では明るい夜空で星が見えないので、ちょっと遠くまで…  ということになったのですが…

この2日間、そこそこ雲が出ていたので雲が無く、夜空が明るく無いところを…  と、車で動きながら空を見て、雲の晴れ間と空の明るさを見ながら、あてもなく彷徨ったのでした。

おとといは、宮ヶ瀬ダムまで行きましたが…  結局、雲があり星が見れず…
昨日は、厚木の七沢方面から宮ヶ瀬ダム → ヤビツ峠と車を走らせましたが、なかなか雲が切れないのと、空が明るいのと…

山道を車で走っていると動物(イタチ? 系?? あと子鹿!? など)は、車の前を何匹も横切って行ったのですが…  ←ナイトサファリか!? 
でも、お目当ての星空が見えない…

あっち行ったり、こっち行ったりしている間に、宮ヶ瀬からヤビツ峠に。

道が細く、くねくね… おまけに対向車もそこそこ。
買い換えたばかりの車なので、スッたりぶつけたくはしたくないものの… (って、当たり前ですが…)   星空をあきめることもできず、もう引き返すことはできず…   峠越えを決断。

そんな峠を越える寸前に真上を見上げると星が!
道が広くなっているところにしばし車を停め、星空を見上げることに。

長男は車を降りてすぐに見たらしいのですが、次男は見逃してしまったので、待つこと30分。
次男がめでたく流れ星を見ることができ、家路についたのでした。

写真の露光時間は約8分。写真には流れ星が写りませんでしたが。。。
にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
にほんブログ村
posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 11:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 【星(☆)空】

2009年07月08日

天の川

_MG_6505.jpg
日付は変わっちゃいましたが…  まあ、七夕ということで…  

おととしの8月、家族で南伊豆にキャンプに行ったときに撮った“天の川”を。

この日は雲一つない、これまでに見たことのないくらいの、もう絵に描いたような満天の星空でした。

絵に描いたような… とは、周囲がぐるりと山々に囲まれていたキャンプ場だったので、星座早見盤を見ているような印象が強かったもので…

“天の川”もハッキリ、しっかり見えました!

8月はペルセウス座流星群(あれ?合ってるかな??)で、お盆の頃の夜空は、バンバン流れ星が見え、この日もバンバン流れていたのですが、残念ながらタイミングと方角が悪く、写真には写っていません…

10年前までは毎年お盆の頃、山形県の月山に登っていたので、山頂にある月山神社本宮の脇に夜中寝ころんで星空を見上げ、バンバン流れる流星を見ていたのですが、最近はなかなか豪快な星空はお目にかかれていません。。。

そういえば、昔、子どもの頃、♪上野発の夜行列車〜♪♪… の、
「急行寝台天の川」(上野−秋田間)が走っていましたが、すごく好きなネーミングでした。
 
1度だけ寝台としてではなく、残念ながら単なる急行として乗ったことはありましたが…
…って、関係ないか……  失礼しました〜!!
にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
にほんブログ村
posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 01:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 【星(☆)空】