2014年02月04日

中学1年生 「生き方学習」 講演会

3A8A2101.jpg

今日、我が家と同じ区内にある某中学校の1年生の特別授業の 「生き方学習」 という講演会に、弁士として行ってきました〜

この 「生き方学習」 というのは、いわゆる中学3年の進路指導や、中学2年の職業体験などの前段階の、自分の将来をどのように考えていくかという学習の一環ということのようです。

弁士は、僕の他に業種の違う方4名。

実は、この講演会に呼んでいただいたのは、ひょんな事から。

その呼ばれた中学校というのは、僕が所属している剣道のサークル団体の稽古場として、ある小学校の体育館を使用しているのですが、その小学校の学区にある中学校。

同じ区内での剣道つながりで、中学校の剣道部の顧問の先生とは面識があったのですが、まあそんなことから、ちょっと変わった商売をしている? カメラマンの僕を呼んでいただいた感じですかね〜(笑)

これがまた、自分ちの息子の学校では、僕の面は割れまくりだったりするのですが、その地元の学校ではなく、同じ区内でもちょっと距離が離れた学校から呼ばれるというのが、正直いうと実に不思議な感覚。

今日、実は当初ほかにも用事はあったのですが、それをキャンセルして、未来ある中学生を優先して講演してきました。(笑)

というのも、僕がカメラマンを志したのが中学生の頃だったので、自分の当時のことを思い出したら、いろいろと将来の進路について悩んでいたよな〜 という思いから。

まあ、僕の場合は、中学生の頃の思いまま、そのまんま何だかんだとカメラマンになっちゃいましたが。

でも、中学生の頃は、どうすればカメラマンになれるか? なんて、周囲で誰もわかる人はいなかったし、今みたいに何でも簡単にインターネットで調べるなんてこともできなかったし…

でも、その時々図書館の本だったり、情報が載っている雑誌だったり、親を説得することなども含めて、情報が無いなりにいろいろ調べたり、実際に足を突っ込んでみたりと、自分の意志を貫いて、ここまで来たわけだし。

なので、僕が今、自分の息子も含めて、中学生達にアドバイスできることは、どんな職業、どんな将来でも、それが例え夢や希望であっても、早く自分の目標を見つけることだと。

今日の講話で、中学1年生たちに伝わったのかどうかは定かではありませんが…

とにかく、まあ僕ができることは、いろいろな写真を見てもらいながら、話しをすることしかできないので。(苦笑)

みんながみんなじゃなくても、ほんの一握りの人でも、数百人の中の1人だけでも、何かを感じてもらえたり、いろいろな事を考えてもらえるキッカケになればいいな〜と思っています。

熱い気持ちで目標に向かっていって欲しいな、と。

お疲れさまでした〜

ってことで、これからビールで1人打ち上げ! っと。(笑)

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村





posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 【講演】