2011年06月24日

GH2動画でカワセミ撮影! 〜約2800相当!! 超々望遠撮影〜


(↑携帯でご覧の方は、上のリンクに画像が表示されず文字リンクだけになっていますが、YouTubeの動画画像がリンクされています。パソコンではYouTube画面が表示されます。)

日付が変わってしまったので昨日のことになりますが、このところホタル撮影にハマって通っている公園でカワセミも撮影してきました!!

“カワセミも” ってことは…  当然のことながらホタルも撮影してきたのですが…
まずは、そのカワセミから!!

おととい、ホタルを撮影するために夕方、いつもよりも早めに現場の公園に行ったのですが、その時に通りかかった公園にある池の周りに、巨砲 (おおづつ:大口径超望遠レンズの意味で、ここでは使用しています) が並んでいるのが見えまして…

!! もしやカワセミを撮影しているのかな?? と、レンズが向いている方向を見ると…
あっさりとカワセミの姿が見えました (笑)

この公園にもカワセミがいるんだ…  撮影したいけど…  とは思いつつも、おとといの手持ち機材の長玉は70〜200ミリしか持おらず、しかもエクステンダー (テレコン) も持ってなかったし…  でも、まあ、結果は分かっているんだけど、試しにファインダーを覗いてみると…  あえなくというか、当然のことながら撃沈…  もう、ファインダー内で豆粒っていうか、点? のよう。

残念…

ということで、昨日はおとといよりも、さらにちょっとだけ早めに現地に行き、ホタル + カワセミ撮影をしようと意気込んで行ったわけです。

まあ、CAPAの6月号 【読者のスペース】 『フォトモン通信』 で2000ミリマンとして紹介していただいたので、ここはやはり超々望遠! 撮影でキメなけらば!! ってことで、パナソニック GH2 + 近代インターナショナル 「キヤノンFD → マイクロフォーサーズ (FD−M4/3)」 マウントアダプター + キヤノン New FD レフレックス500ミリ F8 + キヤノン エクステンダー 2×-A + キヤノン エクステンダー 1.4×-A という装備で、約2800ミリ相当の超々望遠! 撮影をしてみました。

機材が、超無理矢理な組み合わせで、しかもレンズの開放F値がF22なんて超暗いため、写真の露出的にいうと、ISO4000の超高感度でもでシャッター速度が1/125秒…  ひぇ〜!!

P1050020.jpg

超高感度撮影なので、かなりノイズが気になってしまいますが、まあノートリ (ノートリミング) で、↑上の写真のように、カワセミの “お姿” を画面に大きく写すことができました。

ちなみにマイクロフォーサーズで140ミリ (35ミリ換算280ミリ相当) の望遠では、↓下のような画角になります。  (カワセミは写真中央にいます)

P1040996.jpg

普通に望遠だと被写体が遠いので、ちっちゃいでしょ??

で、まあ、ちなみに夕方だったので、太陽が山の陰に隠れてしまいカワセミは日陰。約2800ミリ相当の画角で、しかも露出がISO4000でシャッター速度が1/125秒なんて暗さなので、被写体ブレもカメラブレも起こしてしまうため、無理に写真を撮影するのはあきらめることにして、動画を撮影することに!

超々望遠! で狙っているし、ピントがMFなので動きモノをピントを送りなら、被写体を追いながらなんて高度な撮影はできないけれど、けっこう迫力のある動画で撮れたと思います!!

ホタルの次は…  カワセミかな?!  なんて。
ちょっと、ハマっちゃうかも!!

あ〜  明るい超々望遠! なレンズが欲しい!! な、と。
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村
posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 【一眼動画】

2011年06月08日

2011年6月5日 横浜・元町の日本史上初となるF1マシン公道走行直前にパレードするセバスチャン・ブエミ選手


(↑携帯でご覧の方は、上のリンクに画像が表示されず文字リンクだけになっていますが、YouTubeの動画画像がリンクされています。パソコンではYouTube画面が表示されます。)

何とな〜くこのブログで一連のシリーズになってしまっていますが、2011年6月5日に 「Red Bull Energy for Japan」 と題し、日本で史上初となるF1マシンの公道デモンストレーション走行が行われました。

走行したF1マシンはレーシングチームのレッドブルのF1マシンで、ドライバーはレッドブルレーシン-グの兄弟チームであるスクーデリア・トロ・ロッソのドライバーである-セバスチャン・ブエミ選手です。

このブログに関連する記事は、
2011年06月05日
「日本史上初! F1マシンが日本の公道を走行した記念日!! 〜横浜・元町〜」


2011年06月08日
「日本史上初! F1マシンが日本の公道を走行した記念日!! 〜横浜・元町〜 (復路編)」

です。

ブログカテゴリにも 「一眼動画」 を増設しました〜!

なんとなく、一眼動画キャンペーン? 的な感じの構成になっていますが (笑)

セバスチャン・ブエミ選手が、-F1マシンで公道を走行する前に実際に走行する元町ショッピングストリートをドライバーズパレードし、横浜・元町のショッピングストリートに詰めかけた沿道の大勢の観客に笑顔で手を振ってくれました。

撮影した機材はパナソニックGH2で動画撮影しました。撮影途中でカメラの操作を誤りAFでピントを操作する指が離れてしまったため、途中のピントがぼけてしまいました-。

P1030481.jpg

↑ この上の写真は、動画撮影中に撮影した写真です。

GH2は動画撮影中の写真撮影モードが2つのモード選択ができます。

その1つ 「動画優先」 モードでは、記録画素数が2MBでJPEGのみになり、やや画素数は小さくなってしまうものの動画は途切れなく滑らかに撮影できます。

もう1つは 「写真優先」 モードでは、設定した記録画素数で動画撮影中に写真の撮影が可能ですが、写真の記録中に画面がブラックアウトし、動画には静止画が記録され、その間の音声も途切れてしまいます。

僕は今回 「動画優先」 モードで、動画も写真も撮影してみましたが、動画の1コマを写真に切り出すこともできるので、無理して動画と写真の同時撮影にチャレンジしなくてもよかったかな? とも思っています。

動画のピントが外れたのは、AFをAFCにしてシャッターボタンを半押ししながら被写体を追ったのですが、写真を撮影した際に半押しした指が離れてしまったため、ピントを外してしまったというのが原因なので、カメラ操作に慣れていないのに、のっけから難しい撮影方法をチャレンジしてしまったものだと、ちょっと反省しています。

P1030491.jpg

ちなみに、この ↑ 上の写真は、パレードが折り返し復路に撮影した写真で、動画を撮影せずに写真だけで記録しました。

これからも、写真だけではなく動画撮影も、いろいろチャレンジしてみようと思います!
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村
posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 【一眼動画】

日本史上初! F1マシンが日本の公道を走行した記念日!! 〜横浜・元町〜 (復路編)


(↑携帯でご覧の方は、上のリンクに画像が表示されず文字リンクだけになっていますが、YouTubeの動画画像がリンクされています。パソコンではYouTube画面が表示されます。)

先日アップした 「日本史上初! F1マシンが日本の公道を走行!! 〜横浜・元町〜 」 の復路編になります。

この日本で史上初となるF1マシンの公道デモンストレーション走行は、6月5日に横浜元町でレッドブルF1マシンで、ドライバーはレッドブルレーシン-グの兄弟チームであるスクーデリア・トロ・ロッソのドライバーであるセバスチャン・ブエミ選手。

当初この走行は2往復の予定だったのですが、残念ながら都合により1往復になってしまいました…  その復路です。

P1030499.jpg

この横浜で行われた日本史上初になる公道走行 「Red Bull Energy for Japan」 の前日、6月4日に幕張海浜公園でも同タイトルでデモ走行を行ったのですが、どうやらそこでスタッフとの接触事故があったのだとか…

いろいろ調べてみると、その状況を撮影していた動画が公開されているのですが、どう見てもそのスタッフの自爆テロ的な行為としか思えないような、どう考えてもありえない動き。

まさか、その幕張の一件のせいで当初横浜では2往復の予定だった走行が、1往復になってしまったのでは?! と思わざるを得ない感じです。

もし、そうだとしたら、どうしてくれんねん?! そのスタッフさんよ〜!! (急にガラが悪くなってしまいゴメンナサイ!)

ブエミ選手はシーズン中の超多忙な中、超強行スケジュールで来日したらしいので、ホントかわいそうというか、後味が悪いというか、申し訳ない出来事で、今後のレースの成績に響いてしまったら…  なんて考えると、そのスタッフはかなりの重罪ですよ。

事故についての細かい原因はわかりませんが、ブエミ選手にしても、主催者にとっても、観客にとっても、そして日本全体で考えてみても、かなり影響力のある出来事だと思います。

…だって、世界中に報道されちゃったんですぜ。

同じ日本人としては、その張本人に出てきてもらっい世界中にしっかりと謝罪してもらいたいものだと思いますが。

世界中で、日本人はF1マシンにも突っ込んでいくカミカゼ野郎だ! とか思われたらどうしてくれるんだろうか? それとも、レッドブルで翼が授かったと愚かな勘違いしたのだろうか??

いずれにしても恥ずかしい出来事です。ガッカリです。
せっかく日本を元気づけようとしたイベントなのに…

まあ、何となく憤りはおさまらないところですが…
いつまでも怒っていても終わりがないので、このへんにして…


さて、この撮影はパナソニックGH2を使用した一眼カメラでの動画撮影ですが、往路の撮影はまずまずのデキだったのですが、復路の方はカメラの振りの方向と、ズーミング操作の方向の関-係なのか、カメラでうまくマシンを追いきれなかったのと、前から2列目での撮影だったため周囲の人の手が…  ってことで、あまり満足できるような結果では撮れていませんでした…  残念…

ちなみに、写真は動画撮影中に同時記録した画像です。

もうちょっと上手に撮れるように、一眼動画撮影の修行したいと思っています。
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村
posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 02:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 【一眼動画】

2011年06月05日

日本史上初! F1マシンが日本の公道を走行した記念日!! 〜横浜・元町〜


(↑携帯でご覧の方は、上のリンクに画像が表示されず文字リンクだけになっていますが、YouTubeの動画画像がリンクされています。パソコンではYouTube画面が表示されます。)

今日、横浜中区元町では日本史上初となるF1マシンの公道デモンストレーション走行が開催されました!!

このF1マシンのデモンストレーション走行は、清涼飲料水メーカーのレッドブルが「Red Bull Energy for Japan」と題し、東日本大震災の復興に取り組む日本に元気を与え支援するのを目的として、同社レーシングチームのF1マシンを走行させるイベントとして実施されました。

P1030498.jpg

走行会場は、横浜市中区元町のショッピングストリートの約500メートルの直線区間。

ドライバーはレッドブルレーシングの兄弟チームであるスクーデリア・トロ・ロッソのドライバーであるセバスチャン・ブエミ選手で、主催者側の発表では約1万1000人の観客が詰め掛けたそうです。

このデモ走行は、当初の予定では2往復とされていたのですが、時間の都合?なのか、予想以上に観客の人数が大勢で混雑しすぎたためなのか??  1往復になってしまいました…

残念…

イベントは9時からだったのですが、今朝は5時半起きで6時すぎに自宅を車で出発。
7時前には元町に着いたのですが、その時点で観覧する歩道の最前列は、ほぼ埋まっている状態。
なんとか2列目くらいで見ることができました!

まあ、そんなこともあろうかと今日の機材はパナソニック LUMIX DMC-GH2 + LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S. で撮影。

なぜかって…
背面の液晶が可動式液晶なので、腕を真上にのばしてのハイアングルでのライブビュー撮影が可能なのと、今日はGH2での動画撮影を試してみたかったのと、GH2は動画撮影中でもAFでのピント送り (合わせ) が可能なのと、さらに動画撮影中でも写真撮影が可能なので、動画も写真も同時記録を試してみようということで。

で、撮影した動画は、僕自身が自分でYouTubeにアップするのは初めてなのですが…
なんとかアップできたみたいなので、ブログのトップに貼ってみました。

まあ、このブログに動画を張り付けるのも初めてになりますが。

さらにその下の写真は、動画撮影中に同時記録した写真です。
SILKYPIXで調整しました。

動画は、腕を真上にのばして撮影したので、かなり画面がブレてしまっていますが、音もきれいに入っているので、臨場感が伝わると思いますよ!

あと、ズーミングしながらF1マシンを追ってみたのですが…  どうでしょうか??

いろいろな意味で初めてづくしだったわけですが、がんばって撮ってみたのでご覧下さい!!

まあ、横浜は昔から日本でも初めてというできことが多い街ですからね?!

これを機会に日本でもモナコGPのような、市街地でのF1レースが実現すると、とてもうれしいのですがね〜!

以前、東京のお台場あたりでという意見があったような気がしますが、横浜みなとみらい周辺で! っていうのはどうでしょうか?
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村
posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 21:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 【一眼動画】