2013年11月26日

もちもちまつり

P1140451.jpg

今日は、次男が通う小学校の行事 「もちもちまつり」 がありました。

ウチの子が通う小学校では毎年、近隣にある田んぼを借り授業の一環として全校生徒で米を育てています。

前の年に収穫したお米を翌年の分だけ残し、種もみから発芽させ田植えをし、田んぼの手入れをして稲刈りして収穫。

学校の敷地内で収穫したお米を干し、そのお米を餅つきする 「もちもちまつり」 で、全校生徒とお世話になっている地域の方々で、つきたてのお餅を食べて収穫の喜びと一緒に味わいます。

横浜市の小学校ですが、多分市内の小学校でも本格的な田んぼの授業を取り入れて食育する学校は珍しいのではないかな? と思いますが、ウチの子達は僕が育った秋田の小学校でも体験したことがないような、のどかな? というか貴重な体験がをしているので、うらやましいな〜と。(笑)

P1140327.jpg

P1140241.jpg

長男も通った小学校なので、次男を会わせて今年で9年間お世話になっている小学校なのですが、僕がこの 「もちもちまつり」 を見るのは初めてのこと。今日は時間があったので見学に行くことに。

昨夜は強風と雨という嵐でしたが、一夜明けてた今朝は素晴らしく晴れわたった良い天気!

P1140262.jpg

P1140273.jpg

餅つきは4〜6年生の高学年が担当。
高学年の一部の保護者や、おやじの会がお手伝いで運動場で行いました〜

ちなみに1〜3年生の低学年は、食べる担当!(笑)

あ、もちろん高学年は、低学年や地域の方々の来賓の分だけでなく、自分たちが食べる分もつきますよ。

P1140333.jpg

P1140428.jpg

お餅の味の種類は、しょうゆ、きなこ、ポテトチップ (コンソメパンチを砕いたもの) の3種類。
午前中、給食前に秋晴れの青空の下、みんな笑顔で食べました〜

ウチの子も来年6年生なので、この素晴らしい行事も来年で最後になるんだな〜 と、しみじみ… なん〜て思いながら、初めて見る 「もちもちまつり」 を眺めていたのでしたとさ、と。

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村





posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 【日記】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81458430
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック