2013年10月02日

うれしかったこと

IMG_0642.jpg

先日、あるお仕事関係の方に 「西村さんが戻ってきてくれて良かった〜」 と言われました。

まあ深い経緯については、諸々大人に事情ってものがあるので深くは語りませんが(笑)

でも、うれしいですね〜 自分が必要とされてるってことは。

実は、このところ仕事が激減してしまい自分の存在意味や意義、存在価値、まあフリーのカメラマンなので自分自信の商品価値? ってことを、何となく思い詰めてしまう毎日。

どうしたらいいんだろう… どうやったらいいんだろう… と。

その何気なく発っせられた一言だったのですが、でもまだ自分を必要としてくれている人が数少なくてもいるんだとか、僕を必要としている仕事があるんだとか感じさせる一言に、正直涙が出るほど、うれしかった…

だから、がんばれる! がんばっていこう! と。

あ、話はガラッ! と変わりますが、先程記事にしましたが僕が撮影した 「CAPAフォトグラファーズベスト」 ですが、限定100着で第1回目の申込受付は当初9月20日〜10月10日まででしたが、予定期間よりも早く完売御礼だったそうで(笑)

次回第2回受付は、2013年10月15日(火)スタート! になるそうですよ!!

次回は最終10月31日(木) までの申込受付になるそうですので、お忘れなくお早めにお申し込み下さいね。

と、自分が撮影に携わった商品の売れ行きが好調というのもうれしいことですよね(笑)

そういえば、昔、駆け出しの頃、ある雑誌の担当者から、その担当者と一緒に僕が撮影した特集記事だ好評だったことを知らされ、しかもその担当者とやった特集が毎回のように数字が良かった、な〜んてことありましたが、その時も自分だけの手柄ではありませんが、うれしかったな〜(笑)

あ、ジンクス的なことで言うと、自分が携わっていた媒体から急に仕事が来なくなったとか、お呼びがかからなくなったりなど疎遠になると… なぜかその後その媒体は… 残念ながら無くなたり、潰れてしまったり… っていうのも、過去にはいくつもありましたね〜

まあ、単なる偶然だと思いますが、でも逆に考えると残念な物事には立ち会う機会が少ないというのは、それだけでもラッキーだよね〜と、ある意味自画自賛?的な〜

逆手に取ると… まあ、いいや、やめとこ(笑)

僕への需要がある限り、そして僕が携わるモノは売れる! というジンクスが、ある種の都市伝説? 的な?? になるように、がんばらねば!!

って、まずその前に、自分自身が売れるように、がんばらなきゃダメなんジャン?!(笑)

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村





posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 【日記】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/77174357
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック