2013年02月15日

デジカメWatch 特別企画 『冬のイチオシ!! 「工場夜景」を撮影してみよう』 公開開始!!

3A8A0961.jpg

3A8A0763.jpg

Webサイトimpress (インプレス) Watchシリーズのデジカメ専門コンテンツのデジカメWatchにて、【特別企画】 『冬のイチオシ!! 「工場夜景」を撮影してみよう』 が公開開始されました〜!!

ここ2週間ほど夜な夜な何回か通い撮影した写真と数日前に脱稿した原稿ですが、さすがインターネット媒体! もう記事としてアップされました〜(笑) 速っ!!

工場夜景に限らず、いろいろな夜景撮影でも応用できる撮影テクニックが満載です。
デジタル一眼や夜景撮影のビギナーの方にもわかりやすく解説しているつもりです。

ぜひご覧になってみて下さいね〜!

impress (インプレス) Watchシリーズのデジカメ専門コンテンツのデジカメWatchにて、【特別企画】 『冬のイチオシ!! 「工場夜景」を撮影してみよう』 の記事は 【こちら】 から!!

どうぞ、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村





この記事へのコメント
デジカメwatchの記事拝見しました。とても興味深いものでしたが展望デッキ・ガラス密着撮影可能な記事だけは不快でした。ここのガラスはとても綺麗なだけにもう少し説明追加・配慮してもらえたら思います。

貿易センタービルのようにフィルムとはいえ撮影面が傷だらけにしたくはないです。
Posted by tokumei at 2013年02月16日 10:55
> tokumei様
コメントいただき恐縮です。

展望デッキ・ガラス密着撮影可能な記事だけは不快とのことですが、不快に思われたことに関する説明が無く、どのように解釈してよいものか…

ガラスに傷が付くということを懸念されていらっしゃるということなのでしょうか?

まず、記事に関しましてはガラス越しの撮影に関する一般的な撮影方法をまとめさせていただきましたので、可能うんぬんという意味を言っているわけではありません。

あくまでガラスの写り込みが写らない方法ということになります。

ですから、「レンズの先端をガラスにそっと密着させるようにします。」という表記にしております。

ガラスにキズか付くほど強く押さえつけたり、または密着する際にガツンとぶつけるようにしてしまうと、ガラスだけではなくカメラのレンズの方にも影響してしまいます。

そのため、「そっと」いう表現にしているのですが。

また、密着させなくても黒い紙、もしくは忍者レフのようなアイテムを使うことで写り込みが抑えられることを解説しております。

まずは、その辺をご理解ならびにお汲み取りいただきまして記事をご覧いただければ幸甚でございます。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
Posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 2013年02月16日 21:07
> tokumei様

デジカメWatchの記事の方に以下の文面を追加記載をし対応させていただきましたのでお知らせいたすます。

−−−−−

ガラス越しの撮影では、ガラスにキズか付くほど強く押さえつけたり、または密着する際にガツンとぶつけるようにしてしまうと、ガラスだけではなくカメラのレンズの方にも影響してしまいます。

 特にズーム操作やAFでピント合わせをする際に、レンズの前玉が繰り出すタイプのレンズは、レンズが繰り出す際にぶつけたり、無理に押さえつけるとレンズを破損することもありますので、慎重に撮影を行なうようにしてください。

 撮影の際はガラスに傷を付けないように、またカメラのレンズが壊れないように十分注意してください。

−−−−−

以上になります。

ご確認下さいますよう、お願い申し上げます。

今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。
Posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 2013年02月17日 21:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62473138
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック