2012年05月21日

20120519 「STARDUST REVUE 30th Anniversary オールキャストで大謝恩会〜5時間程度まったりと〜おみやげ付き」 in さいたまスーパーアリーナ 〜前編〜

DSC_9645.jpg

DSC_0073.jpg
この記事は、このブログ記事の前の記事 『「STARDUST REVUE 30th Anniversary オールキャストで大謝恩会 〜5時間程度まったりと〜 おみやげ付き」 in さいたまスーパーアリーナへ行ってきました〜!! 〜とりあえず速報的第1弾編〜』 からの続きになります。

ブログのアクセス解析を見ると、どうやら多くのスタレビファンの皆さまから、検索でこのブログを探しあてていただきご覧いただいているようで、ありがとうございます。

このブログは携帯からもご覧いただけますが、できればPCでご覧いただけるとみやすいかと思われますので、よろしくお願いいたします。

さて昨日 (日付が変わってしまったので一昨日のことになりますが) は、早起きしてカミさんの実家を経由し息子たちをあずけ、さいたまスーパーアリーナへ向かいました。

ライブのタイトルに “5時間程度まったりと” とあるとおり、普通では考えられないような長丁場のライブで、しかもさらに会場内ロビーを使い、さいたまの物産展 & スタレビの30年の歴史を見ることができるスタレビ展も同時開催ということで、午前10時半に入場口が開き、11時半開場、13時開演という流れでした〜

車で移動だったので、駐車場への入場の混雑などを避けるため早め早めの行動。

子ども達をカミさんの実家にあずけ、7時過ぎに横浜を出発し、第三京浜 → 環八 → 首都高と乗り継ぎ、途中の環八で渋滞にはまるものの8時半過ぎには、さいたまスーパーアリーナに到着していました。

いくらなんでも、ちょっと早すぎ… と思いながらも周辺の駐車場の様子を見ながらグルグル回ると、会場に激近いコインパーキングに12時間1,200円の駐車場を発見!!

会場の駐車場の一日券は2,000円ということだったので、早起きは三文の徳かな〜 なんて思いながら速攻駐車! なんともラッキー!!

でも… まだ2時間弱も時間が…
とりあえず、会場外周を1周歩き、入場口周辺で待つことに…

天気も晴れわたり、なんともまあ朝から暑いくらいの陽気。

で、10時前くらいから徐々に会場入口前に人が並び始めたので、結構前の方で列に並ぶことができ、予定よりも約20分くらい遅れて会場ロビーへの入場が開始され、さっさくお土産が手渡されました!

DSC_0299.jpgDSC_0303.jpg












そのお土産とは、ライブを協賛している 「sinvino JAVATEA」 の紅白2本が入った特製の布製のショルダーバッグで、ウラ面の透明なポケトには、これまた特製の今回のライブのタイトルが印刷された非売品のグリコ ウォータリングキスミント <マスカット>、さらにスタレビメンバーの写真が印刷されているクリスタルガイザーのステッカーが!! 

ちなみに、この布製の特製ショルダーバッグはスタレビのグッズ販売コーナーで、1,500円のお値打ち! 価格で販売されていてました〜 (笑)

この特製ショルダーバッグは、なかなか使えそうなバッグなので、うれしい! お土産です。
僕の仕事とかでも使えそう (笑)

スタレビファンならよくご存知なのですが、スタレビの周年記念ライブでは物産展が同時開催されるのはもはや当たり前になっていて、10年前の2001年8月4日静岡県のつま恋で行われた20年記念 「つま恋100曲ライブ〜日本全国味めぐり〜(お食事券付き)」 100曲ライブ (ギネス記録!) では、炎天下の中死にそうな思いをしましたが (笑) スタレビが全国の飲食店などを集め “美味いもの巡り” を催したり、5年前の今回と同じ5月19日そして同じ場所で行われた、25周年記念 「スターダスト・レビュー25年に一度の大感謝祭6時間ライブ(おやつ付き)」 では、今回同様さいたまの物産展を開催したりしているのです。

また、20年記念 「つま恋100曲ライブ〜日本全国味めぐり〜(お食事券付き)」 や、25周年記念 「スターダスト・レビュー25年に一度の大感謝祭6時間ライブ(おやつ付き)」 でも、ライブにカメラやビデオが持ち込み&撮影がOKでしたが、今回の 「STARDUST REVUE 30th Anniversary オールキャストで大謝恩会 〜5時間程度まったりと〜 おみやげ付き」 でもトークタイムのみ、自分のお席で録音・録画・写真撮影可能 (ゲスト出演時除く。フラッシュ・スタンド使用不可) と、なんと!ライブでは超〜珍しいことというのか、前代未聞の? ことをやってくれるのがスタレビ! なのです。

DSC_9810.jpg

DSC_9835.jpg

なので、撮影の仕事ではなく、全くのプライベートで行ったにもかかわらず、ライブ会場の写真を撮ることができるという、もうなんてファンにやさしいバンドなのでしょうか!! (泣)

あと、ファンの年齢層や幅広くファン層を拡大するため、今回のライブではジュニア・シニア料金を設定したり、また会場に託児所まで設けてくれたので、小さいお子さんがいるご家庭でも安心してライブに来ることができるという心配りまでしてくれるという、とても珍しいアーティストといえます。

そんな、何とも心地よくステキなライブなのですが、まあこのブログはファン以外の方もご覧になるので、説明しながらということで、ちょっと長くなりますので、数回に分けて記事にしていこうと思います。

明日というか、もう日付が変わってしまったので今日になってしまいましたが、金環日食で朝早く起きなければいけないので、今回はこのへんで…

申し訳ありませんが、つづくということで。

次回は、スタレビ展のあたりも含めて、もうちょっと写真を増やして記事にしますね。
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村





posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 【日記】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55978130
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック