2011年12月06日

仕事の気持ちモードを切りかえなきゃね〜

IMG_6721.jpg
今日は寒いですね〜 しかも雨まで降ってきて…
…って、最近、寒いだ、暖かいだっていうネタばかりですが…

とりあえず、原稿1本書き終えました。

僕は、ただでさえ原稿を打つペースも遅いのですが、どうもスロースターターというか、真のライター、つまり本業ではないので、原稿を書き始めるまでのペースに自分を持っていくのが苦手というのか…  困ったことに気持ちのモード切りかえが、なんか遅いんですよね〜 (←言い訳ジャン?!)

なんか、追いつめられないとっていうか… 尻にムチなのか? 尻に火がつかないと? ってことなのか?? こと原稿に関してはガツンとギアがはいらないというか… (←“プレイ” ではありませんよ)

まあ、撮影する方が本業なので、短時間でたくさん原稿を執筆できる人って凄いな〜 と、常々うらやましく思うのですが、でもまあ本業とは言わないまでも仕事として受けた以上、しっかりとその使命を果たさないといけない訳で。

「自分、不器用なので」 なんて急に健さん調になってみたりして。

撮影が続いちゃうと、基本的に頭の中は撮影のことでいっぱいになるし、撮影はで現場に行くとその間原稿はやれないわけだし、しかも撮影からもどって合間合間で原稿がやれるほど要領よくも無いので、ガッチリと原稿をやる時間をつくらないと気が回らないタチというか、集中できないタチではあるのですが。

あれもやって、これもやってなんて、たくさんのことが頭の中にあると、頭の中が混乱してしまうし、集中できないのでダメなんですよね〜 こと原稿に関しては。

でも、ここ半年、原稿を書く仕事もめっきりと少なくなったので、何となく以前のように撮影とか原稿とかが入り乱れてむちゃくちゃ忙しかった頃の感覚を忘れちゃっていて、ある意味、平和ボケ的な緊張感に欠けているのかも。

めちゃくちゃ忙しかった3〜4年くらい前ではなく、高々1年〜半年暗い前の忙しかった頃の感覚が取り戻せないなんて… ってことを、あまり歳のせいにもしたくないですしね〜

でも、そんだけ日々の生活のリズムが変わってしまったってことなんでしょうね。きっと。

そういえば大昔、駆け出しの頃にも似たような感覚になったことがあったっけ。

インタビューものの撮影が続いた後に物撮りとか、取材モノとか、撮影環境が変わると、準備する手順や機材のセッティングなど、環境に応じて要領よく動かなければいけないときに、まだ慣れていなかったせいで 「どうするんだっけ?」 なんて考えながら、気持ち的に戸惑っていた時代の感覚に近いかもしれませんね。

まあ、ふだん、いつもやり慣れていない局面が来ると、体と気持ちが追いつかないってことなのかな?

まだ、原稿をやらなければいけないので、そろそろガツンと “原稿をやるモード” に、気持ちをシフトしないと!

自分自身の尻を叩きつつ。

今日の写真は、おととい富士五湖周辺で撮影したアカツメクサの花で!
…って、もう12月っていうか、冬なのに咲いているんだ〜!! 何か変な感覚だな〜 と思いながら撮影しました。

ちなみにアカツメクサの花言葉には、「善良で陽気」「豊かな愛」「勤勉」「実直」 なんていうのがあるらしいですが。

勤勉で実直にがんばりたいと思います。 はい…
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村



posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 【仕事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51473061
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック