2011年12月01日

何だかんだで、もう12月… 12月と言えば、山下達郎さんのクリスマス・イブ。クリスマス・イブといえば…

IMG_0454.jpg
…って、タイトル長げ〜し、連想ゲームかよ! って感じで…   ごめんなさい。

ということで、11月はブログの更新があんまりできないまま過ぎてしまい12月、坊主も走る師走かなに突入!! してしまいました。

はぁ…  もう12月なんですね。

12月と言えば、子ども達は待ち遠しい、いやが上にも盛り上がってしまうイベントのクリスマスがやってきてしまうのですね…  (子の親としては、ある意味辛いイベントでもありますが。)

クリスマスと言えば…  山下達郎さんの曲 「クリスマス・イブ」 がヘビーローテーションで流れる月ということになります。

実は、僕の頭の中では10月頃から 「クリスマス・イブ」 が頭の片隅で流れてまして…
それはなぜなら、冒頭の写真のせい。

写真は、今月号のCAPA (2011年12月号) の P100〜101 【実写レポート】 『東芝UHS-Iカードで新幹線“すれ違いの瞬間”を高速連写』 で、高橋学氏の撮影に同行取材したときに、せっかくなので僕も新幹線の写真が撮りたい! と思って撮影したものです。

で、まあ僕は、トンネルに入っていく新幹線を 「クリスマス・エクスプレス」 by JR東海的なイメージ (古い?) で撮れないかな〜と思って、スローシャッターで狙ってみることに。

でも、新幹線がただ止まっても雰囲気が出ないので、新幹線の残像とテールランプの長い軌跡を何とか撮れないものかなと思い (「クリスマス・エクスプレス」 のCMの最後にテールランプの残像を残しながらスローモーションで走り去る新幹線的な感じ)、数カット撮影して見たのですが、最後の1カットが何とか新幹線が理想的な位置で写り、テールランプの残像も決まってくれたので個人的には超満足!!

細かいこと言うと、テールランプの軌跡の入り方が逆だとかいろいろあるのですが (だって、写真だと後幕シンクロ的な撮り方しないと無理だし)、でもまあ、まだ日没前の明るい環境で、トンネルに入っていく新幹線の最後尾の残像とテールランプを同時に写すのは、これが限界かな? くらいなところですが…  けっこう雰囲気が出てるでしょ!

以外に難しいのは、新幹線の車体がぶれていながら、でも車体だとわかる感じで写っているところだったりするのですが、見る人が見ると? ん?? いやもとい、写真を知っている人が見ると、どうやって撮影したのかとかいうカラクリはわかると思うので、ここではあえて撮影テクニックの解説はしませんが。  (あ、カラクリといっても、合成とかではなく一発モノの撮影ですよ、これは。RAW現像で現像調整はしていますが。ちなみにRAW現像ソフトはSILKYPIXです。)

もう、この撮影の時から僕の頭の中では 「クリスマス・イブ」 が流れているんですよ。

このときの取材が誌面に出てからブログの記事にしようと思っていたのですが、何だかんだとバタバタしちゃっていたので、やっと掲載することができました〜  ふぃ〜

でも、山下達郎さんの 「クリスマス・イブ」 は、この2ヶ月くらいの間、僕の頭の中で勝手に回っていただけで、これからクリスマスまではテレビやラジオ、街頭などで絶対に耳にするわけなので、これからが本番なのですね〜 きっと。

ってことは、僕の意識の中は約3ヶ月の間 「クリスマス・イブ」 が流れているってことか?!

なんか、おめでたいヤツ?! 的な感じですが…

…ってことで、皆さんも上の写真を見ながら 「♪ティ〜ン、ト、ティ〜ン…  JR東海…」 って、つぶやきながら見てみてくださいね!
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村



posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 【乗り物】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51229556
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック