2011年10月13日

新幹線N700系に乗って、「こんなところにコンセントがあったらいいのにな〜」 って感じで思ったこと。タイトル長っ!!

IMG_9545a.jpg
昨日、東海道・山陽新幹線のN700系に乗ったのですが、さすがは日本の大動脈! っていうか、日本の経済を支えるビジネスマンのための素晴らしいサービスを提供しているな〜と思いました。

座席にコンセントや車内で無線LANが使えるということは、報道などで情報としては知っていましたが、随分便利な世の中になったものだな〜 と実感しました。

車内アナウンスも昔は 「携帯電話の使用はデッキなどで」 だったような気がしますが、いまは 「他のお客様にご迷惑にならない程度」 というのを聞いて、時代は変わるものだなと。

飛行機では携帯電話の使用はできませんし、電子機器の使用も離着陸時は禁止といった誓約事項が多い分、新幹線で移動する方が忙しいビジネスマンには便利なんだろうな〜 きっと。

コンセントには携帯電話やパソコンなどの充電に使用できるというマークがあり、親切だな〜と思いましたが、しかしコンセントの位置は壁側の床に近い低いところ。

まあ必ずしも全員が使う訳ではないし、サービスの一環ということでしょうし、邪魔にならない位置にコンセントを配置ということなのでしょうけれど…

今回、自由席に乗ったのですが、通路側しか空いておらず、しかも隣の若いお兄さんは、膝を大きく広げ、肘も肘あてからこちら側にはみ出し、さらに寝てるといった、まあぶっちゃけちょっと感じの悪いヤツだったので、隣の人によっては使いたくても使用できないような場合もあるんだろうな〜 なんてことを考えながら乗ってました。

まあ今回僕はは、特にコンセントを使用することはなかったのですが。

なにせ、僕が乗ったときに2列シートの通路側に荷物を置いていて、「ここいいですか?」 っていうと、ちょっとふてくされた感じで足元に荷物を置いて… からの膝や肘って感じだったので、仮にコンセントを使いたくても、こんなヤツに話しかけたくないな〜と思ったもので。

まあ、途中、名古屋あたりで、僕は座席を移動はしたのですが。

で、ヒマだったので、今後導入される新幹線にコンセントを増やしてもらえないかな〜 なんて、考えていたわけですが、壁側にではなく前のシートの後ろ側にでも付いているといいのに… と。

IMG_9553a.jpg

部品とか、配線とか増えてしまうし、作るのが大変なのかもしれませんが、例えばテーブルの裏側の隅とかなんてどうかな? と。

でも、お茶とかジュースとかこぼれたときに感電とかの危険性とかもあるのかな? って考えると、ちょっと上の座席の裏側あたりに配置するといいのかも、とも。

そうすれば、テーブルや物入れネットのところも使うこともできるし、なんて。

これから、パソコンはもとより、携帯電話もスマートフォン時代で、液晶モニターを使用し電力を消耗する機器が増えていくわけですから、きっとコンセントの使用率は高まるのではないかと思いますしね。

電気代はどうするんだよ! って話にもなりそうですが、ライバルのキャリアである飛行機に対抗するには、まさにこういったビジネスマン向けや旅行途中でも便利なサービスを充実させるといいんじゃないかな? という素人考えの意見なのですが。

まあ、今でも十分に便利なんですけどね。
ドル箱路線 (言い方古ッ!) だから、そこまでサービス向上しなくても集客には別に影響しないかな? とも思いますが… 

岡山までちょっとヒマだったもので携帯いじっていたら、最近バッテリーの消耗が激しいので、充電が無くなりそうだったので、充電用コードを持ってくればよかったな〜 なんて思ったもので。

携帯の予備バッテリーを持っているので、一応家に帰るまでは大丈夫だったのですが。

まあ、そんだけなんですけど。
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村



posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 【乗り物】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48515318
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック