2011年10月02日

胴をはずされ悶絶… 詫びはビールと枝豆?!

P1060561.jpg
今日は、久しぶりに剣道の稽古に参加することができました。

子ども達を中心とした剣道の会なので、防具を付け元立ち (もとだち) として、面、小手、胴を打たせてあげる練習もするのですが…  胴を外されてしまい、うぅぅぅぅ…

胴の胸の部分から脇の間の何も無いところに、ビシッ! と。
ちょうど竹刀の先が胸 (ビーチクから脇の近くにかけて) にヒットしたかたちに。

若干、悶絶をうったのですが、気を取り直して打ち込みを受けていると、またしてもビシッ! と外され、辛抱たまらず悶絶。

同じ人に、しっかりと同じ場所に外され…
って、その同じ人、つまり犯人は…  我がカミさん。

おいおい、なんか、俺に恨みでもあるの??

カミさんは、最近腰を痛めておりまして、久しぶりに竹刀を振って肩慣らしということで、子ども達に混じって打ち込みに参加していたわけですが、あまりにもきれいにはずされ、しかも正確に同じところに竹刀の先がヒットするという、すばらしい外しっぷり。

うーん…  久しぶりなんだから、もうちょっと慎重にやってくれればいいのですが、多分自分のダンナだし、手加減なしで向かってきたんだろうな〜 と。

しかし、肩に力が入りすぎている分、ものすごい力を肌で感じ (受け止め) ました。

稽古後その痛みの詫びにと、何も言わないのにビールと枝豆を買ってきてくれたので、まあしょうがない、許してやろうか、ってな気にもなりましたが…  次回は、何とぞお手柔らかに。

この胸の痛みは、数日間続きそうです。
胴を外されると、けっこう厳しいんだから!  特に大人は。

俺の豊満な胸がさらに大きくなったらどうしてくれんねん。 (←オイオイ!)
頼むぜ! よろしくってことで、これから戦利品のビールと枝豆で、酔っぱらって痛みを忘れようと思います。

ちなみに、枝豆をゆでたのは僕ですけど…

お疲れさまでした〜
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村
posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 22:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 【剣道】
この記事へのコメント
確かにあれは泣けるほど痛いですね。初段までやってました。
Posted by 折本幸治 at 2011年10月02日 23:31
> 折本さん

コメントありがとうございます!

おお! 初段をお持ちなんですね?

そう、あの“痛み”は剣道やったことがある人じゃないとわからないですよね〜

僕は、小学生の頃に剣道をやっていたのですが、やめちゃったので、6年くらい前に子供が剣道を始めるときに再開して初段を取得しました。

いま入っている剣友会の創設時からやっているので、初段のくせに会の中では、困ったことにやたらえらそうな感じに見えちゃっているらしいです…

まあ、正直言って見かけ倒しってヤツなんですけど…
Posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 2011年10月03日 13:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48294840
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック