2011年09月14日

パワースポット 〜日光・華厳の滝〜

DSC_0263.jpg
昨日は、某媒体の仕事で日光方面へ行って来ました〜
で、日本の三大名瀑の1つといわれる華厳の滝 (日本の滝百選) へ立ち寄ってきました。

どうやら、日本三大名瀑というのも諸説いろいろあるようですが、いろいろ調べてみると華厳の滝と那智の滝 (和歌山県) が三本指に入るのは、ほぼ確実のようですが、3番目に入る滝というのがいろいろあるようですね。

華厳の滝は中禅寺湖の流出口にあり、高さ97メートルの落差から流れ落ちる日本の滝百選にも選ばれている瀑布で、多分誰もが知っているメジャーな滝ですね。よく、旅番組とかでも登場するので、実際に見たことはなくても映像や写真などではお馴染みといったところではないでしょうか。

まあ、それはさておき、う〜ん…  華厳の滝を拝むのは、何年ぶりかな〜??
前回見たのは、もう10年以上前かも…

駐車場から程なく無料の展望台 (観瀑台) があるのですが、その観瀑台の近くに 「華厳の滝エレベーター」 (往復/大人:530円 ※中学生は大人料金、小学生320円 ※小学生未満幼児は無料) というのがあり、岩盤の中を貫いたエレベーターで約100メートル (随時運行、所要時間1分) で下ると、滝つぼのほぼ正面という絶好の位置から見ることができる観瀑台があります。

昨日は、先日の台風の影響で水量が多く、普段の約5倍で毎秒9トンという、もの凄い量の水が流れ落ちていました。 (どうやら2〜3日前はもっと凄い量というか、とんでもない? 水量?? だったらしいですが…)

滝つぼに落ちた水が落ちた勢いで水滴を吹き上げたところに出る虹を狙いたかったのですが、エレベーターを降りてトンネルを出ると…  もうそれどころではないくらいの水滴の勢いで、その有料の観瀑台までもものすごい量の水滴が霧雨? いやいや霧雨のようでいて、ほとんど雨のような感じで滝つぼから方向から飛んでくるので、虹どころの話ではない感じ。

もう、体中ビショビショ…

カメラを出した瞬間から凄く勢いのある細かい水滴で、もう一瞬にしてぬれてしまうのでカメラを向けることすらできないというかカメラもヤバイ感じ。しばしカメラをかばいながら様子を見ていたのですが治まる気配もない感じなので、滝つぼの虹はあきらめることにしました。

でもまあ、何も撮らないのもしゃくにさわるので、とりあえず気合い一発?! で撮ってみると…  一瞬にしてレンズに水滴がついてしまい冒頭のような写真に…

まあ、撮れないときは撮れないってことで、無理してカメラを壊してしまうと大変なので、あきらめることにしました。

写真は、RAW現像ソフトのSILKYPIXのシェーディング (周辺光量) 調整で、あえて周辺光量を落として現像してみましたが…  状況、わかってもらえますかね〜??

滝に打たれての禊ぎ (水行) をしたわけではありませんが、まあでも滝からの水滴を大量に浴びたので、何かご利益あるかな?? なんて思ったり、してみちゃったり。

華厳の滝は日本三大名瀑だし、勝道上人という方が発見されたと伝えられ、仏教経典の1つである華厳経から名づけられたといわれるらしいし、そんな霊験あらたかなパワースポットの御滝のしぶきを目一杯浴びることができたのは貴重な体験かも?! ってことで、良いことがありますように! 祈!!
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村
posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 19:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 【パワースポット】
この記事へのコメント
私も何度か仕事で華厳の滝に行っていますが、まともに見学できた方が少ないです。しぶきもそうですがガスってしまうこともあったりで、なかなか難しいです。
虹を狙うのでしたら頻繁にいかないと難しそうです。
Posted by コバ at 2011年09月16日 00:11
> コバさん

華厳の滝は、午前中の早いうちが順光なので、天気のいい日の午前中じゃないと撮れないですね。

今回は昼前だったのですが、雲が多く光がささなかっただけでなく、ものすごい水しぶきだったので… まあ、しょうがないですね。

また、機会を狙うことにします…
Posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 2011年09月17日 20:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47930609
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック