2011年06月24日

GH2動画でカワセミ撮影! 〜約2800相当!! 超々望遠撮影〜


(↑携帯でご覧の方は、上のリンクに画像が表示されず文字リンクだけになっていますが、YouTubeの動画画像がリンクされています。パソコンではYouTube画面が表示されます。)

日付が変わってしまったので昨日のことになりますが、このところホタル撮影にハマって通っている公園でカワセミも撮影してきました!!

“カワセミも” ってことは…  当然のことながらホタルも撮影してきたのですが…
まずは、そのカワセミから!!

おととい、ホタルを撮影するために夕方、いつもよりも早めに現場の公園に行ったのですが、その時に通りかかった公園にある池の周りに、巨砲 (おおづつ:大口径超望遠レンズの意味で、ここでは使用しています) が並んでいるのが見えまして…

!! もしやカワセミを撮影しているのかな?? と、レンズが向いている方向を見ると…
あっさりとカワセミの姿が見えました (笑)

この公園にもカワセミがいるんだ…  撮影したいけど…  とは思いつつも、おとといの手持ち機材の長玉は70〜200ミリしか持おらず、しかもエクステンダー (テレコン) も持ってなかったし…  でも、まあ、結果は分かっているんだけど、試しにファインダーを覗いてみると…  あえなくというか、当然のことながら撃沈…  もう、ファインダー内で豆粒っていうか、点? のよう。

残念…

ということで、昨日はおとといよりも、さらにちょっとだけ早めに現地に行き、ホタル + カワセミ撮影をしようと意気込んで行ったわけです。

まあ、CAPAの6月号 【読者のスペース】 『フォトモン通信』 で2000ミリマンとして紹介していただいたので、ここはやはり超々望遠! 撮影でキメなけらば!! ってことで、パナソニック GH2 + 近代インターナショナル 「キヤノンFD → マイクロフォーサーズ (FD−M4/3)」 マウントアダプター + キヤノン New FD レフレックス500ミリ F8 + キヤノン エクステンダー 2×-A + キヤノン エクステンダー 1.4×-A という装備で、約2800ミリ相当の超々望遠! 撮影をしてみました。

機材が、超無理矢理な組み合わせで、しかもレンズの開放F値がF22なんて超暗いため、写真の露出的にいうと、ISO4000の超高感度でもでシャッター速度が1/125秒…  ひぇ〜!!

P1050020.jpg

超高感度撮影なので、かなりノイズが気になってしまいますが、まあノートリ (ノートリミング) で、↑上の写真のように、カワセミの “お姿” を画面に大きく写すことができました。

ちなみにマイクロフォーサーズで140ミリ (35ミリ換算280ミリ相当) の望遠では、↓下のような画角になります。  (カワセミは写真中央にいます)

P1040996.jpg

普通に望遠だと被写体が遠いので、ちっちゃいでしょ??

で、まあ、ちなみに夕方だったので、太陽が山の陰に隠れてしまいカワセミは日陰。約2800ミリ相当の画角で、しかも露出がISO4000でシャッター速度が1/125秒なんて暗さなので、被写体ブレもカメラブレも起こしてしまうため、無理に写真を撮影するのはあきらめることにして、動画を撮影することに!

超々望遠! で狙っているし、ピントがMFなので動きモノをピントを送りなら、被写体を追いながらなんて高度な撮影はできないけれど、けっこう迫力のある動画で撮れたと思います!!

ホタルの次は…  カワセミかな?!  なんて。
ちょっと、ハマっちゃうかも!!

あ〜  明るい超々望遠! なレンズが欲しい!! な、と。
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村
posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 【一眼動画】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46236296
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック