2011年06月08日

日本史上初! F1マシンが日本の公道を走行した記念日!! 〜横浜・元町〜 (復路編)


(↑携帯でご覧の方は、上のリンクに画像が表示されず文字リンクだけになっていますが、YouTubeの動画画像がリンクされています。パソコンではYouTube画面が表示されます。)

先日アップした 「日本史上初! F1マシンが日本の公道を走行!! 〜横浜・元町〜 」 の復路編になります。

この日本で史上初となるF1マシンの公道デモンストレーション走行は、6月5日に横浜元町でレッドブルF1マシンで、ドライバーはレッドブルレーシン-グの兄弟チームであるスクーデリア・トロ・ロッソのドライバーであるセバスチャン・ブエミ選手。

当初この走行は2往復の予定だったのですが、残念ながら都合により1往復になってしまいました…  その復路です。

P1030499.jpg

この横浜で行われた日本史上初になる公道走行 「Red Bull Energy for Japan」 の前日、6月4日に幕張海浜公園でも同タイトルでデモ走行を行ったのですが、どうやらそこでスタッフとの接触事故があったのだとか…

いろいろ調べてみると、その状況を撮影していた動画が公開されているのですが、どう見てもそのスタッフの自爆テロ的な行為としか思えないような、どう考えてもありえない動き。

まさか、その幕張の一件のせいで当初横浜では2往復の予定だった走行が、1往復になってしまったのでは?! と思わざるを得ない感じです。

もし、そうだとしたら、どうしてくれんねん?! そのスタッフさんよ〜!! (急にガラが悪くなってしまいゴメンナサイ!)

ブエミ選手はシーズン中の超多忙な中、超強行スケジュールで来日したらしいので、ホントかわいそうというか、後味が悪いというか、申し訳ない出来事で、今後のレースの成績に響いてしまったら…  なんて考えると、そのスタッフはかなりの重罪ですよ。

事故についての細かい原因はわかりませんが、ブエミ選手にしても、主催者にとっても、観客にとっても、そして日本全体で考えてみても、かなり影響力のある出来事だと思います。

…だって、世界中に報道されちゃったんですぜ。

同じ日本人としては、その張本人に出てきてもらっい世界中にしっかりと謝罪してもらいたいものだと思いますが。

世界中で、日本人はF1マシンにも突っ込んでいくカミカゼ野郎だ! とか思われたらどうしてくれるんだろうか? それとも、レッドブルで翼が授かったと愚かな勘違いしたのだろうか??

いずれにしても恥ずかしい出来事です。ガッカリです。
せっかく日本を元気づけようとしたイベントなのに…

まあ、何となく憤りはおさまらないところですが…
いつまでも怒っていても終わりがないので、このへんにして…


さて、この撮影はパナソニックGH2を使用した一眼カメラでの動画撮影ですが、往路の撮影はまずまずのデキだったのですが、復路の方はカメラの振りの方向と、ズーミング操作の方向の関-係なのか、カメラでうまくマシンを追いきれなかったのと、前から2列目での撮影だったため周囲の人の手が…  ってことで、あまり満足できるような結果では撮れていませんでした…  残念…

ちなみに、写真は動画撮影中に同時記録した画像です。

もうちょっと上手に撮れるように、一眼動画撮影の修行したいと思っています。
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村
posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 02:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 【一眼動画】
この記事へのコメント
西村さんこんにちは〜。
一回走行になってしまったのは、幕張の接触事故という伏線があったのですね。

確かに言われてみれば自爆テロそのもですよね(笑)
給気口に吸い寄せられた?
しかしいくらなんでもジェット機でもあるまいし。

手にカメラ持っているような感じしますがカメラマンですかね!?

これゃ〜ブミエ選手も目が点になったことでしょうね・・。
あちゃ〜やばい〜ドン。
Posted by cube at 2011年06月08日 16:34
> cubeさん

コメントありがとうございます!

細かいことはわかりませんが、どうなんでしょうね〜???

一部情報では、ホントは往路で行った先に、スピンターンをするためのスペースを確保してあったらしいのですが、どうやらあまりにも人が多く、そのスペースまで人を入れてしまったため、マシンをスタッフが転回したらしいという話もあるらしいのですが。

だから、復路がスタートするまでに時間がかかってしまったのだとか。

予定よりも時間がおしてしまった? ということも1往復の原因らしいのですが…

でも、まあ、最近、元気になるイベントというか、楽しい催し物、話題性のあるネタや興奮する出来事などが少ないですから、とてもいい刺激になるイベントだったのではないでしょうか。

集まった人の多さでわかりますよね。
まあ、自分もそのウチの1人ですが。

「Red Bull Energy for Japan」 の通り、また「レッドブル翼を授ける」といったキャッチフレーズもそうですが、いろいろ困難なことをおしてイベントを開催してもらったことは、とても素晴らしい出来事につながったのではないかな? と思います。

以前、モータースポーツJAPANでトヨタやホンダのF1マシンの走行を間近で見たことはありますが、日本の公道を初めてF1マシンが走行する歴史的な瞬間にその場所にいれたことはうれしいですよね。

街を走るF1マシン、やっぱカッコイイっす!
興奮します!!

やっぱり、日本で初めて公道でF1マシンが走ったのが横浜なので、これを機に横浜市街地GP開催を本気で、ぜひ!! って気持ちが強くなりますが!
Posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 2011年06月08日 17:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45793689
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック