2011年03月14日

首都圏大混乱

IMG_8991.jpg
東日本巨大地震で首都圏も大混乱していますが、一番混乱している原因の肝は“電気”ですね。

まあ、その大きな要因は、すべて原発にあると思いますが。

東京電力から昨日、「輪番停電」「計画停電」 についての発表され、今日実施される予定でしたが、しかしそれが決定しても具体的な時間や地域の発表が昨日の夜で、しかも詳しくはインターネットのホームページやカスタマーサービスへの電話でというだけで、数時間後には実施しようなんてことは、あまりにも不親切というか、勝手なことというか。

確かに、被災地のことを思うと、節電することや停電になってしまうことは受け入れられることというか、あたりまえのことですが、やり方があまりにもお粗末というか、どうなってしまうのかというキッチリした説明が国民に無く、浸透しないままで実施しようということに首を傾げてしまいます。

便利な世の中で、インターネットでも電話でも自分たちで調べてください的な世の中だし、原発関連も含めて東電も忙しいこと、また社内が混乱していること、さらに緊急事態だということは理解できますが、首都圏の人がインターネットや電話を一斉に東電にしたら、つながらなくなるのは当たり前のこと。

昔だったら、新聞に掲載されるまで待ったり、選挙の時みたいにテレビでしっかりと周知させるとか、NHK教育を使って一晩中字幕だけで流す、各自治体の役所に情報が行き届いてから実施するなど、とにかく知らせることが大事だと思うし、その上で実施しないと、結局のところ誰が考えてもみんなが翻弄されることになると思うのですが。

実際、昨日深夜まで自分の地域が、どのグループ分けで何時に停電するか、インターネットや電話で問い合わせしようとしても、結局のところつながらなかったですし…

まあ、いろいろ調べたら、何とか深夜1時過ぎに情報を掲載している他のサイトを発見できましたが、でも今日、鉄道各社が運休するのも知らない人が大勢だったし、結局のところ停電をあおっておいて朝からは実施できず、運転を再開する鉄道があったり、急遽夕方5時から一部地域で停電が実施されたり、停電になると身構えていると停電にならなかったり、予定にはなかった地域で停電になったり…  何が何だかサッパリ…

一体どうなっているの??

停電になると、鉄道だけではなく医療機関や自宅療養で医療器具を使用する人、学校など、さまざまなところに影響するのに、地域だけで割った停電の影響とか考えない詰めの甘さは問題だと思います。

もはや東京電力だけではなく専門大臣まで登場して、政府からも節電や停電について、国民にお願いするのであれば、とにかくどんな手段を使ってでも周知徹底してからではないと、混乱するだけなのではないでしょうか。

発電器を貸し出すとかいう話もありましたが、地震以降いろいろなモノが不足し、懐中電灯に使用する電池がどこに行っても品切れだったり、カセットコンロのガスが品切れだったりというのもありますが、なにか、こう、なんていうか、複合的なというか総合的なことというか、さまざまな影響も考えてキメ細かい考え方で 「計画停電」 をして欲しいと思います。

スミマセン。今日は個人的な意見で。
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村
posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 【日記】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43836060
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック