2011年02月01日

5D MarkU 修理&改造

IMG_0220.jpg
先日、出羽三山神社の国宝・五重塔の雪景色を撮影しているときから、キヤノン EOS 5D MarkUの調子がかなり悪かったのですが、撮影直後に、もう、どうにもこうにも撮れなくなりまして…

10日前に修理に出していたのですが、本日やっと手元にもどってきました。

IMG_9128.jpg同時に、キヤノン EOS 60Dの撮影モードダイヤル同様のロック機構付きの有料改造もお願いしました。
フフフ…  ひとあじ違うゼ!

うーん!  なんかうれしいな〜!!

ちなみに、この改造はプロだけが出きるのではなく、一般の方でも改造依頼が可能なサービスなんですよ。 (昔は改造ってプロの特権でしたが…)

お値段は… 一般の方で 10,500円(税込)です。
改造にかかる時間は約10日。

※詳しくは 【こちら】 をご参照下さい。

IMG_0276.jpg ← ちなみに…

こちらは通常のモードダイヤルです。

ダイヤル中央部にボタンがあるか無いかの違いですが。

改造は、5D MarkU だけではなく、7Dも改造が可能です。

で、調子が悪かったというのは、実はもう1年ほど前から時々エラー表示が出て、ミラーアップするもののシャッターは切れず的な現象が起こっていたのですが…

err 10 とか err 20 とか。

いずれも、電源をOFFにしたり、電池を抜き差ししたりすると、とりあえずはまた撮影ができていたのですが、それが次第に頻繁に起こるようになり、雪景色の撮影もとにかく何をやってもerr 20が表示され、五重塔を目の前にして、うんともすんとも…   悪戦苦闘。

電源のON/OFFを繰り返したり、電池の抜き差しを繰り返したり、バッテリーやカメラを懐に入れ暖めてみたり…

そんなこんなを繰り返し、ライブビューボタンも何度も入れたりして、やっとシャッターが開きライブビューで撮影できる状態になったので、とにかくこのチャンスを逃す訳にいかない!という状態でとにかく必死に撮影しました。

それが、先日の記事にある雪の五重塔の写真です。 (撮影した写真の極一部ですが)

で、その後、撮影が終わり、車にもどってから5D MarkUを触ってみると…
err 20が出たまま…  二度とシャッターが開くことはなく…  絶命??

やはり? まさか?? 必死だっただけに???

おお! 三山の大神(さんやまのおおかみ)よ!!
雪の五重塔を撮影させていただき、ありがとうございました!
的な、神がかった撮影で幕を閉じたのでした。

まあ、今風な言い方をすると、やっぱ俺って “持ってる” ってヤツですかね〜♪

修理の詳細を聞くと、シャッターのチャージ不良で、ミラーボックスユニットの交換をしたそうで、僕はてっきり、いつもいっぱいシャッターを切るので、シャッターの耐久回数で逝っちゃった ? のかな ?? と思っていたのですが、聞くとシャッターの回数は約8万ショット弱ということでした。

ちなみに5D MarkUのシャッター耐久は約15万ショットと言われていますが…

まあ、この約2年間の僕のペースで8万ショット弱しかシャッター切っていないんだ、なんて思うと15万ショットっていうのは、結構スゴイ回数なんだな〜 なんて、あらためて思ってみちゃったりなんかして。

目指せ! 15万ショット越え!!

でも、その前に故障しちゃったら意味がないけど。

とりあえず直って、さらに進化して帰っていてくれたので、気分はルンルン! (死語)
うれしい限りです。

明日から撮影の仕事がバンバン入っているので、ホント頼むぜ!

写真は、写真上:修理上がり直後にとりあえず試し撮りしたザギン (銀座?!) のキヤノンのサービス前の風景と、写真中:改造してもらったロック機構付き撮影モードダイヤル、写真下:参考までということで従来の5D MarkUの撮影モードダイヤルで!

ちなみに、RAW現像はSILKYPIXで!!
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村
posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 【カメラ】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43136699
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック