2010年06月17日

お台場の夕景

IMG_7741-01.jpg
昨日、一部情報筋では (人から聞いた噂では) 一部の地域で夕立? が、あったらしいのですが、幸い僕はまったく雨にあたらず、夕暮れ時お台場で夕日を眺めていました。

まあ、そんだけなんですけど…

夕日を見ていると、いろんなこと考えちゃいますよね。

写真って、いろんなことを考えて、その自分の考えやイメージを具体化 (表現) することだと思っているのですが、人生もそうだよね。なんて。

あらためて、自分に言い聞かせてみたりして。

そんな、日没数分前なのでした…
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村
posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 02:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 【写真】
この記事へのコメント
きれいな都会の夕陽。
そういえば最近撮っていません夕陽。
私のライフワーク〜〜

そう・・
考えます。いろんなこと。シャッターを切るまで・・すごく考えます。
だれもそんなに考えて写真撮ってるなんて思ってないだろうなぁ〜って思います。
Posted by mizj at 2010年06月17日 12:55
よく、写真は “引き算” なんてこと言いますが、僕は、構図・フレーミングは “引き算” 、表現や撮影テクニックは “足し算” だと思ってます。
でも、それは、露出の計算なども含み、撮影に関することで、何となく数学的なのですが、イメージや表現などは言葉が大事で、国語的かな?と。

特に日本語は、時間や季節、事象など、言葉が数多くありますし、似たような言葉でも微妙な意味の違い、ニュアンスの違いがらるので、それも含めて、組み合わせも含めて、またそれ以上に表現は無限だと思います。

二度と同じ時間、同じ写真が撮れないのも含み、だから、写真はおもしろいんですけどね。
Posted by 猫 ☆ ニャン太郎 at 2010年06月17日 22:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38975840
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック