2009年11月15日

そして富士山へ!

IMG_4409.jpg
と、言うわけで、何となく前の記事からの続きです。

あきらめかけていたお天気なのですが、一山越えたら感動的な雲をまとった夕映えの富士山を見ることができ、一気に撮影モード (家族的なではなく個人的な) に突入!

撮影開始直後、手前の雲が邪魔をして、見えたり見えなかったりしていたのですが、邪魔だった手前の雲がドンドン晴れていき、クリアに!!

IMG_3737.jpgこの時点で、日没20分くらい前。

しばし夕景を撮影したのですが、手前の雲が晴れたことで、ふと、今日の本題である、年賀状の家族写真を撮影に来ていたことを思い出しました。

何とかこの風景を背景に年賀状用の写真を撮影しようと、心の中で巻き返し策を考え、場所を移動を決断。

日没から空がくらくなるまでの残り時間で勝負!! に出ました。

その策とは…  雲が晴れてきたと言うことは、箱根スカイライン方面なら雲が晴れスッキリ見えるかも! と。

しかし…  箱根スカイラインに行ってみると…  ドップリ雲の中…  っていうか、雲が発生している真っ直中で遠景が見えるどころではないっていうか…  霧の中… 

あ〜あ…  残念…  と、思ったところ、雲が晴れ、日没後のマジックアワーな富士が見えるところを発見!!

バタバタと準備をし、時間的には、なんとか… すべり込みセーフ!!

ふ〜ぅ…  まあ、何とかなったかな…
とりあえず、子ども達も言うことが聞くことができるようになったので、セルフタイマーでの撮影が短時間でサクッと! 
かなり楽になりました〜!

で、まあ、ひと仕事が終わり、周りは暗くなってもまだ17時過ぎ。

IMG_4457.jpgもう、ここまで来たら、行っときますか! 富士山!! と言うことで、 『運が良ければ、しし座流星群が見れるかも!?』 ツアーに勝手な “ノリ” で変更し、またもやいつもの富士須走まで行ってしまったのですが…

残念ながら、22時ころまでネバったものの、雲が晴れなっかったので、深入りはせず?! あきらめてサクッと早めに帰ってきたのでした…

まあ、しし座流星群は “おまけ” 程度だったし、 “鹿さんカメラ” も用意したのですが、鹿と遭遇はしたものの撮影はできず…  ってな感じでしたが…

うーん、でも、まあ、本題の年賀状用家族写真を撮影できたから良しと使用かな? と。

お疲れさまでした〜
にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
にほんブログ村
posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 16:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 【写真】
この記事へのコメント
ご無沙汰しています。富士山を撮ると如何しても全体を撮らなければと思ってしまいますが、この様に雲を巻き込むことで、我々とは違った味わいがありますね、流石proです。
カメラの調子が悪くD300sを手に入れて撮ってヤット良いのが撮れる様になりました?。
カメラ教室の開催は無いのですか?有ったら行きたいと思っています。活躍を影から見守っています。
Posted by フクチャン at 2009年11月15日 17:25
フクチャンさん
どうもご無沙汰しております。
コメントありがとうございます!!

そうですか、D300Sに乗り換えたのですね?!
ブログを拝見したところ、瞬間の捉え方が格段に良くなってきている感じですね!!
すばらしい作品がいっぱいです!!

カメラ教室、ぜひ、やりたいですね!!
って、いうより、やりたいです!!

ぜひ、影ながら… ではなく、表だってご声援をお願いいたします!!! (笑)

今後ともよろしくお願いしま〜す!!!!!
Posted by 猫 ☆ ニャン太郎 at 2009年11月15日 21:59
富士山みにいきたいなぁ〜
というか子供たちに見せてあげたいのです・・
千葉にいたころ中学生の頃・・マジかに富士山を見てそれは感動したものでしたから・・

ドラマティックな雲ですね・・山色ですね
山の雲ゆきは本当わからないですね。
Posted by mizj at 2009年11月16日 14:44
秋田の本荘に居るころは鳥海山(出羽富士)。

上京して、現在の住まいは横浜ですが、今は富士山が気になる住環境での生活。

富士山までは、ちょっと遠いのですが、横浜や東京など、結構いろいろなところから富士山は見ることができます。

いろいろなところに富士見町と言うのがありますが、今はビルだらけで見えないところも多いようですが、ふと見るとビルの間や、こんなところから富士山が見えるんだ!的なところから富士山が見えると、やっぱり日本一高い山なんだな〜 と、実感。

いつも独立鋒が見守ってくれる環境で生活ができて、ありがたいことだな〜 とも。

やはり間近で見る富士山はスゴイ迫力ですから、お子さんたちも富士山を見ると、いろいろなこと感じるかもしれませんね!

Posted by 猫 ☆ ニャン太郎 at 2009年11月16日 20:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33646681
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック