2009年10月21日

鹿さんカメラ?!

IMG_2622.jpg
星ネタは、まだ続くのですが、前の記事がちょっと自虐気味なので、ひと休みして動物ネタで。
僕は、車で山道を走っていると、動物との遭遇率が高いのですが、今回の富士山須走行脚でも当然のように動物に出会いました。

夏にペルセウス座流星群を見るために、ここ須走に来たときも “鹿” に遭遇したので、正直いうと期待はしていたのですが、まず土曜日(17日)は、結構早い段階でご対面。

その後、5合目で雨に降られたので、とりあえずロケハンということで、麓のコンビニまで下ったのですが、そこでもまた、“たぬき” が横切るは、“鹿” がキョトン顔で見ているは…

コンビニで子ども達のトイレを済ませ、食料を調達し、再度出発! というところで、ふとまた “鹿” に遭遇しそうな予感。
…っていうか、こんだけ遭遇できるということは、この辺にはきっと “鹿” が多く、日常茶飯事? 的?? なのかな??? ぐらいな感じ〜! なのではと。

で、「鹿さんカメラ」 と名付け、EF 70〜200ミリ F2.8L IS とクリップオンストロボを装着したカメラを、運転席のかたわらに用意し、再度山道を登ることに。車をゆっくり走らせ、運転する僕はもちろん、車中家族もそれぞれの窓から動物探し。

霧の中で “鹿” の光る目を発見!
ここで問題なのは… ただでさえ周囲は暗し、ヘッドライトの照らす方向しかピントがわからない上に、しかも “鹿” は深い霧の中。

とりあえず、霧の “鹿” (上の写真) を撮影したのですが、濃い霧にストロボが反射し、“鹿” の目だけ光る、なんだかよくわからない写真に。
その後 “きつね” も車の前を横切るも、一瞬だったので撮影できず…  ムムム…

IMG_9024.jpg
5合目で星を撮影し、帰りも 「鹿さんカメラ」 を用意し、下りの山道。
なんだかんだ言って深夜1時半まで撮影していたので、子ども達は後の座席で寝てしまったのですが、ここでご立派な “鹿” に遭遇!! 運良く、道路のカーブの正面のところ。

カーブの正面なら、車のヘッドライトを当てることができるので、カメラのピント合わせも心配なし、深夜で山道なので、他の車が居ないので、車を停めても迷惑にならないし、とりあえず、1カット。

そのご立派な “鹿” は、角もそこそこ長く、車を停めてヘッドライトを浴びていても、ストロボが光っても、悠然と草をはんでいる牡鹿。
うーん、カッコイイな〜!!
とりあえず、車窓から数カット、ストロボを飛ばし撮影しても逃げる気配がないので、車を降りてみることに。
IMG_2797.jpg
ドアを開け閉めしても動じない。興奮して僕に突進してこられるても怖いのですが、忍び足で近づき1カット撮影。
推定撮影距離… うーん、およそ10メートルくらいでしょうか。

1カット撮影したところで、何事もなかったかのように、ゆ〜っくりと静か〜に、森の中にいってしまいました。
にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
にほんブログ村
posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 【写真】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33070541
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック