2009年08月04日

続・大きな玉ねぎへの想い(中編)

IMG_9806.jpg
今回、「第44回全日本少年剣道錬成大会」「第34回全日本選抜少年剣道個人錬成大会」の取材撮影を依頼していただいたのは、北海道の株式会社ipnet (アイピーネット)という会社で、アマチュアスポーツ総合ポータルサイト「EXPO(エキスポ)」を開設している会社です。

この取材に際しカメラマンを探したらしく、「剣道」「カメラマン」で僕のブログとWEBサイトが検索で引っかかり、お問い合わせがきました。

僕のブログには、所属している加賀原剣友会の記事やリンクが張っているのと、剣道経験者でカメラマンというところがお目に止まったとのこと。

そんな “ひょんなこと” から、まさか大人になってから仕事として、剣道の全国大会で武道館に行くことになるとは思ってもいないこと。

もう20年くらい前、写真学校の学生時代に武道館の屋外で、この全国大会の記念写真屋さんのアルバイトをしたことはあるのですが、今回は武道館の中で試合を撮影する仕事。

IMG_0058.jpg子どもの頃全国大会に出場はできなかったけれど、大人になって全国大会を撮影するなんて、うれしいやら、何とも複雑な気持ちやら…

あの頃を思い出し、試合をする少年剣士の鼓動、試合に勝ったうれしさや、試合に負けた悔しさが、撮影している僕にも伝わってきました。

7月28日・29日の両日行われた「第44回全日本少年剣道錬成大会」「第34回全日本選抜少年剣道個人錬成大会」は、日本武道館に試合会場を16面つくり一気に試合を行うので、もう大変! でしたが、全国大会のレベルの高さを目の当たりにして、撮影する僕も気が抜けない状態。 ホント真剣勝負でした!!

心地よい試合の緊張感と憧れの武道館への想い。
そして日本武道館には剣道以外にもいろいろな想いもあるので、そんな武道館に対する様々な気持ちが僕の中で交錯する中での取材だったのでした。

つづく…
にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
にほんブログ村
posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 00:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 【剣道】
この記事へのコメント
大きなたまねぎといえば・・私にとっては武道館に通った高校時代・・。コンサートに通いました。
ベック、クラプトン、レインボー・・・。アリーナも剣道場になるとこんな風になるんですね・・。
会場に入った瞬間のどこか身の引き締まる、凛とした感じはやっぱり武道場だからなのでしょうね〜。
コンサートにいって感動したい!!と思う今日このごろ・・

そういえば、今BSで佐野元春さんが大学のキャンパスで学生を前にして、ミュージッシャンにインタビューする番組がはじまりましたね。ハリウッドスターにインタビューする外国の番組のまねっこのようですが・・。とても面白いと思いました。時代をひっぱってきたミュージッシャンの方々、たくさん登場してくださるといいなぁ〜
Posted by mizj at 2009年08月07日 16:51
mizjさん
後編の前フリ?! ありがとうございます!?
いやー 偶然、書きたかった内容と微妙にシンクロしていて、ちょっとビビリました〜 (笑)

剣道の大会は…
凛としたというよりも、藍染めの稽古着と汗が混じり合った剣道独特の香りが…   ←オイオイ
もう、とにかくドンドン試合が進んでいくので、結構慌ただしいですよ。

とにかく相手に打っていくので、大人の試合とはちょっと違いますね。

BSの佐野元春さんの番組、いいですね。
小田和正さんと、さだまさしさん(途中からですが)見ました。

いろいろな話が聞けてうれしくなります。

生で聞くことができる学生がうらやましい…

みんな、どんなことを考え、そして10年後20年後に自分自身に残っていると良いけど。

今後登場してくださるミュージシャンも気になりますね
  
Posted by 猫 ☆ ニャン太郎 at 2009年08月08日 03:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31034913
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック