2015年02月15日

神田時来組 「大新撰組」 公演、残すところあと1回公演! その最も重要なシーン!?

3A8A7531.jpg


さあ、いよいよ神田時来組さんの舞台公演  『大新撰組 〜不器用にしか生きられなかった自分(おとこ)たち〜』 は、残すところ本日(日付が変わったので)15日(日)のあと1回のみ。

この約10年間、神田時来組さんの幕末もの時代劇を撮影してきましたが、実はその舞台演出には共通する最も重要なシーンがあり、ずーっと撮りたかったイメージ表現が前々からあったのですが、今回の舞台撮影でそのシーンを、ようやく自分が満足できる写真を撮ることができました。

もうご覧になった方は、このシーンの意味がよくおわかりになると思いますが、まだご覧いただいていない方もいらっしゃるので、ここでは深くは語りません。

ただ、僕はこのシーンで泣けます。

いろいろなことを考えて。

そんな、泣けるシーンを自分が思い描いたイメージで撮れたことに、さらに泣けます。

ぜひ劇場へ足をお運びいただき、実際に舞台をご覧になって体感してくださいね。

舞台の詳しい情報やチケットなどについては 【こちら】 から!!

よろしくお願いいたします。

キャスト、そしてスタッフの方々、千秋楽がんばって!
そして、美味しいお酒を召し上がってくださいね。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村





posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 【神田時来組 『大新撰組』】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113708974
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック