2017年08月13日

大切な写真データを消しちゃった?!消えちゃった?!時のリカバリーソフト『EaseUS Data Recovery Wizard Professional 11.6』のご紹介!

WS000064.jpg


先日、当ブログのPC画面左側の私のプロフィール欄にあるウェブ対応用のメールアドレスより、EaseUS社の『EaseUS Data Recovery Wizard Professional (データ ・ リカバリ ・ ウィザード ・ プロフェショナル) 11.6』をブログにて紹介してほしいというご要望をいただき、何度かやり取りを重ねた結果実際に使用してみることにしました。

一般的によくあるデータ消失の事例としては…
撮影で使用したSDカードやCFカードなどのメディアをパソコンにバックアップしたつもりで…実はバックアップされていないままカメラでフォーマットしちゃうといった、うっかりミスではないだろうか?

もしくは、撮影途中でいらない不要な画像をカメラで個々に消去して…といった時に、必要なデータもうっかり消去してしまった…なんてケースもよくあること。

いずれも、うっかりケースなのだが、よく起こりうること。

なので私は、撮影したメディアからパソコンにデータを移す際には、まずフォルダーごと全データを一気にパソコンへと移動させ、その後必要に応じて種類ごとに分配していくようにしていますし、また撮影中も失敗や不必要なカットを写してしまったとしてもカメラでは消去しないようにしています。

それは…デジタルカメラが出てきた初期から使用きた中での数ある失敗から学んだこと(苦笑)
実のところ、この何年もデータ リカバリーソフトにはお世話になったことはないのですが…

ということで、単純にデータを消去してしまうのは自分のミスということになってしまいますが、しかしそれだけではなく使用するメディアの不具合や、時々発生するカメラとメディアとの相性で、突然書き込みができなくなったとか、データが表示されなくなったなどといった物理的なトラブルは機械なので起こりうること。

そのような場合でも、データ復旧が必要になるケースがありますし、メディアの故障の症状によってはデータ リカバリーソフトで復旧できるデータもたくさんあります。

さてさて、前置きが長くなってしまいましたが、さっそく『EaseUS Data Recovery Wizard Professional 11.6』をダウンロード。

↓ダウンロードはこちらからできます↓
https://jp.easeus.com/data-recovery-software/drw-pro.html

まず「無料体験」版があるので、ダウンロードしてみました。
あと過去に撮影で使用したCFカード16GBで、カメラでフォーマット(初期化)したものを用意。

ダウンロードするとデスクトップに
WS000022a.jpg
のアイコンができ、それをクリックすると、

WS000035.JPG


上のように「ディスク情報を読み込み中…しばらくお待ちください…」という起動画面がモニターの画面中央部に表示されます。

WS000036.JPG


その後、私のパソコン環境で1〜2分くらいでしょうか、「ディスク情報をロード中…しばらくお待ちください」が表示され、

WS000037.JPG


パソコンにつながっている外付けハードディスクやSDカードやCFカードなどの記録デバイスが表示されます。

WS000038.JPG


今回はCFカードをスキャンするのでCFカード(画面ではEOS_DIGITAL(J:))を選択。
当然、フォーマット済みなのでインジケーターは真っ白。

WS000039.JPG


画面中央下にある「スキャン」をクリック。

WS000040.JPG


WS000041.JPG


WS000042.JPG


今回スキャンした16GBのCFカードおよび私のパソコン環境でスキャンにかかった時間は約8分ちょっとでした。

画面中央上部にインジケーターと時間の表示がありますが、時間表示については最初3分 → のち2分 → のち1分のカウントダウンの繰り返しで、予想される総時間の表示ではないようですので、残念ながらあまりあてにはならないようです。

進行具合の確認ということでしたらインジケーターの進捗状況で判断するしかなさそうです。

スキャンするメディアや記録デバイス、パソコンのマシンパワーなどで時間は変わってくると思いますので、単純にスキャンするのには時間がかかるということで思っていただければと。

当然、機材の個々の動作環境などが違いますので、もっと時間がかかる場合もありますのでご注意を。

WS000043.JPG


WS000044.JPG


スキャンが完了し、とにかくいろいろ開けてみると…各項目に画像データが存在しており、特に「特別な失われたファイル」という中に消去された画像データがゴボット!と入っておりました。

先日撮影で使用した際に、16GBの容量を使いきらず途中までしか使用していなかったため、前々回に撮影したデータも出てきました。

また、数カットずつですが、もっと前に撮影したデータも含まれておりました。

データは、「すべての種類」の他に画面上部左側に「画像」「オーディオ」「ドキュメント」「ビデオ」「メール」「その他」とファイル形式の分類があり、、探し出したい必要なファイルを表示することができるので簡単に見つけ出せそうです。

また画面下部右側に「プレビュー」「大アイコン」「詳細」「プレビューパネル」と表示も変更がかのうなので、画像データの場合はデータ復旧を沿いたい必要な画像を絵柄で確認することが可能です。

WS000046.JPG


さて、まあ、とにかく消してしまった全種類のデータを全部復元!ということで、全ての項目にチェックを入れて「リカバリー」なのですが…無料体験でできるのはここまで。

つまり、復旧したいデータが存在しているのか?していないのか?の確認ができるだけ。

実際に復旧するにはライセンスを購入しなければデータを復旧することはできません。

WS000047.JPG


ということで、ここからはライセンスを購入した後の話の続きになります。

今回は、16GBのCFカードに潜んでいる全データをとにか全部復旧してみようということで、全ての項目にチェックを入れ、画面下部右側にある「リカバリー」ボタンをクリック。

WS000048.JPG


WS000049.JPG


WS000056.JPG


「リカバリーするファイルの保存先」を指定する画面が現れ、保存先を指定します。

WS000057.JPG


WS000058.JPG


WS000059.JPG


保存先のフォルダーを指定し「OK」をクリックするとリカバリーが開始されます。

ちなみに、今回16GBの全データをリカバリーするための所要時間は約30分でした。

リカバリーにかかる時間も、リカバリーするデータ量やマシンの動作環境などにより時間が異なりますので、あくまで今回使用した16GBのCFカードの全データを復旧するのにかかった時間程度の目安として参考にしてください。

WS000060.JPG


WS000061.JPG


スキャンが完了すると、「リカバリーが完了しました!」と表示されるのと同時に、保存先のフォルダーが立ち上がり表示されます。

これで、復旧完了です。

データは上書きが繰り返される程、どんどん過去のデータが壊れていきます。

単純に消去しただけ、初期化しただけなら、かなり高い確率でデータを復旧復元することは可能ですので、消えてしまった、消してしまったからといってあきらめず、気がついた時点で、まずそのメディアをそのまま使用し続けるのをやめ
EaseUS Data Recovery Wizard Professional 11.6』を試してみてはいかがでしょうか。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村





posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 【写真】

2017年08月01日

『CAPA』 2017年8月号 発売中!!

P1180246.jpg


『CAPA』 2017年8月号 が発売中です!!

今月号で僕の仕事が掲載されているページは…

EOS 6D MarkUデビュー / 絶景・山風景の撮り方 / 別冊付録「一眼ムービー超入門」
『CAPA』 2017年8月号

P14〜15 【ニューモデル特レポ!】 『ライト&ベストバランス!! これがみんなのフルサイズ一眼レフキヤノン EOS 6D MarkU』 見開きトビラ・イメージカット


以上です。

ブログ本文のアンダーライン(もしくはブラウザによっては色が変わっている文字)の部分はチラ見画像がリンクされていますのでご覧になってみてください。

このブログのamazonのバナーからや、全国の書店にて、ご購入いただけますので、ぜひご覧ください。

よろしくお願いします!!


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村





posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 【掲載誌】