2014年05月02日

【等倍マクロ!】 スズラン

3A8A2508.jpg


ウチの周りでは、この時期スズランが咲きます。

スズランの花、かわいいですよね〜(笑)

今日、毎年咲いているところに行ってみると、きれいに咲いてました〜

なので、さっそく等倍マクロ!

スズランの花は下を向いているので、下から撮影しないとその小さな 鈴” のような可憐さはわかりにくいので、上からではなく下から覗きこむように撮影したいところ。

そのような下からのポジションやアングルでは、バリアングル液晶といった自由な角度に可動させることが可能な液晶でライブビュー撮影が楽なのですが… あいにく僕の使っている キヤノン EOS 5D MarkV は可動しない液晶。

まあ、仮にバリアングル液晶でも、等倍マクロ撮影でピント位置固定で微妙な前進後退をしながらピント合わせを液晶モニターを見ながらライブビュー撮影するっていうのも、それはそれで大変かな??

やっぱ、光学ファインダーのついた一眼レフの利点である、レンズからの生の映像をファインダーで、自分の目でライブで見た方がピント合わせもしやすいし…

ってことで、そんなこともあろうかと用意した (昔っから持っている) アングルファインダーを接眼部に装着して撮影〜

アングルファインダーを装着すると、ローポジションやローアングルからでも光学ファインダーで撮影しやすくなるので便利! なアイテムなんですね〜

持っててよかった〜(笑)

3A8A2525.jpg


撮影していると、目の前にあったスズランの葉が逆光で透過してキレイに輝いていたので、ついでに葉っぱも等倍マクロで撮影〜

葉っぱを等倍マクロで撮影する意味はあるのか? と問われると困っちゃうんですが(苦笑)

まあ、何でもかんでも等倍マクロで撮ってみようという趣向なもので…

ちなみにスズランは、スズラン亜科スズラン属の多年草で、君影草 (きみかげそう)、谷間の姫百合 (たにまのひめゆり) という別名もあるんですって!

しかも調べてみると、昨日5月1日フランスでは 「スズランの日」 で、今日5月2日の誕生花? らしいんですよ!!

そんなことも知らずに今日5月2日に撮影したのですが、まさに偶然にもタイムリーなネタというか意味にビックリ!!

スズランの花言葉は 「幸福が訪れる」 とか、「幸福の再来」 とか、「意識しない美しさ」 とか、「純粋」 や 「純潔」 とからしいですよ。

幸福が訪れますように!(笑)

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村





posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 【等倍マクロ!】

【等倍マクロ!】 ナガミヒナゲシとバッタの子

3A8A2573.jpg


毎年、この季節になると道端によく咲いているのを見かける気になる花…

名前知らないしな〜 と思いながら過ごしていたのですが、等倍マクロで撮ってみるか〜と思い調べてみると 「ナガミヒナゲシ」 という花だそうで…

ん? ヒナゲシっていうと… ♪おっかの上〜♪ (←古い??) の種族なんですか??

まあ、ヒナゲシにもいろいろ種類があるみたいで、多分あの歌で歌われているのはこのナガミヒナゲシではないと思うのですが(苦笑)

で、ナガミヒナゲシが咲いていないかな〜 と彷徨っていると、あっけなく発見!

3A8A2582.jpg


さっそく、どの花がきれいかな〜 と探していると、花の中にバッタの子? が顔を突っ込んでいるのを発見!!(笑)

モデルさんまで用意してくれるなんて〜 もうなんて気が利いている計らい! (笑)
ありがたい! ってことで撮影〜

ということで、トップの横位置の写真と、上の縦位置の写真を 【等倍マクロ!】 で撮影。

3A8A2572.jpg


撮影状況的には上の写真のような感じでしたが (バッタいるのわかります?)、このナガミヒナゲシは茎が長く、撮影時は風が吹いていたのでクラングラン揺れて、もうピント合わせ & フレームに収めるのが大変!(苦笑)

【等倍マクロ!】 は、ピントを固定したまま、もうホントに超微妙な前進後退だけでピントを合わせになるので、もう気合いを入れた連写が決め手! になる撮影。

手持ちで撮影だったので、たくさんピントが甘い & ぶれているカットを増産してしまいました〜

しかし花の中にいたバッタの子… こんなクラングラン揺れるところによく居られるな〜 と。

もう揺り籠とは言えないくらい揺れていたので酔わないのかな〜?? なんて思いながら、ファインダーを凝視していた僕の方が酔いそうに、いや若干酔ってしまったかも〜な感じに(苦笑)

3A8A2617.jpg


3A8A2634.jpg


その後、バッタはどっかに行っちゃいましたが、バッタのいなくなった花と、近くにあった蕾を等倍で撮影してナガミヒナゲシの撮影を終了したのでした〜

ちなみにこのナガミヒナゲシはケシ科の一年草でヨーロッパ方面が原産の帰化植物らしいです。

アルカリ性土壌を好むと考えられていて、コンクリートによってアルカリ化した路傍や植え込みなどに大繁殖しているのがよく見られるのだとか。

だから車を運転していると中央分離帯とかの緑地でよく見るんだ〜 と納得。

名前のナガミは実が長いことから、長い実のヒナゲシということでつけられたらしいです。

ナガミヒナゲシの花言葉は… 「心の平静」 「慰め」 なんですてよ〜

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村





posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 【等倍マクロ!】

5月の風

3A8A2670.jpg


今日は、暑かったですね〜
気象庁発表の横浜の13時の観測気温は24.8℃だったらしいですよ。

昨日今日とカレンダー上では連休の合間の平日でしたが仕事はナシ。

会社員の方々は、ノンストップ11連休の方も多いんでしょうね〜

うらやましいですね…

って、自分も休んでんジャン?! って思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、休みではなく仕事が入ってこないってだけなので、誤解なさいませんように(笑)

昨日6年生の次男は学校の 「なかよし遠足」。
6年生は1年生と、5年生は2年生と、4年生は3年生と、という上級生と下級生が一緒に行く遠足でした〜

今日は高校生の長男が 「社会科見学」 という名の遠足と、カレンダー通りの学校では昨日今日の連休の合間の平日は遠足にするのが多いみたいですね(笑)

昨日は、街角のいたるところで幼稚園児たちの遠足と思しき一個師団を方々で見かけましたし。

まあゴールデン・ウィーク中の平日なんて、勉強する気もなくなるでしょうし、授業のシフト的にも大変でしょうから、ある意味そういう普段とは違うことに充てるのは、いい判断だと思います。(笑)

まあ、そんなこんなで子供たちは遠足。
カミさんは仕事。
仕事もない、ただのヒマ人? の僕は… 1人で遠足に。(笑)

って言っても、写真を撮りに車で出かけただけ〜

って、そんなの通常と何も変わらないジャン?! なわけですが、まあ遠足は遠足。

で、ブログの新しいカテゴリーを 【等倍マクロ!】 つくったという訳です。

今日も昨日に引き続き 【等倍マクロ!】 を撮りながら、あちらこちらへ。 
最終的には、毎度おなじみの四季の森公園に行きました。

四季の森公園には広大なアシ (ヨシ) の生い茂る湿地帯があるのですが、アシ (ヨシ) の新緑が輝いていました〜

アシか? ヨシか? は、関東ではアシ、関西ではヨシというのが、一般的らしいですよ。

3A8A2683.jpg


今日は暑かったので、気持ちのいい風でも吹かないかな〜 と思っていたのですが、なぜか? さっきまで風を感じていたのに、パッタリと止んでしまい…

それでも、風よ来い! 風よ来い! と念じながらカメラを構えたまま (三脚持っていかなかったんで…) 待っていると… 来た!!

あし原を駆け抜ける、さわやかな風。

いつもそうだけど、念じれば来るよね〜〜〜
な〜んて思いながら手持ちスローシャッターでアシをぶらして撮影。

そんな5月の風を感じながら彷徨ったのでした〜(笑) とさ。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村





posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 【日記】

【等倍マクロ!】 ベニカタバミ? かな??

3A8A1999.jpg


ってことで、またまた 【等倍マクロ!】 ネタの連チャンで恐縮です。

等倍マクロは、カメラのイメージセンサー上で等倍という意味なので (この 【等倍マクロ!】 初回で解説していますので、そちらをご参照くださいませ)、どうしてもイメージセンサーの大きさを考えて、被写体は小さい物で… とか、あと… とりあえず一般ウケしやすい被写体かな〜? とか、まあ手始めにきれいな野の花々シリーズからいってみよう! ってことで、タンポポの綿毛から始めてみました。

で、昨日タンポポの綿毛を撮っていると、その周りには… そういえば今まで目に入ってはいたものの名前も無いような (←いや、んなこたーない。名前はある!)、もとい名前の知らないような、小さくて可憐な野花たちがたくさん。

まあ、そんな野花をたくさん撮ってみたのですが、やはり名前がわからないでいくつも掲載するのも、自分の無知さ加減を曝け出してしまうことですし、その花にとっても失礼な話ですし… ってことで、とりあえずいろいろ調べてからかな? ということにしようかと。

でも、もしかしたら結局調べきれずに、そのうち 「名前の知らない花」 ってことで掲載しちゃうかもしれませんが(笑)

で、昨日撮影中に、多分今まで見たことがなかったかな? と思われる紫色のきれいな花を発見!

ちょうど光線状態も良く、写真も美しく仕上がったので、これはぜひとも掲載したいと思い、必死に花の名前を調べてみました。

結論として、多分… ベニカタバミ (?) ではないかと…

なんとなく、色や形から外来種? かな?? という雰囲気が漂う華やかさ。

似たような花に イモカタバミ や ムラサキカタバミ というのがあるらしいのですが、写真の花はベニカタバミ かな? と。

南米原産で帰化した植物で、カタバミ科カタバミ属の多年草らしいです。

【等倍マクロ!】 をやり始めると、いろいろなこと勉強になるな〜 …っていうか… ネットに出すなら勉強しなきゃ! かな?? (苦笑)

なにせ植物の専門家ではないので、いろいろ間違いや勘違いなどがあると思いますが、今後も間違いなどがありましたら、随時ご指摘くださいませ。

都度訂正していきたいと思います。

まあ、とりあえず、今後も 【等倍マクロ!】 いろいろ撮影していきたいと思います!(笑)

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村





posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 【等倍マクロ!】

【等倍マクロ!】 シロツメクサ

3A8A2286.jpg


昨日というか、日付が変わってしまってから記事をアップした新カテゴリー 【等倍マクロ!】 ですが、記事が1個だけっていうのもさびしい話なので、とりあえず昨日撮影したシロツメクサの等倍マクロ!を(笑)

【等倍マクロ!】 については、この記事の前にアップした、
2014年05月02日 『新カテゴリー 【等倍マクロ!】 追加!! 初ネタはタンポポの綿毛』
で解説しておりますので、そちらをご参照くださいませ。

さて、子供のころからこの季節になると見慣れているシロツメクサ。

ついつい冠や首飾り、腕輪など編んでしまう人も多いのではないかと思います。

そういえば、子供のころ友達の女の子にもらったな〜(←遠い目)

僕は編んだことがないので、編める人は尊敬してしまいます。(笑)

3A8A2264.jpg


そのシロツメクサを等倍で撮影してよく見てみると、単なる白い花びらがたくさんある花? と思っていたのですが、白い部分の1つ1つが花になっているような形の集合体? なのがわかります。

まあ、植物の専門家ではないので、詳しいことはよくわからないのですが(苦笑)

でも、面白いでしょ?(笑)

小さなものでも等倍で撮影して拡大してみると、普通なら見えない部分や見落としがちなところ、知らなかった一面などがよく見えてきますね。

なので、これからいろいろ撮ってみようかな!と(笑)

ちなみに、シロツメクサの花言葉は 「約束」 「私を思って」 「復讐」 などなどなのだそうですよ。

あ、この前の記事でアップしたタンポポの花言葉は 「別離」 「思わせぶり」 「神のお告げ」 「真実の愛」 「愛の神託」 らしいですよ。

ってことで!

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村





posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 【等倍マクロ!】

新カテゴリー 【等倍マクロ!】 追加!! 初ネタはタンポポの綿毛

3A8A1805.jpg


ブログのカテゴリーに 【等倍マクロ!】 を追加することにしました〜(笑)

というのも、まあ… ちょっとでも変わったことをやっていないと目立たないし〜 ってことで。

このブログをPCやスマートフォンなどのPCモードで見ると、左側にずらずらといろいろ表示されるのですが、その中間部に 「カテゴリ」 欄があります。

PCの業界用語は「ー」←(音引き) を省略する流儀があるようですが、まああえて音引きを入れて 「カテゴリー」 を増やそうかと。

で、まあ、どんなことでも先人がやっていたり、いまや誰でも、どんなところでもカメラで写真を撮っている時代なので、あえて何かを… とテーマを考えてみたところで、つまるところ誰かはやっているネタになってしまうのですが、どんなものでも、ひたすら等倍撮影にこだわってみるのも面白いかな? と。

まあその等倍撮影も、誰かはやっていたりするネタだったりするのですが、とりあえず始めてみないとね! ということで(笑)

ってことで、前置きが長くなってしまいましたが、そういうことで何でもかんでもって訳ではなかったりするのですが、まあ等倍撮影して面白そうなネタにチャレンジ! な企画をやってみようかと。

その初となる第1弾としてタンポポの綿毛を撮影してみました〜!

被写体的にウケが良さそうなところで(笑)

が!! ここで等倍マクロ撮影とは何ぞや? とお思いの方も中にはいらっしゃると思うので、簡単に説明をば。

あ、説明はデジタル一眼についてです。コンパクトデジカメはカメラの構造や機能が違うので当てはまらない部分がいくつかありますのでご注意ください。

カメラのレンズには、それぞれのレンズでピントが合わせることができる範囲で一番被写体の近くで撮影できる距離の最短撮影距離というのがありまして、一般的なレンズの場合、小さな被写体を大きく捉えようとして、最短撮影距離を超えて接写しようとしてもピントを合わせることはできません。

なので、小さい被写体を接写するには、被写体の至近距離でもピントを合わせることができる 「マクロレンズ」 というのが必要になります。 

そのマクロレンズにも焦点距離の違い (180ミリとか、150ミリとか、100ミリとか、90ミリとか、60ミリとか) と、あと最短撮影距離の違いがあるのですが一部のマクロレンズを除いて、おおむね 1:1 つまり等倍まで寄って接写できるレンズが主流です。

で、その 1:1 (等倍) とは何ぞや? というと、カメラのイメージセンサー (撮像素子) 上に被写体が同じ大きさで写せるというのが等倍という意味になります! パチパチパチパチ〜

って… わかりにくい? かな??

では、下に解説用の画像をご用意いたしましたので、それを見ながらってことで。(用意がいい)

IMG_8013a.jpg.jpg


今回使用したカメラはフルサイズのイメージセンサーを持つ我が愛機 キヤノン EOS 5D MarkV です。僕が撮影した物撮りです。←そんなのどうでもいいて。

イメージセンサーは画像を写し取るセンサーのことで、上の写真はイメージセンサーを見せるためにシャッターを開けた状態で撮影しています。

まあ、つまりフィルム時代を知っている人には、デジカメのフィルムの部分だと説明したほうが早いかもしれませんね。(笑)

で、イメージセンサーの大きさがフルサイズの キヤノン EOS 5D MarkV のセンサーは、写真中に赤い線で囲み矢印でココとしてありますが幅36ミリ × 高さ24ミリ。

そのセンサーの中で 1:1 (等倍) ということは、つまりセンサー上で実物大で写っているということになります。

IMG_8013b.jpg.jpg


っていうことで、ドン!

まあ、こんな感じですかね〜

あ、写真は実物大で表示されていないのと、実際にはレンズを通すと上下左右逆さまになるので、あくまでイメージとして考えてくださいね。

※写真はクリックすると、ちょっとだけ大きく表示できます。

3A8A1748z.jpg実物大に近い大きさだと… こんな感じ?

たぶん使用しているモニターやスマホなどの機器によって表示は変わってくるのではないかと思いますが。

まあ、いずれにしてもイメージセンサー上で実物大というのが 1:1 等倍撮影ってことになります。

仮にAPS-Cサイズやマイクロフォーサーズなど、フルサイズよりもイメージセンサーが小さいカメラで等倍撮影した場合は、センサーサイズの大きさにより周囲が切り取られた状態、つまり被写体が写る大きさは同じですが範囲が小さくなります。

ってことで等倍撮影すれば、小さな被写体でも画面やプリントでセンサーサイズよりも大きなサイズにすれば、何でも実物よりも巨大に見せることができるっていうことになりますね。(笑)

ということで、まあ迫力を求めて、このネタを始めてみようかな? と。

3A8A1748.jpg


ちなみにこの写真は、上のセンサー部分の解説に使用した写真です。

一番上のトップを飾っている写真は絞り F2.8 (開放) で撮影していますが、この写真は 絞り F11 まで絞って撮影しています。

写真用語的に 「被写界深度」 の違いが分かるでしょ?

3A8A1791.jpg


で、同じ等倍で、撮影距離をほんの気持〜ち、ちょっとだけ前進すると、綿毛越しに種の部分が見えてきます。

これは絞り F5.6 で撮影。

3A8A2187.jpg


ほとんどのタンポポは綿毛がきれいに岐ロがった状態でしたが、近くにちょうど昨日の雨で綿毛がすぼまったタンポポがあり種の部分がよく見えるヤツガいたので撮影〜

ってことで、ひとまず今日の等倍マクロネタは終了〜

他にもいろいろ撮ってみたので、また時間があるときにでもアップしていきますが、とりあえず初回ネタにふさわしく? 解説付きの記事でした〜

たぶん、巨大なプリントにしたら迫力ある写真になるだろうな〜

楽しみ! ってことで(笑)

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村





posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 【等倍マクロ!】