2013年11月13日

スケジューリングの変遷

3A8A0845.jpg

僕は社会に出てから今まで、カメラマンとしての活動しかしたことがありません。

写真専門学校を卒業してすぐに、新聞社の新聞ではなく出版局 (雑誌や書籍) の写真部の委託カメラマンを3年間していた時代もありましたが、立場的にはフリーランスのカメラマンでしたので、フリーランスのカメラマンを20年以上、そして職業もそれしかやったことが無いという…

雑誌やWEB関連など、いわゆるメディア系の原稿を執筆することもありますが、それもカメラや写真に関連することしかやったことがないので、つまりカメラマンとしての活動が根本になるものだけで、それ以外のライター的なやったことがありませんし、カメラマン以外のアルバイトなどの副業もやったことがありません。

出所というかスタート地点が、いわゆる報道系、出版系だったので、撮影や仕事の依頼も1週間前に依頼があれば超早い方で、3〜4日前ならまだ良いものの、前日前々日など直前に依頼があるというものがほとんどで、つまりは突然の仕事に対応できないと食いっぱくれるという…

なので、自分や家族のスケジュールなど私的な都合などよりも、いつでもどんな時でも基本的には仕事優先、常に来るか来ないかもわからない仕事に待機状態というのが日常です。

しかも、自分は1人しかいないので、仕事の依頼が重なってしまうと、分身の術が使えないので (笑) 後からカブって来た仕事はことわざるをえないという… 何とももったいない事態になってしまうことも多々あります。

5〜6年前、まだ30代の終わりくらいだった頃は年代的にも若かったし、不景気とはいえ社会的にもまだまだドン底ではなかったので、夜中や明け方まで仕事するくらい今よりも仕事はたくさんありましたし、それにまだまだ体力もあったし、体も動いたのですが…

しかしリーマンショック以降の急速な不況、さらには震災による影響、カメラのデジタル化の進歩による仕事の大幅減少、そして自分より若い年代からは使いにくい40代という難しいお年頃などなど、仕事の量だけでなく、それに伴いライフスタイルを変転せざるをえないのが、ここ数年というところでしょうか。

まあ、いろいろな意味で歳とったな〜と。

でも、家族は食わせなきゃいけないですしねー 今さら他の仕事と言っても今までカメラマンしかやったこと無いですし、何とか生き残る術を… と模索する毎日ですが、正直カメラマンとしてというか、カメラマンしかしないで今まで生きて来れたのが自分でも不思議なくらい。

ここ数年、社会情勢の推移により、あきらかに変わってきたのは仕事のスケジュールですかね〜

月刊の雑誌などが多くやっていた頃は、1ヶ月の中でも20日過ぎから月末、そして翌月の10日くらいまでが行き着く暇もないくらい忙しく、11日以降から約10日間は暇… なんていう毎月を過ごしていましたが、今は10日前後から25日くらいまで暇なんてことも?!

それに伴い仕事の内容も変えていかないとというところなので、このところ平日の仕事よりも、なんだか土日に仕事しているのが多くなったような気が…

まあ、随分前置きが長くなってしまいましたが、そんなライフスタイルの変換期を迎えているお年頃ですが、そんな中なんとビックリ! 今年はこれまでに経験したことが無い半年以上もの長期先の仕事のスケジュールが入ってきました!!(笑)

来年4月から、いつも大変お世話になっているエインズレイ・ジャパン様で、来年4月から全6回コースのフォトセミナーの講師を務めることになりました〜

そのお話し自体は、先々月の9月からいただいていたのですが、告知などの関係上日程のスケジュールなどの調整が大詰めになりまして、年をまたぎ年度もまたぎと4月〜7月に至るまでの半年以上先にも及ぶ超長期的な日程を決めなければいけないということで、あわてて来年分のシステム手帳を買いに行って来ました〜(笑)

まだ秋なのに来年春から夏にかけてのスケジュール!?(汗)

例年の仕事のパターンだと、年末年始での1年というくくりよりも、日本的な年度でのくくりの方が考えやすいのと、いまだかつて半年以上の長期先のスケジュールを確定する仕事が無く、全てが直前だったのと、子ども達の学校のスケジュールがわかるのが年度始めなのと… なので、いつもは年度終わりに来年度から1年間のシステム手帳を買い足すのですが、手持ちの手帳だと来年3月までしか無い…

なにせ、その先の来年4月からのスケジュールなので、とりあえず来年1月から1年間の手帳を買いに走りました(大汗)

まだ日程の調整段階ですので、フォトセミナーの詳細日程が決定したら皆さんに告知したいと思いますので、ぜひご参加いただければ幸いです!(笑)

ここ数ヶ月ちょっと感じていることは、来年はいろいろな意味で僕のライフスタイルが変わっていく時期に来ているような、そんな気がしています。

風が変わったかな??と。

そしてこれを期に、僕の運気もV字回復していくような、そんな予感も (←超絶賛希望的観測)

なんにしても、カメラマン一筋でこれまでやってきたからこそだと思いますし、まあ年代によって役割も変わってきますから、そんなお年頃になったんだろうな〜と。

まあ、そんなことを長々と書き綴ってみましたとさと。

写真は、先日ロケで行った日光江戸村です。
時代劇の撮影などでも使用されている 「活動写真の里」 という場所の紅葉が見頃でした〜 

あ、毎月10日以降から25日前後までの平日は比較的時間に余裕がありますので、仕事が入れやすい状況ですので、ぜひお仕事のご依頼をいただければ!と。

よろしくお願いいたします。(笑)

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村





posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 【仕事】