2013年05月06日

三崎で… うっ! マンボウ?!

3A8A1755.jpg

ゴールデンウィーク最終日の今日、家にいてもつまらないということで、家族を引き連れ三浦半島へドライブに行くことに。

まあ、いつものように事前に予定をたてての行動ではなく、単なる思いつきだけでの行動なのですが… とりあえず三浦半島の先っちょまで行ってみるか?? という感じのノリだけ〜 で (笑)

出発は、ちょうどお昼頃。

今日も、どこかに出かけるには出遅れた感いっぱいなのですが、まあいいか〜 と、のらりくらりなスタートとなりましたが。(苦笑)

で、横浜環状2号線 → 国道16号線 → 国道134号線などなど下道を乗り継ぎ、海を眺めながらのドライブ。

特に予定をたてているわけもないし、三崎のマグロ狙いというわけでもなかったのですが、何となく三崎港を通りかかったので、久しぶりに産直センター 「うらり」 に寄ってみると、あるお店で 「マンボウ お刺身用 (もう下ろしてある切り身) 」 が1パック500円が目に飛び込んできました。

3A8A1761.jpg

マンボウは食べたことが無いし、ちょっと興味があり購入することに。

その時点で15時を回っていたので、お店のおばちゃんが 「もう300円でいいよ!」 と。
聞くと、肝つきなので肝醤油で食べるのがオススメなのだとか。

300円だし、じゃあ2パック! ということで購入〜

今日の晩ご飯はマンボウの刺身! とワクワクしながら家路に。

途中、一部だけ渋滞にはまったものの、道を選びながら終始下道で19時頃に帰宅〜

開けてみると1パックに入っている切り身の量は結構なボリュームで、2パックの切り身を全て刺身に切ると、家族4人で食べきれないくらいの山盛り (深皿にたっぷり) のマンボウの刺身に。(苦笑)

初めて口にするマンボウの刺身は、淡泊で筋肉質なコリコリプリプリの食感で魚というよりも貝の食感に近い感じでしょうか。

肝も筋肉質というのか、しっかりした身で醤油に溶ける感じではないので、細かく叩き醤油に和えて肝醤油にして食べてみました。

肝も淡泊な口当たりでしたが、肝醤油で身と一緒に食べると、また一味違う感じで味わうことができました〜

いやー もうお腹いっぱ〜い!

そんな感じで、今年のゴールデンウィークは暮れていくのでしたとさ。

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村





posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 【日記】