2012年07月24日

やっとゆっくり寝られたwww!! けど… いまだ昼夜逆転中?! 

IMG_2291.jpg

このところ、夜勤撮影 → 昼間あまり寝ることができずにその他の仕事 → 原稿 → 撮影 → 某業界関係者のコミュニティ撮影会 → 取材… などなど、睡眠不足 & 昼夜逆転 というのか、微妙な時差ボケ? で、フラフラ気味だったのですが、ようやく今日ゆっくり寝ることができました〜

何度寝? したかわからないけど… 起きたらお昼過ぎてた… (実は微妙にショック)

でも、ちっとは回復したかな?

正直、昼過ぎまで寝ちゃったから、微妙に夜寝られるのか?? ちょっちゅ心配ですが、今日は体を休めたいな〜 と。

でも… 各方面いろいろな連絡がたまっていてだったり、やらなきゃいけない用事とかあるし… 何だかんだで起きてからパソコンの前に座りっぱなし。

うう〜ん… ゴロゴロしたい〜ぃぃぃ!

って、こんなブログ書いてないでゴロゴロすりゃいいのに… (自爆!)

よし! もう今日は何もしないぞ!!

ってことで、本日の業務は終了したいと思います。

写真は、某業界関係者のコミュニティ撮影会での1コマ。
5人の腕の色 (日焼け) が違うということで撮影したのですが…

左側手前の腕が僕の腕で、時計の跡がおしゃれでしょ?!
思わずマジックで時計を書きたくなってしまいますよね〜

でも… まだ結局☆の撮影からは、逃れられていない? ような感じですが。 (笑)
ついに、昼でも☆が見られるようになった? のか?? 的な〜 (笑)

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村





posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 【日記】

いいね! キヤノン EOS M 発表!! こりゃまた売れちゃうんだろ〜な〜 きっと♪

IMG_3965.jpg

昨日、キヤノンの新製品発表会に行って来ました〜

いわゆる記者発表のような現場は超久しぶり。(笑)

なにせ、お仕事的なことでいうと、媒体に依存するところでの間接的なメーカー様系のお仕事をしたことはあっても、メーカー様直々のお仕事をしたことがないという意味では、メーカー癒着度的? に、どのメーカー様にも極めて薄〜い、弱小カメラマンですので… (苦笑)

ただ、やはり30年もキヤノンを使っていると、僕自身の精神的なキヤノン癒着度? いや、キヤノンへの依存度は、面硬め・味濃いめ・背脂いっぱい!! ってところでしょうか。

さてさて、そんな新製品発表会もCAPAのお仕事で、久しぶりに行ってきたました〜

もう最近では、カメラの進歩により、ライターさんや編集者様が写真を撮ってしまう時代になってしまったので、いわゆる現場系なお仕事は最近めっきりカメラマンの出番が少なくなってしまったのと、年齢的におじさんは厳しいだろう? っていう、そんな思いやり? からなのか… まあ…

そういうことでは、おじさんを現場系カメラマンとして実戦配備として投入くれるCAPAは、今回の取材への力の入れ方はハンパ無い感じがヒシヒシと伝わってきます。(勝手な解釈ですが)

まあ、昔撮った篠塚… いや違った、昔とった杵柄! まだまだ若いモンには負けまへんで〜 くらいな勢いと、久しぶりの現場系な心地いい緊張感を感じつつ、気持ち良〜くお仕事ができました〜

で、昨日発表があったカメラは、もう既にいろんなメディアに取り上げられているので、皆さんご存知かと思いますが、キヤノン初、待望ののミラーレスカメラ キヤノン EOS M というミラーレス一眼!

これまで、ずーっと、出るぞ〜! 出るぞ〜! 出るぞ〜! と、真としやかに囁かれていたキヤノンのミラーレスカメラですが、ついに登場! 日の目を見ることに!!

カメラの細かいことについては、キヤノンのホームページや次号CAPA、各社メディアをご参照いただくこととして、僕の個人的な感想としては、奇をてらわずに真面目にしっかりと造られて出てきたなっという印象です。

人によっては新製品への期待というのが、ある意味無難な線を外したところの変化球だったり、目新しい機能などを期待している人もいるとは思いますが、ある意味そういう人から見たらつまらなく感じられるのかもしれませんが、EOSシステムの中での立ち位置や製品コンセプト、そして今後の展開なども含め、その全てを考え尽くされたところで出てきたカメラだと言えると思います。

IMG_4023.jpg

中身は、KissX6iとセンサーやエンジンなども同等ですから、言うまでもなく高画質であることは間違いない訳ですから。

まあ、そんな固っ苦しい話よりも、僕個人的には赤のボディがカッコイイな〜 とか、仕事でも使うことも考えたら黒かな? とか、やっぱ買うならダブルレンズキットだな〜 なんて、個人的ワクワク感バリバリ、欲しい! オーラ出まくり〜!! だったりするのですが。

だって、ダブルレンズキットにはEFレンズが装着できるマウントアダプターや外付けストロボもセットになっているんですよ〜

マウントアダプターを使うと、キヤノン純正のEFレンズ、EF-Sレンズの60種類以上からなるレンズが使える訳ですから、これまでのキヤノンユーザーなら手持ちのレンズが使えちゃう訳ですし、そうじゃなくてもこれからキヤノンっていう人でも撮影するレンズが選び放題! ってことですから。

また、豊富なEOSの全システムとの連携で、ものすご〜いシステムを作ることも可能な訳ですから、「Hello ミラーレス EOS」 というキャッチという意味でのコンパクトデジタルカメラからデジタル一眼へのステップアップという導入という意味だけではなく、キヤノンのカメラの中で一番レンズが使えるカメラという意味ではホント贅沢なシステムだよな〜 なんて考えちゃったりして。

それだけ、EOSシステムっていうのは充実しているというのか、成熟しているわけですから、ユーザー的には安心ですからね〜

発表会では、フリーアナウンサーの松本志のぶさんが司会で、EOS M のコミュニケーションパートナーを務める新垣結衣さんと妻夫木聡さんが登場!

トークセッションやフォトセッションで生ガッキーと妻ブッキー (←オイオイ、そんなん言わないし… 失礼しました。反省) を、いっぱいシャッター切りました〜

ちなみに、CM楽曲を歌うのは木村カエラさんで 「Hello Goodbye」 なんですってよ!!

そんな久しぶりの現場系仕事は、ある意味大企業のチカラ技感じた発表会だったのでした〜

こりゃまた売れちゃうんだろ〜な〜 このカメラ きっと♪
欲しいなぁ〜! (←心からの叫び)

だって、レンズいっぱい持ってるしー
ヨロシク!! (←って、誰によ?!)

以上、単なる個人的な感想を記事にしただけ〜 でした… ってことで!
失礼いたしました〜

とりあえず写真は、いろいろな縛りがあるので、無難なところにしておきますね。

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村





posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 【カメラ】

【特別企画】 お父さんのための 「夏の星空撮影講座」 Reported by 西村春彦 公開開始!!

IMG_0133.jpg

梅雨真っ最中の6月下旬から先日の梅雨明け初日まで、なかなか晴れずに何度も何度もあきらめずに撮影に出かけ、かなり苦戦していた☆空のですが…

おかげさまを持ちまして、なんとか記事を仕上げることができ、Webサイトimpress (インプレス) Watchシリーズのデジカメ専門コンテンツのデジカメWatchにて公開されました〜!

題して、【特別企画】お父さんのための「夏の星空撮影講座」 Reported by 西村春彦 です。

夏休み、家族で帰省や旅行、キャンプ、登山、海水浴などなど… 外出先で、お子さんと一緒に夏の夜空を見上げ星空を見あげる機会も多く、星空を撮影してみたいと思うのではないでしょうか。

そんな時にピッタリ! な、参考にしていただけるような内容の記事になったと思います。
もうタイミング的にも、まさにドンピシャ!! (笑)

お子さんの夏休みの自由研究に天体観測 (観察) を予定されているご家庭もあるかと思いますが、活用できる写真を撮ることができますよ。

ちなみに、ウチの次男 (小4) も、実は星のことについて夏休みの自由研究にすることをクワダテているようなのですが… どんな内容にするのかは不明…

あ、今回の記事は、ウチの子のクワダテとは一切関係なく企画をご依頼いただいたものですし、逆にこの企画ありきでウチの子の自由研究が決まったという訳でもありません。

全てが関連性のないところで偶然にも一致してしまっただけですので、皆さまにはその辺のことを誤解されませんよう、お願いいたします。

タイトルが 「お父さんのための」 となっていますが、記事の内容的には、お父さんのためだけではなく、初心者向けの星空撮影方法についての解説でまとめております。

決して天体撮影のマニア向けの記事ではございません。

なので、一般的なカメラ (デジタル一眼) で撮影する方法の解説ですので、いわゆる天体系の専門的な機材やレタッチでの合成などについては触れておりません。

あくまで星空を撮影することの初心者向けに、誰でもカンタンに撮影が楽しめるような内容でまとめましたので、いろいろな意味で知識の多い方々にはもの足りないかもところかもしれませんが、今回の記事主旨やターゲットになる読者層について、よ〜くご理解ならびにご考慮いただき、ツイッターや掲示板などでの変なツッコミやご批判、ご自身の持論を展開されることなどのご意見はご遠慮願い、温かい目で見守っていただければ思っております。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます!!

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村