2011年12月01日

「僕のFacebookはアナログだから」 と電話で言ってのける尊敬する先輩に、心の中の 「いいね!」 ボタンをポチッとな!

P1090259.jpg
昨日、僕の尊敬してやまない先輩から電話をいただきました。

この3年くらい、事あるごとに情報交換をさせていただいているのですが、お互いの厳しい状況も含めて本音で話せるので、話をしていていつもどこか気が楽になるので、ついつい毎回長電話に。

ここ最近の話は、お互いに暗いネタが多いのですが、昨日の電話もそういう意味ではあまり良くない情報でした。

まあ、そのネタはいいとして、話の中で僕がTwitterやFacebookをはじめ、ここ数日も懐かしい先輩や地元の後輩とネット上での再会を果たしたことを話したところ、「僕のFacebookはアナログだから」 と、サラッと電話で言ってのける先輩。

僕もFacebookをはじめ、ちょっとヤケを起こして (?) Twitterもはじめてしまいましたが、正直使いこなせているわけではなく、単純にブログの更新情報の発信程度でしか使ってはいませんし、好んで自発的に友達リクエストをするわけでもなく、ましてやお会いしたことのない人にまで友達リクエストをするというような度胸もなく、ある意味来るもの拒まず的な受け身で友達承認をしている感じですので、どちらかというとアナログ的な使い方になってしまっているわけで…  (「北の国から」の純くんのイメージでお読み下さい。)

先輩の発言に共感し、心の中の 「いいね!」 ボタンをポチッ! っと押しました。

まあ 「笑点」 的にいうと、思わず 「座布団10枚やっとくれ!!」 くらいな感じで捉えたといえばよいでしょうか。  ←古い? (笑)

先輩とは同じ世代でもありますが東北地方出身者ということからなのか、何となく考え方が近いので話が合うというか、価値観が似ているというのか言っている意味を理解しやすいというのか、話をしていてホント楽なのですよね〜

TwitterにしてもFacebookにしても使いこなしていらっしゃる方々を見ていると、僕にはそんな器用には振る舞えないですし、皆さん凄いな〜 と、ただただ思うわけで…  (また芸風が純くん?!)

先輩が言うアナログとは、メールとかインターネットツールよりも、まず電話。もしくは直接会ってしゃべることなわけですが、まあそれが本来の会話やコミュニケーションのとりかただよねと。それはITツールを使いながら僕の心の中でも常に思っていることでもありますが。

最近、仕事のご依頼や説明などもメールだけのやりとりで、直に合って打ち合わせも少なくなりましたし、電話ですら直接人と話をしなくなってしまい、文章 (文書) だけのやりとりになってしまいましたしね。何となく、どこか違和感を感じていたりするんですよね。

話すことと文章 (文書) にすることは違いますし、文章 (文書) にすると、やっぱリアルじゃないところもたくさんありますし、まあ、それぞれのツールを使用する頻度というか度合いというか、重きを置く部分での考え方ではあるとも思いますが。

どちらかというと、長いメールや文章 (文書) を打つよりも、電話でしゃべった方が話が速いジャン!! って思ってしまうのは、それは僕が昭和世代だから? ってことなのでしょうか。

いや…  同年代でも、もっと上の世代でも、バリバリ使いこなしているように見受けられる人はたくさんいらっしゃるわけだし、詰まるところ使う人の向き不向きっていうところなんでしょうね。きっと。

とはいえ交流が途絶えていた知り合いとの再会や、それだけではなく今まで会ったことがない人とまでつながりを持つことができること、自分を自発的に発信していく (売り込んでいく?) ことといった、世界が広がるという点やスピード感に関しては、やはりインターネットってのは凄いよな〜 とも思いますが、でもまあ使い方も善し悪しだよねと思うわけで。

まあ、こんなことグヤグチャ言ってるってことは、僕自身がフルデジタル化するまでには、まだまだ先が長そうな感じってところなんでしょうね〜
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村



タグ:Twitter Facebook
posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 【日記】

冬支度

P1090299.jpg
今日はどんより雨まじり… 天候不良のため予定していたロケが延期になってしまいました。

今年は11月に入っても例年よりも暖かい感じですが、このところ 「♪北の街では、もぉぉ〜」 (森進一さん調に) 降雪や積雪のニュースも入ってきていますね。

この季節、日常的に移動は車なカメラマンとしては、いつ何時どこへ写真を撮りに行くことになるかわからないので、毎年この時期になるとスタットレスに履き替えるのですが、昨日いつもお世話になっている車屋さんに車の定期点検と一緒にタイヤをスタットレスタイヤに替えてもらいました。

関東に住んでいると、積雪があるのも数えるくらい、ヘタすると積もらない年もあるので、何となくスタットレスタイヤを、ただ磨り減らすために使っている感じにもなってしまいますが、安全には代えられないですしね。

車を所有してもう約20年くらいになりますが、毎年故郷の秋田への帰省やライフワークにしている山形の出羽三山の撮影なども視野に入れて、スタットレスタイヤへの履き替えは欠かしたことはありませんが、今年は帰省する場所も無くなってしまったし、履き替えたスタットレスも3シーズン目ということもあり、若干のんびり構えてしまっていました。

まあ、本来今日予定されていた撮影も延期になってしまったことで日程や時間の調整、さらには撮影場所も要検討になってしまったため、まだどこに行くかは決まっていないのですが、話の流れからすると夜中に出発の出発し、ちょっと離れた山間での撮影という可能性もあるらしいので、まあそういう意味ではナイスタイミングで焦らず余裕を持ってタイヤを履き替えた感じになりました。 よかった。よかった。

昨年暮れに秋田に帰省する本来の名目は無くなってしまいましたが、でもお付き合いがある友だちや先輩後輩、知り合い関係もたくさんいるので会いにも行ってお酒でも酌み交わしたいですし、いつ雪の出羽三山が撮影したくなる衝動にかられて、突然山形に旅立つかもわからないですしね。

けっこう気まぐれな行動をする人なので、自分でも予想ができない行動をとってしまうことがあるのでわかりませんが…  でもまあ、ありえなくは無いっていうところですね。

そうそう、今日から 「東北地方の高速道路の無料措置」 も始まりましたから、なんとか秋田や山形方面へ行くチャンスをうかがおうかと本気で狙っていこうかな? と。

せっかくだから、東北方面で撮影する仕事とか無いかな〜
そしたら、もう無理矢理にでもスケジュール組んじゃうんだけどな〜

ああ… なんか、本気で行きたくなって来ちゃったな〜!

秋田 (にかほ・由利本荘地域や横手地域周辺は大歓迎!! ですが県内全域)、山形 (できれば庄内地方がいいですが、もう行けるならどこへででも!!) 方面のお仕事のご依頼は喜んで承りますので、お気軽にお声をかけていただければ! と。

いい写真撮りまっせ!!   ←言い方が怪しいって!?

よろしくお願いしま〜す。
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村



posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 14:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 【乗り物】

何だかんだで、もう12月… 12月と言えば、山下達郎さんのクリスマス・イブ。クリスマス・イブといえば…

IMG_0454.jpg
…って、タイトル長げ〜し、連想ゲームかよ! って感じで…   ごめんなさい。

ということで、11月はブログの更新があんまりできないまま過ぎてしまい12月、坊主も走る師走かなに突入!! してしまいました。

はぁ…  もう12月なんですね。

12月と言えば、子ども達は待ち遠しい、いやが上にも盛り上がってしまうイベントのクリスマスがやってきてしまうのですね…  (子の親としては、ある意味辛いイベントでもありますが。)

クリスマスと言えば…  山下達郎さんの曲 「クリスマス・イブ」 がヘビーローテーションで流れる月ということになります。

実は、僕の頭の中では10月頃から 「クリスマス・イブ」 が頭の片隅で流れてまして…
それはなぜなら、冒頭の写真のせい。

写真は、今月号のCAPA (2011年12月号) の P100〜101 【実写レポート】 『東芝UHS-Iカードで新幹線“すれ違いの瞬間”を高速連写』 で、高橋学氏の撮影に同行取材したときに、せっかくなので僕も新幹線の写真が撮りたい! と思って撮影したものです。

で、まあ僕は、トンネルに入っていく新幹線を 「クリスマス・エクスプレス」 by JR東海的なイメージ (古い?) で撮れないかな〜と思って、スローシャッターで狙ってみることに。

でも、新幹線がただ止まっても雰囲気が出ないので、新幹線の残像とテールランプの長い軌跡を何とか撮れないものかなと思い (「クリスマス・エクスプレス」 のCMの最後にテールランプの残像を残しながらスローモーションで走り去る新幹線的な感じ)、数カット撮影して見たのですが、最後の1カットが何とか新幹線が理想的な位置で写り、テールランプの残像も決まってくれたので個人的には超満足!!

細かいこと言うと、テールランプの軌跡の入り方が逆だとかいろいろあるのですが (だって、写真だと後幕シンクロ的な撮り方しないと無理だし)、でもまあ、まだ日没前の明るい環境で、トンネルに入っていく新幹線の最後尾の残像とテールランプを同時に写すのは、これが限界かな? くらいなところですが…  けっこう雰囲気が出てるでしょ!

以外に難しいのは、新幹線の車体がぶれていながら、でも車体だとわかる感じで写っているところだったりするのですが、見る人が見ると? ん?? いやもとい、写真を知っている人が見ると、どうやって撮影したのかとかいうカラクリはわかると思うので、ここではあえて撮影テクニックの解説はしませんが。  (あ、カラクリといっても、合成とかではなく一発モノの撮影ですよ、これは。RAW現像で現像調整はしていますが。ちなみにRAW現像ソフトはSILKYPIXです。)

もう、この撮影の時から僕の頭の中では 「クリスマス・イブ」 が流れているんですよ。

このときの取材が誌面に出てからブログの記事にしようと思っていたのですが、何だかんだとバタバタしちゃっていたので、やっと掲載することができました〜  ふぃ〜

でも、山下達郎さんの 「クリスマス・イブ」 は、この2ヶ月くらいの間、僕の頭の中で勝手に回っていただけで、これからクリスマスまではテレビやラジオ、街頭などで絶対に耳にするわけなので、これからが本番なのですね〜 きっと。

ってことは、僕の意識の中は約3ヶ月の間 「クリスマス・イブ」 が流れているってことか?!

なんか、おめでたいヤツ?! 的な感じですが…

…ってことで、皆さんも上の写真を見ながら 「♪ティ〜ン、ト、ティ〜ン…  JR東海…」 って、つぶやきながら見てみてくださいね!
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村



posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 【乗り物】