2011年09月03日

超々望遠で野球撮影!!

P1060042.jpg
一週間前のこと、新聞屋さんから8月26日〜8月28日の横話スタジアム 「横浜 VS 中日」 3連戦の内野自由席招待券を2枚いただいたので、8月27日に家族でナイターを観戦してきました〜

ホントは、26日に観戦しようと思っていたのですが…  16時前に球場に着くと、みるみる雲行きが怪しくなり、チケット販売も見合わせている状態。「中止かも?」 「豪雨が迫ってきているかも?」 な予感がしたので、26日は観戦はあきらめ、翌日の子ども達の分の前売りチケットを購入し、車に乗り込むと…  ドシャ〜! っと、雨が降り始めました。

う〜ん! 予感が的中!!
まあ、当然のことながら試合開始前に中止。
寸前での判断が功を奏し、雨にもあたることもなく、なんともラッキー!!!

P1060079.jpgで、翌27日の観戦になったわけですが、『第3回ハワイアン・フェスティバル』 というイベントで、試合開始前にハワイアンダンス (フラダンス?) のセレモニーもありました。


そういえば…  去年の8月、やはり 「横浜 VS 中日」 戦を観戦したのですが、去年観戦した試合もちょうど 『ハワイアン・フェスティバル』 のイベントが開催された試合だったことを思い出しましたのですが。 (昨年の記事、2010年08月13日 「野球観戦 〜横浜 VS 中日〜」 をご参照下さい。)

このところ、パナソニック GH2のマウントアダプターを購入してから、超望遠撮影にハマっているのですが、そのネタとして実は野球を撮影したいと思っていたので、さっそく望遠の装備を準備。

ずーっと、200ミリ F2.8なら400ミリ F2.8相当になるので、夢の “ヨンニッパ” (相当) で、スポーツ撮影が実現するジャン!! と思っていたのですが、考えてみると球場のカメラマン席のように近距離で撮影できるなら “ヨンニッパ” (相当) での撮影でも意味があるのですが、広い横浜スタジアムのような大きな球場の内野自由席からだと “ヨンニッパ” (相当) でも遠すぎる…

ならば! と、200ミリ F2.8に2倍のテレコン (キヤノンの場合、エクステンダー) を付ければ… 800ミリ F5.6相当と夢の明るい超望遠になるジャン!!  ってことで、200ミリ F2.8と×2エクステンダーを用意。

あと、他に用意したレンズは…  毎度おなじみの500ミリ F8レフレックスと×1.4エクステンダー。これで、1000ミリ F8相当と、1400ミリ F11相当で超々望遠撮影撮影が可能になるわけですが…  正直いってただでさえ暗いし…  しかもナイターだし…  ってことで、単純に画角比較程度で撮影することにしました。

P1060027.jpgで、今回ゲットした座席は、内野自由席の7段300番と自由席の前寄りのホームベース側端。内野自由席としては、そこそこ距離も近く、なかなかいい見晴らしのポジション。

早めに入場門に並び、開門してすぐに球場に入ると、子ども達ががんばって急いで獲得した座席で、通路の脇で座席の傾斜も適度にあるため、前や脇の人の頭などが邪魔にならないので、撮影するには都合がよい場所に座ることができました。

ありがとう、子ども達!!

ってことで…
P1060030.jpg
↑ その座席からの風景はこんな感じ。

P1060112.jpg
↑ 140ミリ (280ミリ相当) では…

P1060120.jpg
↑ 試合開始早々まずはピッチャーから、さっそく800ミリ F5.6相当で撮影開始!

P1060129.jpg
↑ 続いて1000ミリ F8相当で撮影。

P1060180.jpg
↑ そして、1400ミリ F11相当!!

1000ミリ相当ではISO3200、1400ミリ相当ではISO6400という超高感度撮影になってしまうので、とりあえず画質については無視していただき、単純に画角を比較してみてください。

次に、同じ場所からバッターも撮影してみました!!

P1060141.jpg
↑ ちなみに280ミリ相当では…

P1060221.jpg
↑ 800ミリ F5.6相当

P1060264.jpg
↑ 1000ミリ F8相当

P1060424.jpg
↑ 1400ミリ F11相当

結果的に超々望遠撮影では、当然のことながら遠く離れた選手を画面いっぱいにアップで撮影できるのですが…  スポーツなので速いシャッター速度を切らないと被写体ブレを起こしてしまうため、その分ISO感度を高感度にしなければならず、カメラの機種によってはノイズによる画質低下にもつながるので、ある程度明るい開放F値で撮影してトリミングした方がいいのかな? と。

まあ〜その…  マイクロフォーサーズで、400ミリ F2.8とかF4なんてレンズがあるといいのにな〜 なんて。でも…  やっぱ、むちゃくちゃ高価になってしまうのかな??

もし、明るい超望遠や超々望遠ができたら、使わせてもらえないかな〜 なんて虫のいいこと思ってみたりして。

やっぱりカメラマンとしては、トリミングという消極的な方法ではなく、超望遠、超々望遠でキッチリ画面いっぱいに迫力ある写真を積極的にキメていきたいですしね!!

ああ…  ズームレンズにしても単焦点レンズにしても、まあとにかく何にしても明るいレンズが欲しい〜! な〜!! と。
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村
posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 【超々望遠撮影】