2011年09月01日

不思議な色の雲の現象?!

DSCF0370.jpg

前の記事同様、これも8日ほど前の写真になるのですが、作例写真を撮りながら彷徨っていると、遠くに広がっている入道雲の下の方が、部分的に赤っぽい感じの不思議な色になっているのを発見!!

虹??

DSCF0359.jpg

それにしては、下の方横一直線に長〜く伸びているし…

光の屈折で雲の色が変わって見えるのか??

なんか不思議な色。

何だろう???

↑ 上の写真2点は、横浜から房総半島方面にある入道雲で、いちばん上の写真は2枚目アップで撮ってみたもの。

↓ 下の写真は、上の写真を撮影してから約2時間くらい後に羽田空港に移動して房総半島方面を見た写真です。

DSCF0407.jpg

羽田空港でこの写真を撮影して、程なく雨に降られました。

雨が降り出してきたので、車に乗り込み運転していると…
ホントの虹が出ているのが見えましたが、運転しているので残念ながら撮ることはできず…

でも、この不思議な色の雲の現象?って、なんか呼び方とかあるのかな??

知っている方がいらっしゃったら教えてくださ〜い!!

よろしくお願いしま〜す。
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村
posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 【空】

最近、更新が遅くなっていますが…

DSCF0228.jpg
このところブログの更新が遅れ気味になっています。
およそ、1週間から10日くらいでしょうか…

別にネタを寝かせているわけではないのですが、ちょっとバタバタしてまして…

まあ、記事にする写真はいろいろあるので、これから先ももうちょっとだけ遅出しのネタが続くと思われます。

ご勘弁を…

な〜んて、お詫びをしつつ掲載する写真はバッタなのですが、この写真も8日くらい前に作例写真を撮り歩いていたときに撮影した写真です。

ちょっとね、いい写真に撮れたな〜 なんて思ってはみたものの、すぐに記事のネタというか内容が思い浮かばなかったので、苦し紛れにお詫び記事をつくり使用してみたりして?!

JPEGの写真をSILKYPIX Developer Studio Pro5で、写真を調整して写真にクレジットも入れ現像しました。

まだ、ゆっくりとSILKYPIX Developer Studio Pro5を試す時間が無く、前のバージョンのPro4と併用で使用していますが、もうちょっとしたらPro5に完全移行したいな〜と。

なんか、脈絡がない話になってしまいましたが…
とりあえず、諸々のお詫びっていうことで!
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村
posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 【日記】

通巻300号おめでとうございます!!

DSCF0481.jpg
遅ればせながら 「デジキャパ!」 の通巻300号、おめでとうございます!

通巻300号とは、今から約25年ほど前にさかのぼるのですが…

現在の 「デジキャパ!」 の歴史は、そのおよそ25年前に8ミリビデオの専門誌 「V8 magazine (ブイエイト マガジン)」 が創刊されたことから始まります。

その後、8ミリビデオカメラなどのホームビデオカメラや撮影テクニックを主軸にした 「VIDEO CAPA (ビデオ キャパ)」 に誌名を変更 (パスポートサイズとかの頃ですね。懐かしい…) → その後、コンパクトデジタルカメラを主軸にした雑誌 「デジタルCAPA」 に誌名を変更 → そして 「デジキャパ!」 に誌名を変更して現在に至ります。

「デジタルCAPA」 時代からスタッフの間では “デジキャパ” と短縮形通称で呼んでたんですよね〜  それは姉妹誌に 「CAPA」 があるだけに、そのすみ分けと、名称の短縮系ということも兼ねてってことでもあったのですが。

およそ21〜22年前、僕は写真専門学校の学生でしたが、当時 「CAPA」 の編集長の講義を受講していたことと、編集部が学校の近所にあったことなどから、「CAPA」 「VIDEO CAPA」 編集部のアルバイト (通称:馬車馬) として、編集部に出入りさせていただいておりました。

あぁ…  僕も若かったよな〜

その後、3年間の朝日新聞社の出版写真部委託カメラマンとして中抜け ? 的な期間はあるものの、朝日の委託卒業後 「CAPA」 や 「VIDEO CAPA」 から、いろいろなお仕事で使っていただきながら、現在の僕があるわけです。

通巻300号の歴史ということでは、その途中からではあるのですが、けっこう初期の方からで、僕にとってお付き合いの長〜い雑誌の1つになります。

「VIDEO CAPA」 では、取材撮影や物撮り (製品撮影やトビライメージカット) などのお仕事だけではなく、ビデオカメラで誌面上で解説用するための映像を撮ったりもしていたこともありました。

「デジタルCAPA」 時代は、取材撮影や物撮りだけではなく、カメラのインプレッションや撮影テクニック解説の原稿執のお仕事をするようになり、さらに初めて写真だけではなく原稿執筆も自分1人する連載もいただいた媒体でもあります。連載は、その後約3年強もの間 「デジキャパ!」 にもわたり、4つの連載を間を開けることなく続けることができました。

そういう意味では僕にとって、ホントさまざまなお仕事へチャレンジする機会をいただいいた媒体でもあるので、通巻300号の記念は、とても感慨深く喜ばしいことなのです。

これまで 「VIDEO CAPA」 「デジタル CAPA」 「デジキャパ!」 と続けてお仕事させていただいてありますが、誌名だけではなく編集長や編集スタッフ、内外の関係スタッフも、その時代その時代で変わり、考えてみると常に誌面を制作するスタッフ側として、ずーっと続けて仕事しているのは… もうかなり数少ない人数になってしまいましたね〜

昔話が語れちゃったりしちゃったりするってことは…
僕も人間として古くなっちまったんですかね…  何となく、ちょっとだけ、生き字引的??

いつのまにか編集長も僕よりも若い世代になっちゃったし、スタッフも 「VIDEO CAPA」 だけではなく 「デジタルCAPA」 時代も知らない方が多くなっちゃったし…

でも、昔は昔、今は今。

僕はいつまでお仕事続けることができるのだろう?
やっぱりそのうち、卒業しなければいけないのだろうか??

まあ、先のことはわからないけど…
でもお仕事いただけるうちは、とにかくやれること、やるだけやらないとね!
お仕事がいただけるように、がんばらないとね!!

最後にあらためて、通巻300号、おめでとうございます!!!
これからも、どうぞ末永く、よろしくお願い申し上げます。

さあ、今月は 「CAPA」 の創刊30周年。
また今度昔話をしなきゃ?!  ←オイオイ…  と。
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村
posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 18:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 【日記】