2011年06月29日

顧客満足度は93%だと??? ムカッ!!

P1030646.jpg
先週の土曜日の夕方、仕事中にカミさんから電話がかかってきまして…
だいたい、仕事中に電話がかかってくるっていうのは、あまりいい知らせではないのですが…
車をぶつけられた → つまり “もらい事故” っていう内容。
カミさんは事故が初めてなので、とりあえず対処方法の相談でした。

まあ、話を聞くと、長男を車に同乗させショッピングモールが立ち並ぶ片側1車線で2車線の道を走行中、脇道から右折で出てきた車に側面を突っ込まれたと。

警察がくる前に、今後の対応についての相談電話だったのですが、我が家のお世話になっている車屋さんには電話済みということなので、あとは我が家のお世話になっている保険屋さんに連絡するようにということで、その時は終わりました。

仕事を終え自宅に帰り事故の詳細を聞くと、ショッピングモールが立ち並ぶ片側1車線で2車線の道で、路肩側には某ショッピングセンターの駐車場渋滞があり、さらに反対車線からもそこそこ車がくる状態。

まあ、つまり土日なので、ふだんよりも交通量も人出も多く、いわゆる日曜ドライバーが多い状態ですね。

そんな道が混みあった状態だし、ふだんから運転をしているカミさんは、こんな日曜ドライバーや人出も多い状況で何が起こるか怖いということもあり、若干車の前も詰まっていることもあり、ノロノロ徐行をしながら直進していたところ、左脇の道 (信号のないT字路) から車が頭を出してきたのが視界の片隅に見え、瞬間的にクラクションを鳴らして注意喚起うながしたものの、対向車線からも車がくるかもしれないため、対向車線に膨らまずにブレーキを踏み減速! そして相手は、我が家の車が減速し停止する寸前に、我が家の車の脇 (ドテッ腹) にズドン!

「車が浮かんだかと思ったよ!!」  ←長男談

まあ、こっちは優先道路を走り、クラクションも鳴らし注意喚起し、徐行 → 減速 → 咄嗟の判断で停車行動までしているにもかかわらず、相手は右折をかまして突っ込んでくるってことは、どう見ても相手のオヤジは右折なのに左側しか見ず、右側の確認をしないまま出てきたことになるの訳です。  ←オイオイ!!

「右見て、左見て、また右を見る」 は、小学生レベルの確認作業だろう!!
日本の車の通行は左側なんだから!!

自爆テロか??  それとも当たり屋か??

まあ、うちとしては、“10:0” で押す勢いの事故なのですが、どうやら困ったことが1つ…
それは、相手の保険。

最近、TVのCMでも 安い! という 「通販型自動車保険」 を、よく見かけますが、どうやらそんな保険で 「顧客満足度は93%!」 と売り込んでいる保険屋らしい。  (ちなみに我が家の保険屋さんは某大手で、保険内容のグレードは高めに設定されている保険にいつも加入していますが)

そもそも、どこの安売り保険屋もウリとしては 「車のあまり乗らない」「ゴールド免許」 だから安いということに、いつもほとんど車を運転する僕個人的にも疑問を抱いていたのですが…

でもさ〜 だってさ〜 車に乗らないから事故に遭遇する確率が低く、車に乗らないから違反で検挙される確率も低いから = ゴールド免許を所持しやすいだけであって、でも反面ふだんから車を運転していないからこそ運転が下手クソなんだから、いつも運転している人よりも運転する数は少ないにしても、自ら事故を引き起こしてしまう確率は反比例するのでは? と常々考えられるわけで、そんなことも加味されて考えられてはいない商品だよな〜 と。

まあそんな個人的な意見もあって、正直いって安さをウリにする保険屋なんて、あまり信用できねーな〜なんて思ってはいたのですが、いろいろその担当者や保険加入者の話を聞くと、相手のオヤジは諸々のオプションにも入っていないらしく保険金にもいろいろと上限があるらしい… のです。

まあ、保険で出ないところは相手のオヤジから出してもえればいいのですが、どうやら相手のオヤジは保険屋に丸投げらしい。

保険屋さんに丸投げでも、こっちは出すモンさえしっかり出してくれれば文句ははのですが、それよりもまず、相手の保険屋の対応が変に強気? というか、事務的? というか、手抜き? というのか、インチキ臭い? らしい。

そのア○サダイレクトの担当者からカミさんの携帯電話に電話がかかってきたらしいのですが、その時は電話に出ることができず、留守電に吹き込まれていた用件は 「アク○ダイレクトの担当、○○と申します。ことらは “9:1” で対応したいと考えております。また電話いたしますが、この番号をそちらの保険屋さんや車屋さんにお知らせしておいてください」 といった内容だったのだとか。

オイオイ! その、関係各所に伝えるってのは、それってお前らの仕事じゃね〜のか??
…っていうか、こっちは被害者だし!!  どういうこと??
丸投げされた保険屋も、被害者に丸投げ的な対応なのか??? と、思っていると、その後の電話のやりとりでは、どうやらマニュアル通りの対応らしく、とにかく “9:1” を主張してきのだとか。

で、この時点で、その安売り保険屋の担当者は、事故の経緯など状況確認をカミさんに尋ねないまま 「これまでの凡例で “9:1”」 を主張しいるらしく、「凡例」 っていっても事故の経緯など状況確認を聞かれないまま、そのような対応をされたことに疑問を抱いたカミさんが、その “9:1” の “1” にあたるこっちの非はどこにあるのか?、そしてさらにこっちが “10:0” で押すと、それまでのしゃべり口調と変わってきたそうで 「私は以前 “9:1” のモノを “8:2” や “7:3” にしたこともある」 と、訳の分からない自慢話? なのか、脅し? なのか言いはじまたのだとか…   はぁ…  やれやれ… 

あのね〜
そっちは加害者の保険屋で、こっちは事故に巻き込まれた被害者なんですけどね…
っていうか、ちゃんと事情説明や状況を確認してから仕事を進めなさいよ。 まったく。

その担当者が社員? なのか、委託? なのかはわかりませんが、やっぱり安い保険料をウリにする保険屋の対応は、客向きには 「顧客満足度は93%」 なのかもしれませんが、事故の被害者への対応は最低〜!!! ということがわかりました。

ネット通販にして、社屋や事務所経費をおさえて、人件費おさえて、なんてことやってるから、どんな人を使っているかもわからないですしね〜

まあ最近、保険屋さんに限らず、いろいろな会社で経験の少ない素人な人たちが大勢いますが、しっかり自分の仕事の内容とか、立場とかを把握して、人への気配りができるプロの会社員を育ててほしいものですね〜  世の中、政治も含めて自分のことしか考えないヤツらが多いですから。

でも、まあ、そもそも、加害者のオヤジが一番セコイんだろうけど。
下手クソなんだから、しっかりとちゃんとした保険に入っておけよ〜!
ちゃんと、オプションにも加入しておけよ〜!!

ハッキリ言って、事故はどこで起こるかわからないし、自分が事故を引き起こす可能性だってあるんだから…

だから我が家では、過去の諸々の経験から、どんな時に何がおこるかわからないということで保険だけは保険料は高くても、しっかりした保障内容のものに加入しているんだから!!!

今回は、加害者のオヤジのある意味 “自爆テロ” 的な事故に巻き込まれたので、まあ我が家としては “10:0” で、一切折れるつもりはありませんから!!

まあ、我が家の保険屋さん (代理店さん) は、過去何回も地域ナンバー1を獲得しているところだし、保険屋さんも車屋さんも、どちらも長いお付き合いのあるところなので、鉄壁な布陣で今回の事故に対処したいと思っております。

※最後に、記事の文中の一部に乱暴な言動、不穏当な発言がありましたことをお詫び申し上げます。

ちなみに今日の写真はカミさんの撮影で!
いつも何かあったら何でも証拠になるものは写真を撮っておけ! と言ってあるので。
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村
posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 17:26| Comment(7) | TrackBack(0) | 【日記】