2011年03月18日

撮影! 10倍速?!

IMG_6190.jpg
昨日は、某ムックの〆切がいっぱいいっぱいということを受けての緊急招集がかかり、撮影に行って来ました。

当初、数日前に撮影する予定だったのですが、震災の影響でその話が飛んでしまったのですが、やはり材料が足りないということ。

とりあえず、ガソリンは震災が起きた日に入れておいたので動くことはできたのですが、精神的にはプロジェクトX的な挑戦者たちな心境で、中島みゆきさんの 「地上の星」 が頭の中をグルグル…

でも、僕なんかよりも、被災地で救援活動する自衛隊や警察、消防の皆さん、原発関連の現場で活動する皆さんの気持ちの方が、そのような想いがあてはまるのかもしれませんが。

時間のないところに、季節的にも時節的にも被写体が少なく、冷たい風の中での厳しい撮影環境。

さらに追い打ちをかけたのは夕方の室内撮影で、都内の大規模停電になるかもしれないというアナウンスがあり、皆さんが一斉に帰宅し、いつ停電するかわからない中での撮影が強いられ、とにかく終わらせないといけないということもあり、昨日の撮影はいつもの10倍速くらいの猛スピードを叩き出した気がしています。

別に “音速の貴公子” と呼ばれたいわけではありませんが。

結果的に大規模停電には至りませんでしたが、いつ停電するかわからないという不明確な情報で情報が錯綜する中での活動は神経がやられそうな感じですが…

で、まあそれで、そこで撮影が終わりならよかったのですが、その後まあいろいろあり東京の街を彷徨っての撮影もあり、最終的には編集者をターミナル駅まで送り、昨日の撮影は終わったのでした。

被災地の方々も避難所での生活や救援物資が届かなかったりと厳しい生活が強いられていらっしゃいます。ホントは、被災地のために何かできないのか? 個人的な気持ちとしても救援や救助活動なども直接的な活動もしたいところですが、立場的に困難で間接的な支援活動しかできない状況でもあります。

また日本の経済もどうなってしまうのか? 不安な状況も続いています。

直接被災されていない会社の会社員の方は、経済的な活動が鈍っても会社があることで収入的な部分は、まだ救われているかもしれませんが、僕のような受け身的な要素が大きい、社会構造のピラミットの底辺に位置する弱小個人事業主は、経済活動をがないと完全に収入が無くなってしまうので直接的な打撃を受けるのは避けられないですし、ただでさえ貯えもないので生活することができなくなってしまうのは必至です。

バブル以降、冷え切った経済に追い打ちをかけるようにリーマンショック。

ただでさえ生活が困難になってしまっているのに、今回の震災は直接被害を受けていない立場ではありますが、被災していなくてもハッキリ言ってヤバイ状況です。

とにかく何とかしないと、なんとか経済活動を行わないと。
被災地だけではなく国も吹っ飛ぶかもしれません。

まあ、国や原発が吹っ飛ぶ前に、僕が吹っ飛ぶのかもしれませんが。

被災地の復興は、日本全体の復興でもあると思いますので、直接被災していない立場としては、とにかく経済的な活動を頑張って支援したいと思う今日この頃です。

立場的なことや、いろいろな思いなどが交錯してしまい支離滅裂ですが、とにかく頑張って乗り切らないと!

今できることを。

がんばります!!
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村
posted by 西村春彦@猫 ☆ ニャン太郎 at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 【日記】